元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

塾便り

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


製本表紙
製本表紙


出版社のホームページにもアップされました。



今回の本のターゲットは、「平凡な大学生」。

世に出回っている就活面接本って、凄い学生の話ばっかりで、そりゃー慶応で体育会なら、アピールするネタがたくさんあるだろうけど、俺には全くピンとこない、なんて意見が多かった。


そこで今回はマジョリティである「平凡な大学生」に徹底的に的を絞って、書いています。



イメージしてもらうために、今回思い切って目次を全て公開します。
 
●はじめに

「超強力な売り」があるわけでもない平凡な大学生であるあなたが、「これだけ貢献できます!」「即戦力です!」なアピールをしても、良いことは1つもありません。


第1章 あなたの「就活面接」術 実は間違いだらけ

●平凡な大学生が「売りが満載のエリート大学生」と同じ戦略で勝てるわけがない

●面接官は本当に「御社にこれだけ貢献できます!」を聞きたいのか?

●良かれと思って言っていたのに逆効果? その1「自己PR編」

●良かれと思って言っていたのに逆効果? その2「志望動機編」

●良かれと思って言っていたのに逆効果? その3「学生時代に頑張ったこと編」

●面接選考は「凄いことを言った者勝ち大会」ではない

第2章 これを知らなきゃ内定には絶対に近づけない

●数年前までとは大違い? 就活面接の最新傾向

●企業は面接の場で、学生の何を知りたいと思っているのか?

●優秀な学生=面接で評価される学生、ではない

●質問には必ず「面接官の本音」が隠されている

●話す内容はエントリーシートと同じでいいのか?

●知っているのと知らないとでは大違いな「回答の型」とは?

●話す内容に説得力を持たせるための「2つのコツ」とは?

●「嘘をつく、ハッタリをかます」はやるべきなのか?

●面接官を飽きさせないためには、回答の長さも重要

●面接官も人の子、評価誤差を活用せよ

●回答中にかなり厳しく見られている「回答内容以外」のこと①

●回答中にかなり厳しく見られている「回答内容以外」のこと②

●面接でアピールするべき「売り」とは何か?

●面接で勝つために行う「自己分析」のツボとコツ

●面接で勝つために行う「企業研究」のツボとコツ

●圧迫質問に有効な回答方法とは?

●「最後に質問は?」と問われたらどうする?

●「面接後のお礼状」は果たして有効なのか?

●それでも連戦連敗のあなたがすぐにやるべきことは?


第3章 「必ず聞かれる鉄板質問」 面接官が求めている回答は?

●自己PRしてください

Lアルバイトの話をベースにした自己PR

Lサークルの話をベースにした自己PR

L大学での勉強の話をベースにした自己PR

L「バイト・サークル・勉強」以外の課外活動をベースにした自己PR

L個人的な趣味の話をベースにした自己PR

L自身の信条・モットーをベースにした自己PR

●なぜ当社を志望しているのですか?

L金融業界を志望する場合

L小売・流通業界を志望する場合

Lメーカーを志望する場合

L商社を志望する場合

L旅行業界を志望する場合

L情報通信・IT業界を志望する場合

Lマスコミを志望する場合

●学生時代に頑張ったことは何ですか?

Lサークル活動

Lアルバイト

L大学での勉強

Lボランティア活動

Lその他(友人との付き合い)

●応募先企業を選ぶ基準は何ですか?

●当社の志望度はどれくらいですか?

●ここまで選考を通過した理由は何だと思いますか?

●他社の選考状況はいかがですか?

●当社から内定が出たらどうしますか?

●なぜ総合職を志望しているのですか?

●なぜ一般職(エリア総合職)を志望しているのですか?


第4章 「その他の頻出質問」 面接官が求めている回答は?

大学の勉強に関する質問

●大学ではどういった勉強をしていますか?

●卒論、卒業研究はどのようなテーマにするのですか?

●なぜ、今の大学・学部を選んだのですか?

●苦手な科目は何ですか?

