元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

グループディスカッション

大学所属のキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




さて、今日もグループディスカッション(GD)についてです。



今日のテーマも、グループディスカッションの役職について。



自らリーダーを買って出て、議論をうまく回したら、それは高評価につながることでしょう。


しかし一方で、うまくいかなかった場合は悲惨です。


自身だけでなく、そのグループ全体が不採用になる危険性があります。


いきなりストレンジャー(見知らぬ他人)同士でやるわけですから、よほど議論の場に慣れていないと、うまくいかない方の確率が高いことを知っておいてください。




では、発表者はどうでしょう?


最後の大トリを任されるわけですから、必然的に目立ちます。


しかし、ここもプレッシャーのかかる中で、時間内にうまくプレゼンできるか?が最大のポイントになります。


ここも慣れが影響してきます。


せっかく熱い議論を交わし、いい意見でまとまっても、慣れていない学生がやると、しどろもどろになってしまい、最後のグループ全体の印象が悪くなるケースがあります。


また、発表のための準備に気を取られ、議論に積極的に参加しない(できない)シーンをよく目にします。



この2つの役職は、ばちっと決まれば、かなりの確率で次に進めることでしょう。


しかし、そうでなければ、グループ全体をマイナス方面に巻き込んでしまうことに、留意してください。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

大学所属のキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




さて、今日もグループディスカッション(GD)についてです。



今日のテーマは、グループディスカッションにおいて役職に就くべきかどうか?です。


これにはいろいろな考え方がありますし、就活都市伝説的な話も蔓延っていますので、私なりにここで整理しておきたいと思います。



先に結論から言いますと、

①役職には就かないよりは就いた方がいい

②しかし、自分に合わない役職を担うのは危険

③評価に値しない役職もある


の3つがポイントです。



まず【①役職には就かないよりは就いた方がいい】について。

グループディスカッションが始まると、採用担当者は通常、席次表に書かれた学生の氏名の近くに役職を書き込みます。

リーダー、司会、ファシリエイター

書記

タイムキーパー

発表者

などが一般的な役職で、それをそのまま書き記します。


単なる1メンバー、参加者よりは、その役職を書いてもらった方がPR度は高くなるでしょう。



しかし【②しかし、自分に合わない役職を担うのは危険】があります。

たとえば、リーダータイプではないのに張り切ってその役割を買って出て、議論をうまく回し切れないシーンを、私は何度も目にしてきました。

既にGDを何度か経験している就活生も、同じような体験をしていると思います。


GDにおいて一番重要なのは、やはり「リーダー、司会、ファシリエイター」なのです。

その器がないのに、このポジションを獲ってしまうと、自身だけでなくメンバー全員が不採用になる危険性があります。

普段からゼミや研究室等でこのような討論・議論に慣れていない人は、無理しない方がよろしいかと思います。


まとめると「リーダー、司会、ファシリエイター」は注目度も高いけれども、上手くいかなかった場合は失望感も大きい、ということになります。



その他の役職もそうです。

上手く文書化できない人が書記になったらどうでしょう?

時間にルーズな人がタイムキーパーになったら?

人前で話すのが極度に苦手な人が発表者を担うことになったら?


役職に就いた方が印象に残る、は真実ですが、その役割をこなせなかった場合は、一発レッドカードである、ということを認識しておいてください。



最後に【③評価に値しない役職もある】に触れておきます。

たとえば、タイムキーパー。

「5分前です!」と決められた時間きっかりに合いの手を入れたとして、高評価につながることはまずありません。

みんな時計は持っていますし、議論を進めていくうえで、さほどこの役割は重要ではない、ということです。


しかし、タイムキーパーを引き受けた側は議論に積極的に参加するよりも、時間管理に集中してしまいます。


書記が文字を書くのに必死になるのも、同じ現象です。



リーダー、発表者はうまくこなせると、やはり高評価につながります。



もちろん、タイムキーパー、書記でもうまくPRする方法はありますよ。
(これは次回以降で説明します。)



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

大学所属のキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。


**********************************************

近々、さいたま市大宮区で、グループディスカッション対策を数回行います。

グループディスカッションは、なかなか練習できないし、そもそも何が悪いのか?すらわからない。

当日は2回模擬練習をして、個別に徹底的にフィードバックします。

半日の講座で、塾生は無料、一般参加者は5250円となります。

参加希望の方は、info@shu-katu.net にタイトルに「グループディスカッション対策参加希望」と書き、本文に①氏名、②大学・学部名、③メールアドレス、④携帯電話を書いて送ってください。

