元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

自己PR

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

最近「自己PR」を添削していて感じるのですが、この時期はみんな詰め込み過ぎの傾向が。


例えば、

「私の強みは、チャレンジ精神があり、自分の決めたことには最後まで諦めず粘り強く取り組むことができ、周りを巻き込みながら、物事を進めることができることです。」

みたいなもの。


これを端的にいうと、

・チャレンジ精神

・粘り強さ

・周りを巻き込む力

の3つがあるというアピールですが、限られた字数の中で、この3つが確かに備わっていると百戦錬磨の採用担当を納得させるのは、至難の業でしょう。


これを裏付けるエピソードが充分にあればいいのですが、ショボい内容だとそこで終わってしまいます。


例えば、その後に

私はオールラウンドサークルで幹部になった際、みんなが楽しめる企画を考えることに非常に苦労しました。

企画を検討している中で、私はネットで見た清掃ボランティアの駅伝競走に参加することを考え、みんなに提案しました。

これは沿道沿いの清掃をしながら、駅伝方式に仲間にタスキをつないでいくというものです。

サークルの幹部会議ではどちらかというと乗り気でない人が多くて、私は粘り強くその面白さや意義を訴えました。

その結果、参加することが決まり、私が中心になってその準備に積極的に関わり、後輩にもドンドン指示を出しました。

当日は参加チーム中4位と入賞を果たして、まずまずの結果を出せて、サークルの参加者からは、「やってよかった。面白かった。」と言ってもらえました。

この周りを巻き込む力を、仕事でも発揮していきたいです。

といった、裏付けエピソードを添えた自己PR。


一見うまく流れているように見えますが、全くと言っていいほど響かないのです。



その理由を説明しますね。


まず最初の

・チャレンジ精神

です。


オールラウンドサークル(多くの大人は単なる遊びのサークルとみなしている中)で、遊びの企画を考えることが、チャレンジなのでしょうか?

楽しい、面白いことなら、誰でもやりたがるでしょうし、そもそもしょせん、遊びサークルですよね?

苦労した、と言われても・・・



次に

・粘り強さ

です。


自分の意見がなかなか通らないから、懸命になって説得した、ということですが、しょせん遊びのサークルの中の話ですよね?

ゆるーい会議の中で、やろうよ!と言い続けたことが、粘り強さと言えることなのか?どうか?



最後に

・周りを巻き込む力

です。



幹部会で決まったことだから、先輩後輩の関係もあって、後輩が言いなりになっていただけ、では?

やってよかった、の弁は、参加者のごく一部ではないか?


と突っ込みどころ満載と言えます。



字数も限られているのに、3つも盛り込もうとするから、おかしくなるのです。


削るのは怖いと思いますが、こういった場合は思い切って1つに絞ってみることをお勧めします。




また最近多いのが、応募先の求める人材に合わせて、自己PRを変える、というケース。

確かに相手の求めるものを知るというのは、大事なことです。

しかし、応募先ごとに自分のピーアールポイントを柔軟に変化させるって、学生レベルでは至難の技と思います。



自分が最も自信があることだって、企業の採用担当を納得させたり、唸らせたりなかなかできないのに。


自分の一番の強みを堂々と伝えたにも関わらず祈られたならば、その会社にはそもそも合ってなかった、入るべき会社ではなかった、と判断すべきです。




最後に、この自己PRも含め、エントリーシートがまともに書けている就活生って、現時点では非常に少ない。

伝統があって、強豪の体育会の主将を務めている、みたいな凄いエピソードがなくても、ちゃんとした文書が書ければ、きっと書類選考率は高いと思います。

それほどみんな書けていないです。


なので、今はこのエントリーシートのブラッシュアップに最大級の力を注いでください。

後で大きな差となって現れてきます。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、昨日の続きで、エントリーシートの鉄板質問以外について。

今回初めてこのブログに来た人は、ご面倒でも昨日の

「あなたを表すキーワードを5つ」って?

