元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

エントリーシート

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日はエントリーシートの鉄板質問以外について。


最近多いのが、テーマに書いたような、

「あなたを表すキーワードを5つ書いてください。」

「あなたらしいフレーズを3つ書いてください。その説明も書いてください。」

的な、短い言葉を複数で、自身を表現するというもの。


この効果的な回答方法について、考えていきましょう。


まず複数の場合は、同じようなことの繰り返すケースが結構多いのです。


たとえば、5つ選択しろとあった場合、

忍耐 根性 粘り 辛抱 我慢

みたいな、類似ワード5つを選ぶのは、間違いではないでしょうが、これではもったいないです。


5つのうち、3つ程度を「自己PR」や「ガクチカ」とリンクさせつつ、残り2つ位を違うワードにする、といったやり方が戦略的と思います。


とテクニカルな話に入る前に、そもそも皆さん、「ワード」とか「フレーズ」と言われて、きちんと定義できますでしょうか?


こういった際には必ず辞書を引く、過去問を調べるなどして、どういった内容を書けばいいのか? 事前におさえておきましょう。


辞書を引くと、このエントリーシートでの「ワード」というのは「単語」というのがしっくりきます。

それで「単語」を調べると、

文法上、意味・職能をもった最小の言語単位。

例えば「鳥が鳴く」という文は、「鳥」「が」「鳴く」の三つの単語からなる。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/139857/m0u/

(goo辞書より引用)

ということのようです。


たとえば、無理やりですが、「鳥が鳴くような明朗活発さ」を自分らしい「ワード」だと創作しても、これは「ワード=単語」ではない、ということになります。



次にフレーズ。

辞書を引くと、「句。成句。」と出てきます。


それで成句には、


1 慣用句のこと。「顔が広い」「足を洗う」など。
2 古くから広く世間で習慣的に用いられるひとまとまりの言葉。「猿も木から落ちる」「時は金(かね)なり」などのことわざや格言の類。成語。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/121333/m0u/

(goo辞書より引用)

という意味があるようです。


先ほどのワードよりは、長くていいということになります。



例えばワードとフレーズのの違いを、企業側が使い分けているかどうか、その定義をしっかりと理解しているか、は別問題として、こちら側は出題に沿った的確な回答をすべきです。


*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************

少し長くなってきましたので、また次回に説明させてください。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS 今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

今日はエントリーシートの中にある、志望動機系の話です。


タイトルに書きましたが、みなさん、志望のきっかけ、志望動機、志望理由の3つの違いってわかりますか?



私は、エントリーシートの設問を最低3回は読みなさい、と指導しています。

というのも、設問とずれた回答をする就活生があまりにも多いからです。


本件もそう。

この3つを同じに扱うと、回答がずれる場合がありますので、要注意です。


それでは一つずつ説明していきましょう。


「志望のきっかけ」

これは就活の初期段階で問われることが多いです。


まだ本気で志望するまでに至っていないだろう、という企業側の判断から、「きっかけ」という言葉を用いています。

辞書を引くと、

物事を始める手がかり。糸口。また、原因や動機。「事態打開の―をつかむ」「ふとした―で知り合う」

とあります。


「志望のきっかけ」は、記入スペースが小さい場合が多く、軽いタッチで書いていい場合が多いと言えます。


たとえば、

大学での勉強を活かせると考えたため。

志望業界は◎◎業界であり、その中でも貴社はトップシェアを誇っているため。

貴社に勤務しているゼミのOBから、いろいろ話を聞くことができて魅力を感じたため。

みたいな感じです。


ただし、企業もこの3つの違いを明確に分けておらずに、企業によってはこの欄をしっかりと確保していて、「志望理由」と同じ扱いをしているところがあります。


なので、就活の時期と記入エリアなどから、単なる「きっかけ」でいいのか、それとも「志望理由」を書かなければならないのか、を判断ください。


*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************


次に「志望動機」です。

これは単なる「きっかけ」レベルでいいのか、本来の「志望する理由」を書くのか、見極めが必要な設問です。


実際、「志望理由を書いてください。※志望の動機ではありません。」と明確に分けて出題している企業のエントリーシートを見たことがあります。

自己PR、ガクチカ(ガクウチ)、志望動機と鉄板3つが並んでいれば、志望動機=志望理由、と認識していいでしょう。

多くの場合は、志望動機=志望理由だと思います。


最後に「志望理由」。

これはまさしく、その企業に対してのラブレターを書く、ということになります。

仮に本心とは違っていても、貴社だけ、貴社第一志望、という想いを込めて書くべきです。



以前、志望理由の書き方について、説明したことがありますが、ここでおさらいです。

・数ある中でなぜその業界なのか?

・数ある中でなぜその企業なのか?

・その企業でその職種を選んだ理由は?

・そこで君はいったい何がやりたいのか?

というポイントを念頭に置いて、実体験を元に書くことが大事です。


より具体的に、抽象的なものは×

その企業向けのオリジナルなものを作成、どこの企業にでも流用できるものは×

と考えてください。


(後日また志望理由については、詳しく説明しますね。)

以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS 今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、 中谷(なかや)です。


さて、今日もエントリーシートについて。

先日、相談者からあった質問です。
 「エントリーシートの複数の設問には、同じことを書いて一本筋を通して押す方がいいと聞いたのですが、どうですか?」

説明すると、たとえば「自己PR」と「ガクチカ」といった設問に、自分が一番自信のあるエピソードを重複して書く、ということのようです。


 「自己PR」

私の強みは、体育会ラグビー部で培った忍耐力です。

 (以下、ラグビー部での大変さをアピールするエピソード)

この強みを社会人になっても生かしていきたいです。



 「ガクチカ」

私が学生時代に力を入れたことは、体育会ラグビー部の部活動です。

 (以下、ラグビー部の概要やその中での役割、取り組んだことエピソード)