課外活動に関する質問

●アルバイトの経験はありますか?

●サークル活動はしていますか?(している場合)

●サークル活動はしていますか?(していない場合)

●ボランティアの経験はありますか?

●大学時代に2番目に頑張ったことは何ですか?

性格・パーソナリティに関する質問

●あなたの長所を教えてください

●あなたの短所を教えてください

●あなたの趣味は何ですか?

●あなたの夢は何ですか?

●あなたは周りからどんな人だと言われますか?

●尊敬する人はいますか?

●同世代とは違う年代の方々との交流はありますか?

●友人は多い方ですか?

ストレス・体力に関する質問編

●あなたが今、克服したいことは何ですか?

●あなたはストレスに強いですか?

●体力に自信はありますか?

●今までで一番困難だったことは何ですか?

●あなたにとって苦手なタイプの人を教えてください

●持病や既往症、大病を患った経験はありますか?

考え方に関する質問編

●あなたの信条やモットーは何ですか?

●あなたにとって仕事とは何ですか?

●「ゆとり世代」と呼ばれることについて、どう思いますか?

●社会人と学生の違いは何だと思いますか?

仕事に関する質問編

●仕事とプライベート、どちらを重要視しますか?

●職場の雰囲気としごとのやりがい、どちらを優先しますか?

●転居を伴う転勤については、どう考えていますか?

●あなたにとって理想の上司とは?

●○○職で一番大切にしなければならないことは何ですか?

応募業界・応募企業に関する質問編

●今後、この業界はどうなると思いますか?

●当社の課題は何だと思いますか?

●当社のホームページを見た感想を聞かせてください。

●当社の説明会に参加した時の感想を聞かせてください。

●当社の印象は受験前と今ではどう変わりましたか?

一般常識・ニュースに関する質問編

●最近関心を持ったニュースは?

●最近読んだ本は?

●TPPについてどう思いますか?

●新卒入社でも3年で3割辞めることについて、どう思っていますか?

出題意図がとらえにくい質問編

●あなたを色に例えると何色ですか?

●あなた自身にキャッチコピーをつけるとしたら?

●面接官にあだなを付けてください。


第5章 「圧迫質問」はこう切り返す

●あなたは当社には合わないんじゃないですか?

●顔色が優れないようですが、大丈夫?

●希望する部署に配属されなかったら、どうしますか?

●もし当社の選考で不採用になったらどうしますか?

●当社の業務はクレームも多く、ストレスは半端ないですよ、大丈夫ですか?

●それだけ自己主張できるのならば、敵が多そうですね


質問に対する回答事例をちゃんと掲載していますので、悪いところだけ指摘して終わり、みたいな消化不良になることはありません。

そして抽象論は一切排除して、内定を獲るための具体的なノウハウに終始しています。



30日で内定をとる!という方法論なので、今の4年生でも充分に役立つと思っています。

今週末には書店に並ぶ予定ですので、ぜひ手にとっていただけると幸甚です。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/



久々の更新になります。1か月以上も更新が滞ってしまいました。

読者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。



原稿の執筆が無事終わり、あとは書店に並ぶのを待つのみ、です。


今回は渾身の一作ですので、内定がない4年生、これから就活に臨む3年生には

ぜひ手に取ってほしい、と思っています。




さて、今日はこの就活本について。

先日、さいたま市大宮区のジュンク堂書店に行ったら、就活コーナーは新刊で溢れていました。


一方の転職コーナーでは、新刊と呼べるものはごく少数。



就活と転職の両方の商業出版を果たした私から言えること。


就活本は

キャリアカウンセラーでなくても、

採用人事の経験がなくても、

大学のキャリアセンターで就活指導の経験がなくても、

誰でも書けるくらい敷居が低いのです。


あの池上彰さんも、営業コンサルタントも、経営コンサルタントも、元求人広告の営業マンも、私の就活自慢な人も、

つまり就活支援を業としていなくても出版できたりします。

(あえてここでは彼らをキャリア支援の素人と呼ばせていただきます。)