を読んでから、再度ここに来てください。



それで早速、昨日のおさらいです。

「あなたを表すキーワードを5つ書いてください。」

「あなたらしいフレーズを3つ書いてください。その説明も書いてください。」

的な、短い言葉を複数で自身を表現するというエントリーシートの課題について、どのように回答するのがよいか?ということについて、考えていきます。



昨日では、同じようなことの繰り返すケースが結構多いと伝えました。


たとえば、5つ選択しろ!とあった場合、

忍耐 根性 粘り 辛抱 我慢

みたいな、類似ワード5つを選ぶといったケース。


5つのうち、3つ程度を「自己PR」や「ガクチカ」とリンクさせつつ、残り2つ位を違うワードにする、といったやり方が戦略的と、昨日私は提言しました。


たとえば、

忍耐 根性 粘り

と3つを選んだ後、残り2つを

もやし メモ

みたいなのにします。


上記3つは、たとえば、中高での柔道部の話を使うとします。

(あくまで例ですので、これにとらわれる必要はありません。)


礼儀や挨拶に厳しい、上下関係が厳しい中高の柔道部の部活動で、「忍耐」や「根性」、最後まであきらめない「粘り」を身に着けることができた。

は、「自己PR」でのメインの裏付けエピソードだったりします。


仮に大学まで柔道を続けていたら、ガクチカでも使えるでしょう。


(ここではメインテーマの説明は扱わないとして)、メインから3つをキーワードを導いたとします。


で、残りの2つ。

もやし メモ

って、前の3つとは違って、わかりにくいので、食いつきがいいはずです。

もちろん、2,3文字の短いワードですので、スッと採用担当者の頭の中にも入っていくことでしょう。


もやし???

メモ???

と思ってもらえれば、もうこっちのペース。



例えば、「もやし」というのは、下宿で自炊していて安くて栄養価が高いので重宝している、お金のない私は「もやし」に救われているから、このワードを選んだ、といった流れならば、きっと納得させることができるでしょう。


もう一つ、「メモ」について。

私はいつも「メモ」を携帯して、何かあったらメモを録るようにしています。このメモを復讐することで、柔道の技が向上しただけでなく、●●アルバイトでも人よりも早く仕事を習得することができました。

みたいな例です。


*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************

そうすれば、我慢・忍耐系の5つで押すよりも、多面的にあなたの魅力をアピールすることができます。


今5つの場合を説明しましたが、3つの場合、2つを類似のもの、他は1つを別のものにしてみてはいかがでしょうか?




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS 今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日はエントリーシートの鉄板質問以外について。


最近多いのが、テーマに書いたような、

「あなたを表すキーワードを5つ書いてください。」

「あなたらしいフレーズを3つ書いてください。その説明も書いてください。」

的な、短い言葉を複数で、自身を表現するというもの。


この効果的な回答方法について、考えていきましょう。


まず複数の場合は、同じようなことの繰り返すケースが結構多いのです。


たとえば、5つ選択しろとあった場合、

忍耐 根性 粘り 辛抱 我慢

みたいな、類似ワード5つを選ぶのは、間違いではないでしょうが、これではもったいないです。


5つのうち、3つ程度を「自己PR」や「ガクチカ」とリンクさせつつ、残り2つ位を違うワードにする、といったやり方が戦略的と思います。


とテクニカルな話に入る前に、そもそも皆さん、「ワード」とか「フレーズ」と言われて、きちんと定義できますでしょうか?


こういった際には必ず辞書を引く、過去問を調べるなどして、どういった内容を書けばいいのか? 事前におさえておきましょう。


辞書を引くと、このエントリーシートでの「ワード」というのは「単語」というのがしっくりきます。

それで「単語」を調べると、

文法上、意味・職能をもった最小の言語単位。

例えば「鳥が鳴く」という文は、「鳥」「が」「鳴く」の三つの単語からなる。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/139857/m0u/

(goo辞書より引用)

ということのようです。


たとえば、無理やりですが、「鳥が鳴くような明朗活発さ」を自分らしい「ワード」だと創作しても、これは「ワード=単語」ではない、ということになります。



次にフレーズ。

辞書を引くと、「句。成句。」と出てきます。


それで成句には、


1 慣用句のこと。「顔が広い」「足を洗う」など。
2 古くから広く世間で習慣的に用いられるひとまとまりの言葉。「猿も木から落ちる」「時は金(かね)なり」などのことわざや格言の類。成語。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/121333/m0u/

(goo辞書より引用)

という意味があるようです。


先ほどのワードよりは、長くていいということになります。



例えばワードとフレーズのの違いを、企業側が使い分けているかどうか、その定義をしっかりと理解しているか、は別問題として、こちら側は出題に沿った的確な回答をすべきです。


*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************

少し長くなってきましたので、また次回に説明させてください。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS 今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


