複数の大学で就職指導を行い、現在も大学に所属するキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




久々の更新になります。


さて、今日は内定がない場合の今後の対応について。



今、内定がない場合、最悪の状況を想定して、先手先手を打っておかないといけません。


目の前にある、一つ一つの選考に集中するのは当然のこととして、応募できるところに積極的にエントリーするようにしてください。


できるだけ自分のこだわりは捨てて、多少のことは目をつぶるしかありません。


それよりも、コマを減らすことが現時点での最大のリスクです。




それと客観的な視点からの、敗因分析が必要です。


これをやらないままにやみくもに受験しても、同じような残念な結果が出てしまう危険性が高い。


客観的に見てもらうには、やはり専門家の力が必要です。


私自身、今も大学のキャリアセンターでキャリアカウンセリングを行っていることから、大学のキャリアセンター活用を推進しています。

まだ使ったことがない、という就活生は、ぜひ自分の大学のキャリアセンターに行って、この敗因分析について相談してみてください。



今ならまだ対策の打ちようがあります。


就活疲れも出る時期ですが、自身の行きたい企業から内定が出るまで諦めないで就活を続けてください。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687