だから、就活コーナーは新刊で溢れるのです。




一方で転職本は、こういった素人では絶対に書けないですよね。

そもそも転職に関する深い造詣やスキルがない人が書いていないと、誰も手に取らないでしょう。



職歴のない、潜在能力で勝負する就活生相手だから、素人でも書いてOKなのです。

素人でも売れれば勝ちですから。




でも読み手はそうではないですよね。

内定をとるのに必死なはず。


仲間のキャリアカウンセラー達とよく話をしますが、就活本は

あまりにもヒドイ内容のものが多過ぎる、というのが共通認識。



かくいう私の今回の本も、出版社の意向が凄く強かったのですが、

何とか自分なりに納得できる範囲に収まった、と思っています。



素人には負けたくない、というのが、私の偽らざる本音。


さてさて、負け犬の遠吠えとなるか?


読者の皆さんには、ぜひ温かく見守ってください。





以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




久々の更新になります。1か月以上も更新が滞ってしまいました。

読者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。


今、就活本を書いていまして、ちょうど執筆のピークなのです。

9月には書店に並びますので、またここでお知らせいたしますね。





さて、今日は内定がない4年生について。

既に上位校で内定のない学生は、来期に再チャレンジする、と今期の就活を終えていらっしゃる方もいます。


でもこれって凄く危険です。


なぜかというと、来期に今以上のところから内定がもらえる可能性が、限りなく低いからです。



東大だろうと一橋だろうと、就職浪人は、明らかに不利。


収入面でもキャリア形成面でも、1年遅らせるメリットはほとんどない。


行きたい企業にこだわるのならば、さっさと意中でない会社であっても就職して、スキルを身につけてから転職することを考えた方が、私はいいと考えます。


実際に社会に出れば、見える景色も違ってきますしね。



あと、内定がないとか、あっても誰でも入れるような敷居の低い会社でそこに行くつもりが毛頭なく、まだ就活を続けていて苦戦している4年生も多いと思います。


この場合、今やるべきことは、第三者の力を借りることです。


一番いいのは、自分の大学のキャリアセンター。

私も今某大学で働いていますが、そこの大学生の就職を支援するのが目的で、いろいろ有益な情報を持っていますし、その大学の学生に合ったアドバイスをしてくれます。

自分の大学のキャリアカウンセラーとは合わない、嫌なことがあったので、関わりたくない、という場合、東京しごとセンター・ヤングコーナーとか、学生就職活動サポートセンターとか、私も参画していた(いる)ヤングキャリアセンター埼玉は、無料ですしカウンセラーのレベルも高いのでお勧めです。

個別にじっくり見てもらいたい、というのならば有料ですが、うちのような「就活塾」を利用するのも一手でしょう。



今、企業も3年生のインターンシップ受け入れに焦点がシフトしつつあります。

大手有名企業はゴールデンウィーク前後に内定出しを終えていますしね。



残された時間があまりないからこそ、我流ではなく第三者の力を借りてみてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/



さて、今日は全く別件になります。

いつもの就活ノウハウではないので、興味のない方は読み飛ばしてください。



本日1月11日の読売テレビの報道番組「かんさい情報ネット ten!」(16時48分~18時55分)に出演します。


現在の就活問題について、私が本音でコメントさせていただきつつ、実際に私が就活サポートをしている現場や塾生の取材などが放映される予定です。


関西圏の方はぜひ!




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/




さて、最近はエントリーシートの自己PRの作成方法について説明してきましたが、今日は少しコーヒーブレイク。


違うネタを書かせていただきます。



昨年末に就活支援の実態を取材いただき、1月4日の読売新聞朝刊(関西版)にその取材記事を掲載いただきました。

関西版なので、まだ私の手元にはないのですが(苦笑)、届き次第、ここで記事の概要を発表させていただければと思います。




実は、その反響が凄かった!

