元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

エントリーシート

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

OpenES(オープンエントリーシート)にも、大学指定の履歴書にも、趣味・特技という欄があります。


長年応募書類を添削していてわかることなんですが、みんなこの欄は内容が雑ですね。


自己PRやガクチカは練りに練るのでしょうが、この欄はスペースが狭いということもあって、どうしてもチカラが入らないのでしょう。



ここは趣味と特技を分けて考えていきましょう。


まず趣味です。

趣味はまさしく、趣味レベルでいいのですから、如何ようにも書けるはずです。

映画鑑賞や音楽鑑賞など、凡庸でも構いません。

かえってあまりやってもいないことや、もしくは頻度が低いことを、ウケ狙いで書いて胡散臭く思われる方がリスクが高い、と言えます。


ただ

趣味・特技

映画鑑賞


で終わってしまっては、味気ないです。


企業へ送る情報は全てが審査対象だと思ってください。


だから例えば、同じことを書くのであっても、

趣味・特技

映画鑑賞(月に3本くらいのペースで鑑賞。最近は「永遠の0」を見ました。)


といったように、簡単な説明を後に入れるようにしてください。


確かに、自己PRやガクチカ、志望動機といった重要項目よりも趣味・特技は、審査対象として注目度は低いでしょう。

しかし、ここで採用担当者の共感や興味を引くことができたら、ラッキーなのです。


例えば、

「あの「永遠の0」見たの?安部総理も鑑賞したらしいね。私も興味あるんだけど、どうだった?」

と触れてもらえれば、こういったカジュアルトークならば、話も弾みますし、いいリズムで面接も進むことでしょう。


なので上記のカッコ書きの説明が入るくらいのスペースはありますから、必ず入れるようにしてください。



続いて特技です。

ここは就活生であっても、ビジネスシーンで役立ちそうなものがあればベストでしょう。


例えば、

タッチタイピング(入力スピード約50語/分)

マイクロソフトExcelの活用(各種グラフ作成、関数活用、マクロ作成など)

といった感じです。


でもなかなかビジネスに役立つものって、就活生ならばネタが乏しいですよね?


何もないよりは、

テニスサークルだから、「テニス」

ピアノを幼少からやってきたので、「ピアノ」

的な表記でも許されると思いますが、インパクトは薄い感じがします。


そこで、今の就活生にとってはスマホのアプリ活用なんか、いいと思います。

整理整頓系やスケジュール管理系のものをうまく使いこなせているのであれば、ビジネスでも役立ちますしね。



繰り返しになりますが、企業へ提供する情報は全て審査対象になりますので、趣味・特技についても軽視せずに
チカラを入れて書いてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、武蔵美術大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日も話題の、オープンエントリーシート(OpenES)について。

今、当事務所ではOpenESの添削依頼が増えていますが、250字や400字といった字数制限について、よくわかっていない就活生が多いように思います。



ごくごく基本的なことですが、与えられた字数ギリギリまで埋めるようにしましょう。

最低でも9割は埋めないと。

400字だと9割で360字となりますが、これでもまだ40字書けますから余裕あり過ぎです。

そもそもスカスカだと採点対象にならない可能性もありますから、推敲を重ねて字数を調整してください。



それよりも怖いのが、タイトルに書いた○○


何だかわかりますか?


答えは・・・


改行


です。



OpenES(オープンエントリーシート)だけではなく、ウェブ上で提出するエントリーシートは全て同じことが言えます。

この改行により字数が加算されてしまう、また企業側には見辛くなってしまう、文字化けしてしまう、という点が懸念されます。


改行する場合、必ず問題がないかを確認するようにしてください。



ちなみに、基本項目が250字、400字のOpenES(オープンエントリーシート)については、改行は不要と考えます。

詰め詰めで見にくいという点は無視いいでしょう。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



ちなみに今、エントリーシートの作成支援をご依頼いただいた方、全員に、この面接対策本をプレゼントしています。

エントリーシートの作成に頭を悩ませている方は、ぜひこの機会にお申し込みください。




さて、今日はこれからの就活について、お伝えしたいと思います。

正月くらいは、三が日くらいは、と何かと理由をつけて、就活サボっていませんか?


