元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

エントリーシート

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

毎日たくさんのエントリーシートを添削している中で、最近目に付くケースです。


それは「型にハマり過ぎているケース」です。

たとえば、ガクチカ。


(学生時代に力を入れたことは)飲食店での接客アルバイトです。



始めた当初は、ミスが多かったため、何度も辞めようと思いました。



でも仕事を早く覚えなければと、一生懸命頑張りました。



例えば、メニューなど覚えなければならないことをノートにまとめて、休みの日などに復習しました。



接客スキルが上達し、3年の夏からはアルバイトリーダーを任され、店の売り上げも10%上がりました。



この経験から、地道に努力すれば、成果につながることを学ぶことができました。



このようなエントリーシートを書く方は、おそらく就活セミナー等で、きちんと型を学んでいるために、

テーマ選択(飲食店の接客アルバイト)



壁にぶつかったこと(辞めようと思った)



でも辞めずに頑張った



具体例(ノートを休みの日に復習)



得られた成果(アルバイトリーダー&売上アップ)



得たこと・学んだこと

といった構成をとっているのでしょう。


本人は精一杯頑張って書いたのでしょうし、初回の添削の時点で、ここまで書けていれば私は素晴らしいと思います。

しかし(構成自体は間違いではないのですが)、このままでは凡庸の域を出ませんし、また盛っている印象を抱いてしまいます。



皆さん、どこがNGか、わかりますか?


ガクチカにアルバイトを選んだから?

→これは大丈夫です。

下手に幽霊部員となってしまったサークルを選んで盛るよりも、自分自身の中で他よりも「力を入れた」と言えるならば、バイトを選んでも構いません。

(もちろん、夜のお水のアルバイトとか、同じアルバイトであっても、決して選んではいけないものもありますよ。)


頑張りがショボいから?

→確かにもっともっとアルバイトに精を出して、成果につなげている学生もいるでしょう。

でも私個人的には、ノートを使った復讐という具体的な取り組みもあって、わかりやすいと感じます。



では何がNGなのか?


*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************


ちょっと長くなりましたので、回答は次回に書きたいと思います。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日も話題の、エントリーシートについて。

まさしくオープンエントリーシート(OpenES)に象徴されているように、エントリーシートで課される課題やテーマって大体みんな同じです。


・学業

・学生時代に力を入れたこと

・自己PR

・志望動機

なんて鉄板中の鉄板なのはおわかりでしょう。


これらをまずしっかり固めておけば、書類選考は非常に楽になります。


ちょうど今、私の元にエントリーシートの添削依頼や書き方のアドバイス依頼が殺到しているのは、まだ固まっていないからです。



文書は推敲すればするほどよくなりますし、信頼できる第三者(私はあなたが通う大学所属のキャリアカウンセラーを推薦します)に何度かチェックいただくと、自信の持てるエントリーシートになります。



これをしっかりと固めることができたら、奇問難問でも対応できるようになるでしょう。

というのも、ベースが出来上がる頃には、(たとえ変化球であっても)エントリーシートの書き方のポイントをつかめているからです。


たとえば、今年の有名消費財メーカーのES課題。


より高い目標に向かってあなたが率先して他の人を巻き込み、チームで目標を達成した経験について述べてください。※400字



毎年ワードは違いますが、創作させる某有名化学メーカーのES課題。


以下のワードのうち3つ以上のワードを用いて、自由に文章を作成してください。物語、詩、自分の考えなどどんな内容、表現方法でも結構です。「科学、知、達成、気魄、自律、虹、アプリケーション、定理、羊」


こういった奇問難問も、ベースが仕上がるようになれば、自分自身のチカラで対応できるようになります。


*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************


だからまず、ベースの作成に真剣に、それこそ全力であたってください。


今のその頑張りこそが、今後の成否を分けるといっても過言ではないでしょう。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

