元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

就活塾の塾長、中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/


今日も、エントリーシートの書き方のコツについて。


前回は「、定量的に具体的に書く」ということを伝えました。


今日も具体的な書き方について、アドバイスします。


昨日と同じく、たとえば、

大学時代に一番頑張ったことは何ですか?(300字)

という設問があったとします。


その答えとして、

仲間とフットサル・サークルを立ち上げ、部長としてリーダーシップを発揮し・・・

大学公認のテニスサークルで、渉外部長を務め、・・・

イベントサークルの実行委員として、クリスマスパーティでは500人の集客に成功・・・

というような内容をよく目にします。


おそらく書いた本人にとっては、嘘偽りのないものでしょうし、

全力で取り組まれたのでしょう。

その点は理解できます。


しかし、これが書類選考を通過するものなのかというと、

厳しい部分があります。


それはなぜか?

「サークル+役職」が売りになる(就活生)

サークルで役職に就いた事実自体は売りにならない(採用人事)

というギャップがあるからです。


厳しい言い方ですが、

上下関係が厳しく戦績を問われる体育会と

仲間内だけの緩い、楽しい、サークルでとは見方が全然違います。


(もちろん、緩い体育会の部や厳しいサークルなどもあり、一概には言えないのは認識しています。ここでは一般的な見方として書かせていただきます。)


サークル活動自体、その役職就任自体は

一生懸命やっていたとしても

自分が思っているほど評価されない、と思っておいてください。




さて就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。

初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

就活塾の塾長、中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/


今日も、エントリーシートの書き方のコツについて。


前回は「独りよがりはダメ」ということを伝えました。


今日も具体的な書き方について、アドバイスします。


よく「大変」とか「とても」という修飾語を使う就活生がいますが、これをもっとわかりやすく、相手に伝わるようにしましょう。


昨日と同じく、たとえば、

大学時代に一番頑張ったことは何ですか?(300字)

という設問があったとします。


その答えとして、次のようなことを書いたとします。

私は入学以来3年間、学園祭の実行委員を頑張りました。

特に3年時は現場リーダーとなり、1年生、2年生の後輩に教えながら学園祭の前は準備が大変でしたが、無事学園祭を成功させました。

・・・

ここで「準備が大変」という言葉を用いています。

読み手側は、大変とあるが、何がどう大変なのかがわからないのです。


改善すると、ここを数字等を用いてより具体的に書きます。

開催前1週間前は大学近くの友人の下宿宅に寝袋を持ち込んで、朝7時から毎晩午前2時まで準備に尽力しました。

1週間、7時~2時といった具体的な数字を用いることで、より明確さが出ています。

また友人の下宿に転がり込む、という部分がよりこの大変さを強調できています。


このように、定量的に具体的に書くと、わかりやすく訴求力が高くなります。


抽象的な表現を洗い出して、数字を用いてもっと具体的に書けないか、という観点で書いてみてください。



さて就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。

初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

就活塾の塾長、中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/


今日も、エントリーシートの書き方のコツについて。


前回は「選択の大切さ」を伝えました。


今日も具体的な書き方について、アドバイスします。


昨日と同じく、たとえば、

大学時代に一番頑張ったことは何ですか?(300字)

という設問があったとします。


実際に4年の夏以降に「就活を頑張りました!」という就活生に出会いました。


私「ほう、就活ですか?どれくらい頑張ったの?

何百社回ったとか。」

就活生「20~30社は回りました。」

私(心の中で)「それって普通じゃん。」

私「内定は複数持ってるのかな?」

就活生「いえ、まだゼロです。」

私(心の中で)「・・・」


ご自身の中では頑張ったのでしょうが、

回ったボリュームも少ないし内定もない。


採用人事はいわずもがな、

これを読んでいらっしゃる方も響かないと思います。


しかし、これをズレていると認識していない就活生は、

五万といます。


「頑張ったこと」の内容は、その経験や身につけたことが、

その会社に入って継続的に役立つものなのかを

見ています。


自分の気持ちに実直に書いたつもりでも

独りよがりで上記視点が欠けていると、

選考は通らないのです。


この視点は、非常に重要です。

ぜひ念頭に入れておいてください。



さて就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。

初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