受験生がこの時期、絶対に手を止めないのと同様、就活生も止まるべきではないと、私は思っています。


迎春のめでたい雰囲気に流されている場合ではないはずで、就活生にとっては内定を獲得して、進路が決まった時点こそ、めでたいのです。



来週の6日(月曜日)から、本格的に企業の採用活動が始動します。

1月15日前後にエントリーシートの提出の締切という大手企業も多い。

充分推敲した自信のある、エントリーシートができているのならともかく、そうでなければこの時期に休まずブラッシュアップすることで、ライバル達に差をつけることができます。


更にSPI3などの筆記試験対策もやらないといけませんよね。

1月後半からの大学の後期試験と重なると、とても筆記試験対策に回せる時間がありません。



特に大手企業の総合職を志望している場合は、まさしく今からゴールデンウィークまでの期間の過ごし方が命運を握っています。


あの時、エントリーシートをもっと練っておけばよかった。

SPI3の問題集、もっと真剣に解いておくべきだった。

なんて、落ち続けた後でいくら反省しても、時間の経過とともにドンドン応募する企業がなくなっていきます。



オトソ気分はそこそこにして、今は筆記試験対策とエントリーシートのブラッシュアップに励んでおきましょう。

今やっておけば、絶対に後で楽ですよ。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日も話題の、オープンエントリーシート(OpenES)について。

昨日に続き、今日も塾生のOpenESを添削していました。


その中で、昨日このブログで書いた「写真」よりも、もっと怖いものがあることを再認識しました。


何だと思いますか?


先に答えを言っておきますね。


複数の就活ジャーナリストや就活ビジネス関係者がこぞって、その不具合を指摘している「紹介文」です。



OpenESの

紹介文を書いてもらおう

を見てください。



この中で、

「なお、紹介文が無くても、OpenESの提出は可能です。」

とありますが、ないのとあるのとでは、情報量で雲泥の差が出ます。


提出は可能ですが、書類選考では落ちる危険性が高くなります、と言い換えてもいいのではないでしょうか?



岩波書店が、作家や社員といった岩波書店の関係者から紹介状をもらってこないと、応募できないシステムが社会問題になりましたが、根幹は同じような気がします。


要は、オーソリティ(権威者)から紹介文を書いてもらえるような、チカラがない人は、落ちるということです。



更に

※リクナビから配布しているチラシやリクナビが発行する「自分のキャリアについて考える本」などの中で、「OpenES紹介文は社会人に書いてもらう」
という旨が記載されているページがありますが、誤記のため、訂正させていただきます。正しくは、社会人に限らず、記入していただくことができます。

と勇み足を認めてしまっています。

言っていることは正しいと思うのですが・・・


紹介文となると、

ゼミの教授や部活顧問といった大学関係者 > アルバイト先の店長のような社会人 > ゼミ・サークルといった先輩 > 友人

という優先順位があると私は考えますので。


大学によっては、紹介文の作成に協力しない、というところもあります。

一方で、教授が進んで書いてくれるところも。


エントリーシートという、選考書類という視点から見ると、後者がやはり有利ということは否めません。


「なお、紹介文が無くても、OpenESの提出は可能です。」だとしても、企業側が果たして公平性を保てるのか?

気になるところです。



もう一つ

なお、紹介文は自分のことをよく知っている人に書いてもらうことが大切です。大学推薦や教授推薦とは異なるため、原則、教授や職員(キャリアセンター・就職課)への依頼は控えましょう。


とありますが、これこそ、この「紹介文」のシステムの誤りを披露しているようなもの。


大学生なのだから、自分の通う大学の関係者に、お墨付きをもらうのが、「原則」ですよね?


友人やサークルの先輩でいいんでしょうか?

かえってマイナスイメージになるような気がします。





*********************************
ちょっと宣伝です!

オープンエントリーシート(OpenES)の紹介文についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************


グランドオープンを果たしたオープンエントリーシート(OpenES)ですので、多少の不具合があろうとも、2015年度生は自分に有利に運ぶように進めるしかありません。


喧々諤々ありますが、逆にうまく差別化を図って他の就活生よりも一歩でも前に出るようにしてみてください。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日は話題の、オープンエントリーシート(OpenES)について。

今日、塾生のOpenESを添削していたのですが、恐ろしく感じた点があります。


今までは一部の企業しか課していなかったのに。


塾生が書いた文書を添削することに夢中になっていて、すっかり大事なことを忘れていました。


何だと思いますか?

既に書いて登録している就活生は、おわかりでしょう。



答えは・・・



写真



です。


百聞は一見にしかず、ではありませんが、写真のインパクトは400字の文字情報よりも大きいケースがあります。


逆にいい写真を掲載すると、文書力が乏しくてもインパクトを与えることができる、ということです。


サークル・部活・ゼミの集合写真や活動している写真、アルバイトの制服の写真や活動している写真・・・

このあたりがポピュラーかと思いますが、ここは思い切って一工夫してみてはいかがでしょう?


2014年度の塾生は、企業から課された自分らしい一枚の写真のために、就活を止めてわざわざ雪山(スキー・スノボサークルだった)に行って、最高の写真を撮るようにしました。


手元にあった、自分が目立たっていない、ピンボケの写真で、採用担当者の目に留まるでしょうか?

課題について何度も推敲し、添削を受けるように、写真のクオリティや内容にも徹底的にこだわるべきと私は考えます。



オープンエントリーシート(OpenES)の写真の選び方にも相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。

2015年度は、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



↑このページのトップヘ