今回は就活生がよく勘違いしていることについてです。


ライバル達に差をつけるためにも、エントリーシートには何か凄いことを書かないといけない、と勘違いしている就活生が、毎年この時期には多数います。


で、俺には凄いエピソードなんてないよ!と凹んでしまって、エントリーシートを書くことに躊躇してしまう。

もしくは、凄いエピソードがないから、盛ってしまおう!と、嘘で塗り固めたエントリーシートを書いてしまう。


そもそも学生レベルで、社会人、それも毎年多くの就活生をチェックする採用担当者を唸らせる、「凄さ」をアピールするのは難しいと思います。



個人的な意見ですが、ここ数年で最高の就活に強い学生といえば・・・


日ハムのプロ野球選手、齋藤祐樹氏


です。



高校時代にエースで甲子園制覇。ハンカチ王子の知名度。

早実→早稲田大学。地頭の良さ。

伝統ある体育会野球部の主将。

6大学野球、神宮大会など、大学の野球大会でもエースとして主将として凄い戦績を残す。

ビジュアルが良くて、礼儀正しい。


彼がプロ野球に行かずに、フツーの就活をしていたら、きっと連戦連勝だったでしょう。


彼ほどの凄さがあれば別ですが、フツーの学生にそんな凄い経験はありません。

(もちろん、あればドンドンアピールすべきです。)



企業もそんなことはよくわかっています。

盛り盛りで、嘘っぽいエントリーシートを、評価するでしょうか?

嘘かどうかなんてわからない、と思っているのは、本人だけ。

数百字であっても、経験豊かな採用担当者ならば、見破ること必至です。


万が一、エントリーシートの選考を突破したとしたとしても、次に控える面接を乗り越えることができますか?

前にも書きましたが、たとえば、

「何だ、自分一人でやったようにアピールしているけど、チーム全体での実績じゃん!」

と、チーム・組織みんなで達成したことを、さも私一人でやった!みたいなことを書くから、全てが疑われるのです。


だから、もっと地に足の着いた内容でいいと思うのです。

就活は元来、凄いことをアピールする大会ではありませんし、凄ければ受かるという訳ではありません。

自分の魅力をしっかりとPRしてご縁がなかったら仕方がないですよ。

でも嘘で塗り固めて騙して入社できたとして、入社後ちゃんとやっていけますか?

嘘を一生背負っていくのですよ?



*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシート作成について、相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************


それなので、自身の等身大の魅力を、精一杯伝えるようにしてください。

誰だって売りになる魅力はあります。

敢えて言うと、それをうまく伝えられていないだけ。

主題の選択一つ、表現の仕方一つで大きく変わりますよ。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

今回は就活上において最重要項目である、自己PRについて解説します。


エントリーシートに限らず、ビジネス文書の作成時には、PREP法を用いるよう勧めています。


PREP法とは・・・

話や文書の構成のやり方の一つです。


「PREP」とはそれぞれ

「Point(ポイント・結論)」

・「Reason(理由)」

・「Example(具体例)」

・「Point(ポイント・結論)」

の頭文字をとってまとめたものです。

この順に進めると、論理的でわかりやすくなるという効果が期待されます。




例えば、自己PRの場合。

起承転結で最後に「自己PR」を持ってくるよりも、最初に「自己PR」を書いて、その理由やそれを裏付ける具体的な事例、そして最後にまとめを書くことにより、同じことを書く場合でも、わかりやすくて訴求力が高いものができるのです。

(この説明は後日。)



で、最初の「自己PR」についてです。

ここはキャッチーな一文を書かなければなりません。


私の強みは○○○○○○○○○○○○○○○○です。

私のセールスポイントは、○○○○○○○○○○○○○○○○です。

私は、○○○○○○○○○○○○○○○○について、最も自信があります。

的な内容で、わかりやすく&コンパクトに、自分の売りたいPRポイントをまとめてみてください。



といっても、なかなか書けないですよね?

