複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/



久々の更新になります。1か月以上も更新が滞ってしまいました。

読者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。



原稿の執筆が無事終わり、あとは書店に並ぶのを待つのみ、です。


今回は渾身の一作ですので、内定がない4年生、これから就活に臨む3年生には

ぜひ手に取ってほしい、と思っています。




さて、今日はこの就活本について。

先日、さいたま市大宮区のジュンク堂書店に行ったら、就活コーナーは新刊で溢れていました。


一方の転職コーナーでは、新刊と呼べるものはごく少数。



就活と転職の両方の商業出版を果たした私から言えること。


就活本は

キャリアカウンセラーでなくても、

採用人事の経験がなくても、

大学のキャリアセンターで就活指導の経験がなくても、

誰でも書けるくらい敷居が低いのです。


あの池上彰さんも、営業コンサルタントも、経営コンサルタントも、元求人広告の営業マンも、私の就活自慢な人も、

つまり就活支援を業としていなくても出版できたりします。

(あえてここでは彼らをキャリア支援の素人と呼ばせていただきます。)


だから、就活コーナーは新刊で溢れるのです。




一方で転職本は、こういった素人では絶対に書けないですよね。

そもそも転職に関する深い造詣やスキルがない人が書いていないと、誰も手に取らないでしょう。



職歴のない、潜在能力で勝負する就活生相手だから、素人でも書いてOKなのです。

素人でも売れれば勝ちですから。




でも読み手はそうではないですよね。

内定をとるのに必死なはず。


仲間のキャリアカウンセラー達とよく話をしますが、就活本は

あまりにもヒドイ内容のものが多過ぎる、というのが共通認識。



かくいう私の今回の本も、出版社の意向が凄く強かったのですが、

何とか自分なりに納得できる範囲に収まった、と思っています。



素人には負けたくない、というのが、私の偽らざる本音。


さてさて、負け犬の遠吠えとなるか?


読者の皆さんには、ぜひ温かく見守ってください。





以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687