元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

自己PR

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



さて、今日もエントリーシートについて。


今日はエントリーシート全体の話をします。


そもそもエントリーシートって、何のために書きますか?

内定を獲るため、書類選考に受かるため、次の選考である面接に進むため・・・

これらが正解です。


それではターゲットは誰ですか?

応募する企業の採用担当者ですね。


当たり前じゃないか、ふざけるな!と思われたかもしれません。



しかし、作成に悩む就活生は、ここを再認識してほしいのです。


たとえば、エントリーシートで「自己PR」が課されたとします。

その学生は体育会ラグビー部に所属しているので、セールスポイントを「タフな体力と精神力」と書いたとします。

そしてそれを裏付けるエピソード(毎日猛練習をしている等)を書いたとしましょう。


ちゃんとつながってますよね?


しかし、今ラグビーをやっているからといって、本来ビジネスに求められる体力・精神力は備わっていないかもしれないですよね。

競技でのプレッシャーとビジネスシーンでのプレッシャーのかかり具合は違うし、今朝から晩まで鍛えているから体力があるわけで、働き出したらトレーニングする時間なんてない。


実業団の選手のようなアスリートとして採用するならば、完全に一致するでしょうが、自分のPRとビジネスパーソンとして企業の求めているものとは、なかなか一致しないはずなのです。


でも、上記のような自己PRは、次の3つの理由で採用担当者にプラス評価で受け入れられます。

一つ目は体育会という本気の舞台で競技に取り組んでいることです。

草野球やサークルレベルとは明らかに本気度が違いますから、同じ競技をしていても、体育会でない学生とは差別化できます。

本気で一つのことに取り組んだ、というのは、醒めた学生が多い中で、エッジが立つPRになります。


二つ目は「もっともらしい」からです。

繰り返しになりますが、ラグビーをやっていたからといって、ビジネスパーソンとして必要な体力・精神力は備わっていないかもしれないが、相関性を感じることができるからです。


三つ目は過去の実績です。

何十年も新卒採用をしている企業ならば、体育会学生、ラグビー部出身者の採用の成否のデータがあるはずです。

一般学生よりも概ね体育会学生の方が、入社後の活躍度が高いと見ている場合、体育会学生の積極採用につながる、ということです。

実際、多くの企業がその傾向にあり、体育会学生を専門に扱う人材紹介会社も複数あって公募とは別枠で採用枠を持っていたりします。




今回はちょっと体育会学生を取り上げたので、その他大勢の就活生には響かないかもしれませんね。


ここで言いたいのは、エントリーシートは、大人、それも企業の採用担当者に対して、もっともらしい話を書かないとダメということです。

自分のPRした内容とその理由、エピソードにきちんと相関性があるかどうか、がポイント。


もちろん、いいエピソードを持っていても、文書力、表現力なども問われますから、何度も推敲してブラッシュアップして、大人が納得するものを仕上げてください。



これについては、一番いい方法があります。

自分の通う大学のキャリアセンターで添削をお願いすれば、そのレベルを確実に磨くことができます。

ぜひ自己解決するのではなく、キャリアセンターを積極的に活用してください。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/



さて、今日もエントリーシートについて。

エントリーシートでの鉄板課題は、下記の3つです。

①自己PR

②大学時代に力を入れたこと

③志望動機




それでは一つ一つ見ていきましょう。

今日も①自己PRについて解説します。


今回はイメージしやすいように、学生の多いケースを事例に挙げていきましょう。

「飲食店アルバイト」を取り上げてみます。


学生にありがちな凡庸な飲食店のバイトですが、採用担当者が響くポイントって、実は派手なエピソードではなくて、地道なものです。


たとえば、居酒屋のトイレ掃除。

酔って吐いた汚物を、本音は凄く嫌だけれども、後のお客様に快適に使ってもらいたいし、自分ならそういうのを放置する店には2度と行かないから、という想いで、すぐに片付けるようにした。

人が嫌がる仕事を、進んでやったようなエピソードは、興味を持ってもらえる可能性大です。


居酒屋で本日のお勧めメニューをガンガン売って在庫を空にした、という武勇伝もいいのですが、楽しい仕事はみんなノリに乗ってやりますよね?

でもゲロ掃除が好きな人はいないからこそ、凡庸の中でも光るのです。



いきなりですが、「5S」って知っていますか?

職場環境の維持改善で用いられる略語で、各職場において徹底しなければならない事項を次の5つにまとめたものです。

整理(せいり、Seiri) いらないものを捨てること
整頓(せいとん、Seiton) 決められた物を決められた場所に置き、いつでも取り出せる状態にしておくこと
清掃(せいそう、Seisou) 常に掃除をして、職場を清潔に保つこと
清潔(せいけつ、Seiketsu) 3S(上の整理・整頓・清掃)を維持すること
躾(しつけ、Shitsuke) 決められたルール・手順を正しく守る習慣をつけること

この掃除って、企業の5S活動に直結する話なので、ビジネスパーソンである採用担当者は響くのです。


同じアルバイトであっても、どこに着目して、どう書くべきか? によって、全然エントリーシートの通過率は変わってきます。

(エントリーシートについて、読売新聞に掲載された記事はこちら


以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/



さて、今日もエントリーシートについて。

エントリーシートでの鉄板課題は、下記の3つです。

①自己PR

②大学時代に力を入れたこと

③志望動機




それでは一つ一つ見ていきましょう。

今日から話を戻して、また①自己PRについて解説します。


自己PRについて、自分である程度、書けるようになってくると、ドンドンPRが強くなってしまう傾向があります。


たとえば、

「接客術とコミュニケーション力には絶対的な自信があります!!」

私はコンビニのレジのアルバイトを3年継続しており、老若男女を問わず、いろんな方に対して接客していました。顔なじみのお客さんも増えて、毎朝挨拶を交わす人もいます。このコンビニで培ったコミュニケーション力には自信があります。

といった具合です。



以前にもここで書きましたが、大人が、それも目の肥えた採用担当者が、そのPRとエピソードの整合性が合っていないと感じるものは×になります。


コンビニのレジ係って、バーコードを読んでるだけのように見えるけど、そんなに高いコミュニケーション能力が求められるの?

