元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/


今日は久々の更新です。

これからは真面目にコツコツ更新して行こうと思います。


さて、今日はエントリーシートの自己PRについて。


自分本位で書いても、それは採用担当にとっては、自己PRとしてとらえないケースが多々あります。


事業会社の人事部長の経験から、具体的な事例を用いて人事の目線で解説していきます。



自己PRについて、「リーダーシップ」をPRする学生が多いので、まずこれを取り上げます。


自己PR例

 

自らスポーツ(草野球、フットサル等)サークルを立ち上げて、組織を運営してきたリーダシップ



<人事の目線>

毎年、多いパターンの話で、食傷気味である。

所詮、サークルレベルの話であるからまず心に響かない。

特に勝敗にこだわった云々を言われると興ざめでしてしまう。

勝敗にこだわるような、本気でスポーツ競技に取り組むのであれば、体育会でやるべきである。

それなので、体育会学生と比較すると、明らかに評価は落ちるし、これだけではリーダシップがあるとは感じ取れない。




あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で

就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、

もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方は

ご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、

このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、

就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

就活塾の塾長、中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/


今日も、エントリーシートの書き方のコツについて。


前回の続きです。


書類選考を通過するエントリーシート作成のコツについて、

凄い実績・成果がなくても、たった2つの要素を入れればいいと

述べました。


これは、

①定量的

②具体性

の2つです。



で、今回は②具体性について。

これはできるだけ具体例を意識して書こうということです。


たとえば今回も飲食店のアルバイトを事例にしましょう。


・意識の変化

「やらされ感たっぷりのアルバイトから責任感を持って臨むアルバイトへの変貌」

お小遣いを稼げればいいと思って始めたアルバイトでしたが、

仕事に慣れずに嫌々やっていました。

やっていくうちにだんだん仕事が面白くなり、いかにお客様に喜んで

もらえるかを意識して取り組むようになりました。


・凡事徹底

私のアルバイト先店舗では、掃除や整理整頓など、

5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)運動を徹底して

いましたので、最初は億劫だった私もこれに慣れ、

今では私の日常でも習慣化されています。


・店舗の雰囲気作りに参加

2年目の秋に自ら店舗会議にて、スマイルキャンペーン企画を提案。

店長の承認を得て実行することに。

なかなか主旨を理解しようとしないスタッフや

理解していてもやらない、やれないスタッフに対し、

粘り強く働きかけた結果、

「店の雰囲気がよくなったね。」と常連様から

褒められる成果を得ました。


・後輩指導

このアルバイトを始めて3年目になりますので、

後輩指導も私の重要な役割です。

後輩には親切丁寧でありながらも言うことはきちんと言うという

スタンスで育成しています。



アルバイトリーダーといった役職就任や

社長賞の受賞など、輝かしい成果がなくてもいいのです。


自分が与えられた環境の中で、どう努力してきたかを

自分の言葉で具体的に語ってください。



なお、就活マニュアル本の影響からか、締めの文書で、

「これらの経験から貴社の販売職に貢献できる接客技術を身につけました。」

とまとめる人がいらっしゃいますが、

私個人的にはあまり賛同できません。


ちょっと踏み込み過ぎのような気がします。


まだそこの会社の販売職の経験もないわけですし、

「そんなにうちの販売って甘くないよ。」と

プロに対して失礼な言動ととられる可能性があるからです。


参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で

就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、

もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方は

ご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、

このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、

就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

就活塾の塾長、中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/


今日も、エントリーシートの書き方のコツについて。


前回の続きです。


書類選考を通過するエントリーシート作成のコツについて、

凄い実績・成果がなくても、たった2つの要素を入れればいいと

述べました。


これは、

①定量的

②具体性

の2つです。



で、今回は①定量的について。

これはできるだけ数字を意識して書こうということです。


たとえば飲食店のアルバイトを事例にしましょう。

・その期間

大学入学時から今までの約3年継続してきたのか、

2カ月前に始めたばかりのか、

で受け取り手の印象が違います。


・シフト

週6日入っているのか、

週1回程度なのか、

で受け取り手の印象が違います。


・仲間の人数や店の大きさなど

店長と自分2名の小さな店なのか、

20名を超えるスタッフがいる店なのか、

来客数はどれくらいいるのか、

これらを数字で表すと、受け取り手はしっかりとしたイメージがわくのです。



そしてそこで自分が取り組んだことで

成果が出ていれば、その数字も表します。

・商品企画会議にて新メニューを5つ提案、

その内1つが採用されて約30種類あるメニューの中で

売上げベスト3に入るメニューに。


・常に笑顔で接客することを自ら課し、

チェーン30店舗、約300人のスタッフの中から、

昨年ベストスマイル賞を受賞。


このように具体的な数字を適宜盛り込んでいきましょう。


皆さんがよく使う「凄く」、「とても」、「大変」という言葉を

数値化できないか、ぜひ検討してみてください。






さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で

就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、

もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方は

ご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、

このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、

就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