製本表紙
製本表紙


出版社のホームページにもアップされました。



今回の本のターゲットは、「平凡な大学生」。

世に出回っている就活面接本って、凄い学生の話ばっかりで、そりゃー慶応で体育会なら、アピールするネタがたくさんあるだろうけど、俺には全くピンとこない、なんて意見が多かった。


そこで今回はマジョリティである「平凡な大学生」に徹底的に的を絞って、書いています。



イメージしてもらうために、今回思い切って目次を全て公開します。
 
●はじめに

「超強力な売り」があるわけでもない平凡な大学生であるあなたが、「これだけ貢献できます!」「即戦力です!」なアピールをしても、良いことは1つもありません。


第1章 あなたの「就活面接」術 実は間違いだらけ

●平凡な大学生が「売りが満載のエリート大学生」と同じ戦略で勝てるわけがない

●面接官は本当に「御社にこれだけ貢献できます!」を聞きたいのか?

●良かれと思って言っていたのに逆効果? その1「自己PR編」

●良かれと思って言っていたのに逆効果? その2「志望動機編」

●良かれと思って言っていたのに逆効果? その3「学生時代に頑張ったこと編」

●面接選考は「凄いことを言った者勝ち大会」ではない

第2章 これを知らなきゃ内定には絶対に近づけない

●数年前までとは大違い? 就活面接の最新傾向

●企業は面接の場で、学生の何を知りたいと思っているのか?

●優秀な学生=面接で評価される学生、ではない

●質問には必ず「面接官の本音」が隠されている

●話す内容はエントリーシートと同じでいいのか?

●知っているのと知らないとでは大違いな「回答の型」とは?

●話す内容に説得力を持たせるための「2つのコツ」とは?

●「嘘をつく、ハッタリをかます」はやるべきなのか?

●面接官を飽きさせないためには、回答の長さも重要

●面接官も人の子、評価誤差を活用せよ

●回答中にかなり厳しく見られている「回答内容以外」のこと①

●回答中にかなり厳しく見られている「回答内容以外」のこと②

●面接でアピールするべき「売り」とは何か?

●面接で勝つために行う「自己分析」のツボとコツ

●面接で勝つために行う「企業研究」のツボとコツ

●圧迫質問に有効な回答方法とは?

●「最後に質問は?」と問われたらどうする?

●「面接後のお礼状」は果たして有効なのか?

●それでも連戦連敗のあなたがすぐにやるべきことは?


第3章 「必ず聞かれる鉄板質問」 面接官が求めている回答は?

●自己PRしてください

Lアルバイトの話をベースにした自己PR

Lサークルの話をベースにした自己PR

L大学での勉強の話をベースにした自己PR

L「バイト・サークル・勉強」以外の課外活動をベースにした自己PR

L個人的な趣味の話をベースにした自己PR

L自身の信条・モットーをベースにした自己PR

●なぜ当社を志望しているのですか?

L金融業界を志望する場合

L小売・流通業界を志望する場合

Lメーカーを志望する場合

L商社を志望する場合

L旅行業界を志望する場合

L情報通信・IT業界を志望する場合

Lマスコミを志望する場合

●学生時代に頑張ったことは何ですか?

Lサークル活動

Lアルバイト

L大学での勉強

Lボランティア活動

Lその他(友人との付き合い)

●応募先企業を選ぶ基準は何ですか?

●当社の志望度はどれくらいですか?

●ここまで選考を通過した理由は何だと思いますか?

●他社の選考状況はいかがですか?

●当社から内定が出たらどうしますか?

●なぜ総合職を志望しているのですか?

●なぜ一般職(エリア総合職)を志望しているのですか?


第4章 「その他の頻出質問」 面接官が求めている回答は?

大学の勉強に関する質問

●大学ではどういった勉強をしていますか?

●卒論、卒業研究はどのようなテーマにするのですか?

●なぜ、今の大学・学部を選んだのですか?

●苦手な科目は何ですか?

課外活動に関する質問

●アルバイトの経験はありますか?

●サークル活動はしていますか?(している場合)

●サークル活動はしていますか?(していない場合)

●ボランティアの経験はありますか?

●大学時代に2番目に頑張ったことは何ですか?

性格・パーソナリティに関する質問

●あなたの長所を教えてください

●あなたの短所を教えてください

●あなたの趣味は何ですか?

●あなたの夢は何ですか?

●あなたは周りからどんな人だと言われますか?

●尊敬する人はいますか?

●同世代とは違う年代の方々との交流はありますか?

●友人は多い方ですか?