後ほど、こちらからスケジュールやお手続きを返送いたします。

**********************************************



さて、今日もグループディスカッション(GD)についてです。



今日は採用側の視点について説明します。


採用担当者が、GDにて学生の一体どこを見て評価しているか?気になりますよね。


積極性、論理的思考力、関係構築力、発言内容、気遣い・・・


そういった点は全てチェック対象でしょう。


しかし、たかだか30分やそこらで、6名から10名といった複数の参加者を、評価項目に沿って綿密にチェックするのは、物理的に不可能と言えます。



私が人事部長を務めていた際は、発言が少ない学生や企業研究や業界研究が明らかに不足している発言をした学生に対しては、全く何もしませんでした。


たとえば、10人参加者がいたとして、(人気企業ならば特に)そのグループで受かるのは、パレートの法則のごとく、2名前後でしょう。


下位層に時間と労力を割いている余裕はありません。


しゃべれない、わかっていない人は、秒殺(即不採用)になるのは、誰もがわかるところでしょう。


上位2割に入り込むために、どうすべきか?を考えるべきです。



採用担当者の見るべきポイントは大きく分けて2つあり、これをきちんと網羅していれば2割に食い込めます。


「自己主張力」

自分の意見を堂々と公に話せない人は、何にも印象にも残らないしPR不足となります。

テーマに沿って訴求力の高い発言をするには、やはり業界研究・企業研究が大事になります。

ストレンジャー(見知らぬ人)ばかりで、自己主張を通すのは難しいことですが、周りを納得させるような発言だと一気に選考通過につながります。


「協調性」

前述の「自己主張力」と矛盾を感じる人もいるでしょうが、自己主張をしながらも周りと協調していく姿勢、このバランスが最も大事なのです。

自分の主張をPRしながらも、折れるところは折れて、結論に導いていく。

よくあるのが自身が熱くなり過ぎて、持論を固持しようとするというもの。

これでは一人よがりで受かるものも受かりません。


この周りとの関係性も重要な評価の要素になります。

しかし、ふんふん、と頷いて、何でもかんでも周りと同化するだけでは絶対に受かりませんので、この両方の面が必要であることは、十二分に意識しておいてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。


**********************************************

近々、さいたま市大宮区で、グループディスカッション対策を数回行います。

グループディスカッションは、なかなか練習できないし、そもそも何が悪いのか?すらわからない。

当日は2回模擬練習をして、個別に徹底的にフィードバックします。

半日の講座で、塾生は無料、一般参加者は5250円となります。

参加希望の方は、info@shu-katu.net にタイトルに「グループディスカッション対策参加希望」と書き、本文に①氏名、②大学・学部名、③メールアドレス、④携帯電話を書いて送ってください。

後ほど、こちらからスケジュールやお手続きを返送いたします。

**********************************************



さて、今日もグループディスカッション(GD)についてです。



前回までにGDに臨む姿勢を、お知らせしました。



本日はGDに勝ち抜く力を身に付ける方法論です。


これは単純で、「場数を踏む」ということ。


実際、私がある企業で新卒採用の支援をしていた際に、GDを始める前に、必ず質問していたことがあります。


それは

「グループディスカッションは初めて?」

「2回目の人?」

「3回目の人?」

・・・

といった具合に、経験度を聞いていました。



想像に難くないと思いますが、経験回数の多い人ほど、やはり身のこなし方がうまいのです。

(身のこなし方がうまいのと、それが採用評価に値するのとは少々観点が違いますが、やはり場に慣れておいた方が絶対的に強いと言えます。)



そもそも議論・討論を通じて、就活生の組織への関わり合い方や話の仕方、自己主張、協調性などを見るのですから、この議論・討論の基本の「き」すらわかっていない就活生は、厳しい評価を下さざるを得ません。


それなので、習うより慣れろ!で、本番で場数を踏むことをお勧めします。


あとは大学でもこういった練習プログラムを設けているところがありますので、積極的に参加するのも上達には非常にいい方法です。


どの就活生からも、うちの大学のキャリアセンターはあまり使えない、という話をよく耳にしますが、皆さんにとって有益な情報やノウハウが豊富にあるところです。


単なる噂レベルでナナメに見ないで、どんどん大学のキャリアセンターを利用してみてください。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。









さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学政経学部、中央大学商学部、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学経営学部、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。


**********************************************

近々、さいたま市大宮区で、グループディスカッション対策を数回行います。

グループディスカッションは、なかなか練習できないし、そもそも何が悪いのか?すらわからない。

当日は2回模擬練習をして、個別に徹底的にフィードバックします。

半日の講座で、塾生は無料、一般参加者は5250円となります。

参加希望の方は、info@shu-katu.net にタイトルに「グループディスカッション対策参加希望」と書き、本文に①氏名、②大学・学部名、③メールアドレス、④携帯電話を書いて送ってください。

後ほど、こちらからスケジュールやお手続きを返送いたします。

**********************************************



さて、今日もグループディスカッション(GD)についてです。



前回までに【GDに臨む心構え5か条】その1、その2、その3、その4まで説明しました。


今日は、その5です。



その5

GDは全体の結果よりも、個人レベルでのGDの経過(プロセス)が大事。

グループとしていい意見がまとまったとしても、それまで。

個々に選考されていることを忘れるな。


以前に討論は協調性をもって臨むべし、と言った話とは、少し矛盾をはらんでいますが、GDって企業に入るための単なる選考の一つですよね。


チームとしてよくまとまっていて最後の発表もうまくできた、でも落ちた、というのと、

チームとしてはまとまっていなかったけれども、要所要所で自分の意見を言えた、そして受かった、というのと、

どちらが目指すべきかは明白ですよね。


チームとして達成感があっても、その中で自身が評価されなければ、アウトということ。


もちろん、繰り返しになりますが、自分だけが目立てばいい、といった自己主張が強過ぎるのはNGです。

しかし、チームでいい結果が出たとしても、そこで個人評価が悪ければ意味がないということです。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。









さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学政経学部、中央大学商学部、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学経営学部、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