自信がある接客術とは?いったい何?よく来店する客に挨拶する程度ですよね?


これらの採用担当者のモヤモヤ、???を説明できるようなエピソードなら、このPRでも成り立ちますが、実際はそうではないですよね?


エントリーシートが通らないからといって、ついつい強めに書いてしまう傾向がありますが、それよりも大事なことがあります。

それは、そもそもPRしている内容が正しいのか、それを裏付けるエピソードがちゃんとあるか、を、客観的視点から見つめ直すことです。

具体的な方法としては自己判断せずに、ぜひ大学のキャリアセンターで添削を受けることをお勧めします。


もちろん、R大学の学生なら、私が無料で見てあげますよ。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/



さて、今日もエントリーシートについて。

エントリーシートでの鉄板課題は、下記の3つです。

①自己PR

②大学時代に力を入れたこと

③志望動機




それでは一つ一つ見ていきましょう。

今日も①自己PRについて、解説します。



前回、自己分析をし過ぎないことを述べさせていただきました。

(この意味がわからない人は、前回の記事を読んでください。)



それで自己PRを書く際には、自己分析よりももっと効果的なやり方があります。


それは「他己評価」、要は他人から自分のことを評価してもらうやり方です。


大学の友人でもアルバイト仲間でも家族でもいい、自分のことについて、いい面、悪い面をブレスト形式でドンドン出してもらうのです。

そしてその面について、なぜそう感じるのか、具体的なエピソードを教えてもらいます。


たとえば、「Aは真面目だよね」と評価されたとします。

そう感じたエピソードが「大学の講義さー、つまんなくて出席を強要しないものでも、ずっと休まず出続けてるじゃん。去年のあの雪が大量に降った時も、何とか大学まで辿り着けるように、普段の倍の時間かけて行ったんでしょ?凄いよね。」みたいな話をいただいたら、これで一つPRできる強みが見えてきます。



そもそも就活は自己完結できません。相手のある行為です。

自分本位で悶々と悩むよりは、思い切って周りからフィードバックを受けた方が、新たな気づきも得られるかもしれないし、上記のようにいい面・悪い面とその理由を教えてもらっておけば、自己PRの言葉にも説得力が出ます。



私は大学でたくさんの就活生の相談を受けますが、こちらの見立てと就活生のセールスポイントがずれていることが往々にしてあります。

就活のゴールは、意中の会社から内定を得ること。

だから相手に自分の良さを伝えなければなりませんが、その内容に違和感や認識にかい離があると、お祈りメールが大量に来る羽目になります。


たとえば、上記の例でいうと、「積極的で行動力があります」とPRしてみたとします。

「毎日ちゃんと大学に行って講義に出るのは、積極性が必要で、行動力までもが必要なのか?」と、採用担当者も首をかしげてしまうでしょう。


後頭部に付いたゴミに自分ではなかなか気づかないのと同様、こういった話は第三者の眼で見てもらう方がスムーズにいきますよね?


私の個人的な意見を述べさせていただくと、「自己分析<他己評価」くらいの感覚でいいと思います。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で

就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、

もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方は

ご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、

このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、

就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/



さて、今日もエントリーシートについて。

エントリーシートでの鉄板課題は、下記の3つです。

①自己PR

②大学時代に力を入れたこと

③志望動機




それでは一つ一つ見ていきましょう。

今日も①自己PRについて、解説します。



この時期に見られる光景です。

「自己PRが書けないのは、自己分析が足りないからだ!」と自分勝手に決めつけて、修行僧のように自己分析を究めようとする就活生がいます。


自分とはいったい何だ? 興味があることとは? そもそも働くとは何ぞや・・・

と、これでは哲学の世界に入り込んでしまいます(苦笑)。




新卒採用は、全くキャリアがないから、完全ポテンシャル採用です。


皆さんには完成形ではなく、伸びしろを期待しているのです。


だから、自己分析のやり過ぎで、「俺はこういう人間だ!」、「こういった価値観は絶対に譲れない」と凝り固まってしまう方が怖いのです。



幼少期から遡って自分を見つめ直す「ワークシート」をやるのも、自分に気づきを持たせる意味ではいいでしょう。

ただ、やり過ぎに注意してください。



そもそも自己分析をなぜするのか?


ちゃんと考えたことがありますか?


これはあくまで企業の採用選考を通過するためのものです。


これを忘れてしまうと、違う方向に行ってしまいます。



これも毎年よくある傾向ですが、就活中盤以降にお祈りメールが続くと、「自己分析が足りないから、内定が獲れないんだ!」と勘違いして、猛烈に自己分析を再開する就活生がいますが、それならば企業研究を徹底的にした方がいい。

なぜなら、相手企業への自分の熱い想いが伝わるからね。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で

就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、

もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方は

ご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、

このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、

就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