私はこのやり方を勧めていません。

同じことの重複でクドいし、正直それしかないのか、と思ってしまうからです。


このパターンで押す学生は、たいてい

 趣味:ラグビー

 特技:ラグビー

資格:ラグビー審判員資格4級    ※このような資格があるかはわかりません。

 みたいなものにしてしまい、ラグビー連呼のエントリーシートになってしまいます。
 

もちろん、一つのことを極めるために、全力で励んでいる、というのは、素晴らしいことです。


しかし、一途に熱中したこと以外にも、きっと魅力やパーソナリティを語ることはできるはずです。

 この例でいうと「ガクチカ」はラグビーの部活でいいと思いますが、「自己PR」は自己申告の世界ですので、他のエピソードを持ってくるのが有効だと考えます。

この学生の場合、ラグビー以外の側面を伝えることができるわけですから。 そのエピソードは、ゼミでも勉強でも、交友・家族関係でもいいと思います。

地味でもあなたの魅力やパーソナリティを伝えられればいいのです。


エントリーシートは複数の設問がありますから、全体を意識しトータルで考えてみてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。

PS 今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。 しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。 タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。



 さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。 (私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。

就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。



2015年度は、龍谷大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。


就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

今日の内容は一昨日、昨日の続きになりますので、今日初めてここに来た方は、この前の2つのブログを先にお読みください。



今までのおさらいです。

エントリーシートにおける、よくあるガクチカの事例。


(学生時代に力を入れたことは)飲食店での接客アルバイトです。



始めた当初は、ミスが多かったため、何度も辞めようと思いました。



でも仕事を早く覚えなければと、一生懸命頑張りました。



例えば、メニューなど覚えなければならないことをノートにまとめて、休みの日などに復習しました。



接客スキルが上達し、3年の夏からはアルバイトリーダーを任され、店の売り上げも10%上がりました。



この経験から、地道に努力すれば、成果につながることを学ぶことができました。



のいったい何がNGなのか? という問題提起をしました。



それで前半部分の回答を示しました。


今日は後半部分。

休日にノートを復習したので、「接客スキルが上達し、3年の夏からはアルバイトリーダーを任され、店の売り上げも10%上がりました。」は一見、つながっているように感じます。

しかし、接客スキルって、ノートを読み返すことで向上するでしょうか?


ノートでしっかりと知識を仕入れたので、積極的にお客様の前に出るように努めた結果、徐々に接客に自信が持てるようになり・・・・

的な表現ならば、納得して読めると思います。



一番の問題は、「店の売り上げも10%上がりました。」という箇所。

個人の接客スキルUPが直接、10%の売り上げUPにつながるという因果関係は、たとえ真実だとしても証明しにくい、証明できないでしょう。


エントリーシートの書き方講座やセミナーで、「成果を書け!」と教わるために、個人でやったことと組織(店舗やチーム)で達成したことを、このようにゴッチャにして書いてしまうのですね。


では、どうすればいいか?

アルバイトリーダーを任された時の、自身の取り組みや創意工夫を具体的に書いて、「それが10%売上UPにも貢献できた、と自負しています。」というように、自己申告の中に収めておくこと。

こうすれば納得性を得られると思います。


*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************


最後の〆の文書、

「この経験から、地道に努力すれば、成果につながることを学ぶことができました。」というのは、例え凡庸であっても、入れると締まりますので、まとめの文書は必ず入れておきましょう。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS 今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

今日の内容は昨日の続きになりますので、今日初めてここに来た方は、昨日のブログを先にお読みください。



エントリーシートにおける、よくあるガクチカの事例。


(学生時代に力を入れたことは)飲食店での接客アルバイトです。



始めた当初は、ミスが多かったため、何度も辞めようと思いました。



でも仕事を早く覚えなければと、一生懸命頑張りました。



例えば、メニューなど覚えなければならないことをノートにまとめて、休みの日などに復習しました。



接客スキルが上達し、3年の夏からはアルバイトリーダーを任され、店の売り上げも10%上がりました。



この経験から、地道に努力すれば、成果につながることを学ぶことができました。



のいったい何がNGなのか? という問題提起を、昨日のブログで書きました。



回答を示しますね。


バイトに力を入れた、始めた当初はミスを犯してばかりで辞めようと思った、はわかりやすくて、いいと思います。


問題は次の文書です。

仕事を早く覚えないと・・・というのが、唐突感があって違和感を感じるのです。

たとえば、ここでそうなった理由や経緯を書いておくと、しっくりくるのです。


なぜ仕事を早く覚えないと、と思ったのか?

・面倒見のいい先輩が、私のミスをカバーしてくれている姿を見て

・負けず嫌いな私ゆえに、先輩の「お前、ミスばっかだな。」と冷笑されたのが無茶苦茶悔しくて

・内気な自分を変えようと思った接客バイトに就けたのに、これで凹んで辞めたりしたら、元の木阿弥、絶対に逃げたくないと思って

みたいな、理由や経緯があれば、スーッとつながるでしょう。




次に具体例の話です。

休みの日に復習する、という具体的な取り組みは、よくバイトでの頑張ったエピソードに見受けられますが、時給1000円を切るアルバイトスタッフが、わざわざ自分の大事なプライベートの時間を使ってやるでしょうか?

ここ盛ってない?と疑われること必至かと。


盛っていなくて事実だったらまだいいけれども、仮に事実だったとしても、ミスばっかりして仕事持ち帰らないとダメな人間なんだ、と穿って見られる危険性もあります。



*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************


ちょっと長くなりましたので、最後のまとめは次回に書きたいと思います。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。



今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


↑このページのトップヘ