参考になるよう、キーワード毎にサンプルをまとめてみました。

<優しさ>
誰に対しても寛容であり、誰とでもすぐに仲良くなれる
人が嫌がることでも自発的に引き受けることができる

<計画性>
計画性を持って物事に取り組むことができる
何かを姶める前には周到に準備することができる

<主体性>
積極的に物事に取り組むことができる
白発的に物事に取り組むことができる

<真面目さ・素直さ>
真面目に物事に取り組むことができる
周りからの指摘を真摯に受け止め、改善につなげることができる

<責任感>
責任感を持って物事に取り組むことができる
決めたことは最後までやり通すことができる

<協調性>
違う価値観や年代の方々とでも打ち解け、信頼関係を築くことができる
相手の気持ちを理解して行動することができる
組織内で自分の役割を見つけて主体的に取り組むことができる
状況判断が得意で、状況に応じて柔軟に対応できる

<目標>
目標を持って物事に取り組める
向上心を持っていて、常に高みを目指すことができる
常にゴールを意識し、ゴールのために何をすべきか、を考え行動することができる

<継続力>
厳しい状況下でも、地道にコツコツと前に進めることができる
負けず嫌いで最後まで絶対に諦めない
何事も途中で投げ出さずに、集中して物事に取り組める

<チャレンジ精神>
チャレンジ精神を持って物事に取り組むことができる
何事に対しても興味を持ち挑戦しようという意欲が高い

<情熱・熱意>
情熱を持って物事に取り組むことができる
何事に対しても手を抜かず一生懸命に取り組むことができる

<リーダーシップ>
周りを巻き込みながらチームを統率する力がある
自ら先頭に立って皆をまとめるのが得意

<思慮深さ>
何事に対しても問題意識を持って取り組むことができる
物事を深く追求することができる
丁寧かつ慎重に物事を進めることができる

<先見性>
客観的な視点で物事をみることができる
先を考えて行動することができる

<自己管理>
自分に厳しく自己管理力に長けている
活動した後には、必ず振り返りを行い、今後に活かすことができる

<精神的な強さ>
心身ともにタフである
楽観的な性格で、少々のことではくじけることがない

・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん、これらだけではありません。

自分に合ったキャッチーな自己PRを最初の「P」に書いてみてください。


*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートの「自己PR」の作成についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************

今日はまず、「P」の説明をしました。


次回以降、「P」以降の「REP」について、説明できればと思っています。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日も話題の、オープンエントリーシート(OpenES)について。

今回は勉強関係についてです。


オープンエントリーシート(OpenES)に、

「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」がありますよね?

ここをどのように書いたらいいか?という問い合わせを最近よくいただくのですが、私はここは専門的な研究、専攻を書くことをお勧めします。

というのも、既に高学年になっているため、ここで一般教養的なものを書くと、明らかに勉強していない、ということになるからです。


例えば、

「法学部なので、法律を勉強しています。ある法律的な問題について、判例や学説を調べながら、自分なりの考えをまとめて、ゼミで発表しています。」

みたいなのをたまに目にします。

前半の「法学部なので、~」は、当たり前の話ですから、このような記述で字数を使うのはもったいないです。

そして後半ですが、これは勉強のやり方を述べているだけで、いったい何を専攻していて、何を研究しているのか、何を追究しようとしているのかが皆目わかりません。


ここで一番イメージしやすくて、訴求力アップにつながるのが、卒論のテーマです。

まだ卒論作成は先の話、とするのではなく、仮題でも現時点で書こうと思っているテーマを設定し、その概要に触れておけば、専門性をアピールできますし、そのテーマについては、採用担当者よりも君の方が詳しいはずですから。



*********************************
ちょっと宣伝です!

オープンエントリーシート(OpenES)の「学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容」についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************


勉強に力を注いでこなかった就活生でも、項目として設定されている以上、うまく書く必要があります。

その一つが、記述の「卒論テーマ」であるわけです。


以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