ストレス・体力に関する質問編

●あなたが今、克服したいことは何ですか?

●あなたはストレスに強いですか?

●体力に自信はありますか?

●今までで一番困難だったことは何ですか?

●あなたにとって苦手なタイプの人を教えてください

●持病や既往症、大病を患った経験はありますか?

考え方に関する質問編

●あなたの信条やモットーは何ですか?

●あなたにとって仕事とは何ですか?

●「ゆとり世代」と呼ばれることについて、どう思いますか?

●社会人と学生の違いは何だと思いますか?

仕事に関する質問編

●仕事とプライベート、どちらを重要視しますか?

●職場の雰囲気としごとのやりがい、どちらを優先しますか?

●転居を伴う転勤については、どう考えていますか?

●あなたにとって理想の上司とは?

●○○職で一番大切にしなければならないことは何ですか?

応募業界・応募企業に関する質問編

●今後、この業界はどうなると思いますか?

●当社の課題は何だと思いますか?

●当社のホームページを見た感想を聞かせてください。

●当社の説明会に参加した時の感想を聞かせてください。

●当社の印象は受験前と今ではどう変わりましたか?

一般常識・ニュースに関する質問編

●最近関心を持ったニュースは?

●最近読んだ本は?

●TPPについてどう思いますか?

●新卒入社でも3年で3割辞めることについて、どう思っていますか?

出題意図がとらえにくい質問編

●あなたを色に例えると何色ですか?

●あなた自身にキャッチコピーをつけるとしたら?

●面接官にあだなを付けてください。


第5章 「圧迫質問」はこう切り返す

●あなたは当社には合わないんじゃないですか?

●顔色が優れないようですが、大丈夫?

●希望する部署に配属されなかったら、どうしますか?

●もし当社の選考で不採用になったらどうしますか?

●当社の業務はクレームも多く、ストレスは半端ないですよ、大丈夫ですか?

●それだけ自己主張できるのならば、敵が多そうですね


質問に対する回答事例をちゃんと掲載していますので、悪いところだけ指摘して終わり、みたいな消化不良になることはありません。

そして抽象論は一切排除して、内定を獲るための具体的なノウハウに終始しています。



30日で内定をとる!という方法論なので、今の4年生でも充分に役立つと思っています。

今週末には書店に並ぶ予定ですので、ぜひ手にとっていただけると幸甚です。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



さて、今日も就活の都市伝説的な話。



大学指定の履歴書やエントリーシートには、たいてい資格を記入する欄があります。


「空欄だと寂しいけれども、自動車免許くらいしか書くことがない。

でも私の友人は、FP3級とか秘書検定3級とか持っていて、ちゃんと資格とっておけばと後悔しています。」

って、よく耳にしたりします。



結論から言うと、資格が内定の決定打になることはないです。


あった方がマシというレベルでしょう。


ましてや3級以下のレベルとなると(企業によりますが)、あえて書かない方がよいという場合も出てくるでしょう。




資格を全面的な売りにしていくとなると、非常に難易度の高いものに限られます。

士業でいうと、いわゆる公認会計士、税理士、司法書士クラスです。



同じ士業でも社会保険労務士や行政書士レベルは、売りにならないと考えておく方が無難かと思います。


これらと近い難易度の宅建は、不動産業界を目指す場合のみ、多少プラスに見てもらえる可能性があるでしょう。




それなので、難易度の低い資格取得しかない場合は、枠を埋めるために書く、しかしそれは売りにならないことを念頭に置いて書くべきです。



それよりももっと危険なのは、よくわからん資格を書いて自身の売りにすること。

認知度の乏しい民間資格を前面に打ち出したとしても、話のネタにはなるかもしれませんが、マイナス要因になる危険性があることは理解しておいてください。


たとえば、コミュニケーション力を売りにしたいがために、

一般社団法人コミュ力協会認定 コミュニケーションスキル(中級)資格取得

と誇らしげに書いて、自己PR欄に「コミュニケーション力には自信があります。資格を取ったからです。」的な話をされても、採用担当者は評価しないでしょう。


このように誰も知らないような資格、ましてや民間ライセンスとなると、情弱ゆえに怪しいのにひっかかったのでは?それを誇らしげにPRされても・・・と勘ぐられること間違いなしです。



最近は就活を有利に進めるため、就活始動前にMOS資格などを取得することを必須化する女子大などもあるようですが、繰り返しになりますが、資格が内定の決定打にはならない、と思っておいてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、中央大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学経営学部、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