就活塾の塾長、中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/


今日も、エントリーシートの書き方のコツについて。


前回は「、定量的に具体的に書く」ということを伝えました。


今日も具体的な書き方について、アドバイスします。


昨日と同じく、たとえば、

大学時代に一番頑張ったことは何ですか?(300字)

という設問があったとします。


その答えとして、

仲間とフットサル・サークルを立ち上げ、部長としてリーダーシップを発揮し・・・

大学公認のテニスサークルで、渉外部長を務め、・・・

イベントサークルの実行委員として、クリスマスパーティでは500人の集客に成功・・・

というような内容をよく目にします。


おそらく書いた本人にとっては、嘘偽りのないものでしょうし、

全力で取り組まれたのでしょう。

その点は理解できます。


しかし、これが書類選考を通過するものなのかというと、

厳しい部分があります。


それはなぜか?

「サークル+役職」が売りになる(就活生)

サークルで役職に就いた事実自体は売りにならない(採用人事)

というギャップがあるからです。


厳しい言い方ですが、

上下関係が厳しく戦績を問われる体育会と

仲間内だけの緩い、楽しい、サークルでとは見方が全然違います。


(もちろん、緩い体育会の部や厳しいサークルなどもあり、一概には言えないのは認識しています。ここでは一般的な見方として書かせていただきます。)


サークル活動自体、その役職就任自体は

一生懸命やっていたとしても

自分が思っているほど評価されない、と思っておいてください。




さて就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。

初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687