神戸や大阪からテレビの取材依頼や就活支援の依頼が、バンバン入ってきました。


元々、私が大阪生まれの大阪育ちということも影響しているのでしょうが、遠く離れた埼玉の事務所にアプローチいただけるのはうれしい限りです。


改めて、マスメディアの威力を体感させていただきました。



今回の取材協力をお願いしました、立命館大の女子学生の実話です。

私のところに依頼をする前に、他の就活支援機関に依頼していたそうなのですが、まずもってエントリーシートの指導が全然ダメだったとか。

自身で書いたものの添削をお願いしても、「直すところはない、全然OK」的な回答しか返ってこなかったとのこと。

そもそも自分で書いたものが通らないので、依頼したのに、これでは前に進めない、と不信感を募らせ、うちに相談したようなのです。


今やいろんな人が就活支援を行うようになりましたが、本当の意味でのプロは一握りでしょう。

ここでは割愛しますが、ほんとに笑っちゃうくらいの無茶苦茶なアドバイスをする人も多い。

内定を獲りたい一心で、就活生も無茶苦茶なアドバイスを信じちゃうんですね。



もしそういった民間の就活支援機関に相談したいな、と思ったら、次の3点をチェックしてみてください。


①キャリアカウンセラー資格、キャリアコンサルタント資格を保有しているかどうか?

 確かに資格がなくても、この仕事はできますが、資格を保有していないということは、最低限学んでおくべき知識や理論を保有していない証左と言えます。

 また、資格取得には一般的に数十万円と高額な費用かかりますが、これくらいの自己投資をしないということは、この仕事への本気度が足りないと思います。

 ちなみに、下記②のようなところに勤める場合は、この資格を保有していることが必須要件になっているのがほとんどです。



②大学の就職課や若年者就労支援施設などでの就活支援経験があるかどうか?

 実はこういった機関で働くのは、非常に難易度が高いのです。

 キャリアカウンセラー間でもこれらの場所での仕事は非常に人気があり、採用されるにはレベルの高い人同士で争われる、厳しいオーディションに勝ち抜かなければいけません。

 そもそも求人自体もそんなに多くないですから、余計に競争倍率が高くなっています。

 ちなみに、私が現在通っているR大学のオーディションは、10倍から20倍の間で、たった1名の枠に、10名から20名くらいのキャリアカウンセラーが応募して、実技を競った、と言えます。

 こういった機関で働くと、本業の就活生支援のスキルが蓄積されるのはもとより、今の学生の気質、志向や大学に来る求人のトレンドなどもつかめます。

 こういった公的機関での経験は、非常に有意義で貴重なので、この経験の有無もチェックしてみてください。



③企業での新卒採用経験があるかどうか?

 ここはみなさんよく勘違いするのですが、就活支援に関係がありそうな、求人広告営業の経験とか中途採用の経験とは全く違う話です。

 業務内容が全然違います。

 たとえば、某ナビサイトの新卒求人広告営業をやっている課長さんと懇意にさせていただいていますが、その課長さんはたまに合同説明会で相談ブースを任されることがあるそうです。

 大人として、人生・就活の先輩として、就活ビジネスに関わっているものとして、悩める就活生に簡易なアドバイスをしますが、やはり私は中谷さんのように専門家ではないので、そのアドバイスについては正直、自信を持てないケースもある、と断言されています。

 あの新卒採用シーンは、実際の企業の中に入って経験しないとわからない独特の雰囲気があります。

 逆にこの経験があれば、就活生に対して、企業が何を求めているのか、をしっかりと伝えることができると思います。




この3点を満たしていなくても、しっかりと実績を出していらっしゃる機関も複数あるでしょう。

それゆえに、これら全てを否定するつもりはありませんが、せっかく高額な費用と時間を使うのですから、真剣にシビアに選ぶことをお勧めします。



なお、自身が立ち上げた「就活塾」の存在や役割と矛盾するようですが、私は大学のキャリアセンター、就職課がきちんと機能していれば、こういった就活支援機関は必要ないとのスタンスです(だから、私はちゃんと大学のキャリアセンターでも教えているのですよ)。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で

就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、

もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方は

ご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、

このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、

就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