就活塾の塾長、中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/


今日も、エントリーシートの書き方のコツについて。


前回は「選択の大切さ」を伝えました。


今日も具体的な書き方について、アドバイスします。


昨日と同じく、たとえば、

大学時代に一番頑張ったことは何ですか?(300字)

という設問があったとします。


実際に4年の夏以降に「就活を頑張りました!」という就活生に出会いました。


私「ほう、就活ですか?どれくらい頑張ったの?

何百社回ったとか。」

就活生「20~30社は回りました。」

私(心の中で)「それって普通じゃん。」

私「内定は複数持ってるのかな?」

就活生「いえ、まだゼロです。」

私(心の中で)「・・・」


ご自身の中では頑張ったのでしょうが、

回ったボリュームも少ないし内定もない。


採用人事はいわずもがな、

これを読んでいらっしゃる方も響かないと思います。


しかし、これをズレていると認識していない就活生は、

五万といます。


「頑張ったこと」の内容は、その経験や身につけたことが、

その会社に入って継続的に役立つものなのかを

見ています。


自分の気持ちに実直に書いたつもりでも

独りよがりで上記視点が欠けていると、

選考は通らないのです。


この視点は、非常に重要です。

ぜひ念頭に入れておいてください。



さて就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。

初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687