元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

大学時代に頑張ったこと

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて、今日もエントリーシート(ES)について。

ここのところ、エントリーシートの添削三昧の日々を過ごしていますが、最近またよくあるケースに出会いました。


ガクチカ・ガクウチ、もしくは自己PRで出てくる、店舗での接客アルバイトのエピソードで、

「私の○○○○という取り組みの結果、リピート客が増え、売り上げアップにもつながりました。」

というヤツです。


まず○○○○という取り組みと、リピート客が増え、売り上げアップ、という因果関係がないケースが多い。


○○○○の部分の具体的な例をいうと、

・常に笑顔を絶やさずに接客した

→接客なら笑顔で対応するのは当たり前なことで、それでリピート客が増える、にはならないのでは?


・新商品が出る前に、それを行き返りの電車で復習して、誰よりも早く覚えるようにした

→そもそも発売前の商品の情報を、電車という公共の場で見られる可能性があるけれども、大丈夫?


・アルバイトでも売上の目標数字(ノルマ)を背負ってもらうようにした

→そもそもそれって、店長とか社員の仕事でしょ? そんな権限がアルバイトのあなたにあるの? 仮にあるとして、ノルマ未達の場合は、あなたが人事評価をして降格するわけ?




次に、店舗って、あなた一人ではないはずで、きっと複数のスタッフと働いていますよね?

たった一人のあなたの取り組み→店の売り上げUP、は、論理的に飛躍しすぎかと。


そもそも、店舗の売り上げUPの要因って、いろいろな要素がありますよね。

ロケーション(場所)だったり、ヒット商品の有無だったり、競合他社の動きだったり、価格だったり・・・

それを、あなただけの取り組みだけで、UPしたと堂々と語っていいのかどうか?




もし〆にどうしても結果・成果を書きたいのであれば、店舗の売り上げアップよりも、例えば、新人教育担当を任されたとか、仕入担当を任された、とかの方が、あなた自身のポジションだから、わかりやすいと思います。


例えば、

「アルバイトだからといって、私が休むと他のスタッフに迷惑がかかってしまうので、普段から体調やスケジュール管理を徹底し、無遅刻・無欠席と続けてきた、という取り組みが評価され、2年目からは新人教育担当を任されるようになりました。」

みたいなのだと、なるほど!!!と思うのです。

これだと責任感の強さや、安定感のアピールにもつながりますしね。


もし周りの協力とかが必要ない、といった他の要因がなくて、自分のチカラで切り開いた結果、個人成績が明白ならば、それを訴えればいい。

たとえば、

「▲▲という新商品を売るというアルバイトで、何時どこでやっても構わない、ということだったので、私はまずこれが売れるロケーションを考えました。そしてその次に販売する時間帯を考えました。~そこで○○○○という取り組みを実行した結果、約40人のアルバイトの中で、始めてからずっと1年間ベスト3位以内という成績を残すことができました。」

といった感じです。



でも、繰り返しになりますが、みんながやっている店舗系アルバイトって、複数のスタッフがいて、チームプレーでやることが多く、かつ売り上げのアップダウンの責任は、あなただけが背負っているはずではありませんよね?



なので「私のチカラで売り上げを上げた!!!」的な、誇大広告のごとく、盛りに盛って胡散臭く思われるよりは、等身大の自分を語る方が内定への近道だと、私は考えています。

(一応、私は万単位での就活支援者数がありますので、この主張は信用いただいていいかな、と思っています。)



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。



PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日は「大学時代に頑張ったこと」(ガクウチ・ガクチカ)について。

今回も私の著書の宣伝も兼ねて説明します。

(今回も宣伝がウザイ、という方は読み飛ばしてください。)


私の著書の

冒頭に、次のガクチカを掲載しています。

***************************************

「私が学生時代に頑張ったことは、野球です。

私は小学校2年生から野球一筋で、高校2年の春には、私のいた野球部が甲子園に出場を果たした、という誇るべき貴重な体験もしました。

そして大学入学と同時に、仲間たちと野球サークルを立ち上げまして、リーグ戦に勝つことを目標にして練習に励んでいます。

私自身、グラウンドでの全体練習がない時は、筋トレや素振り100回などの自主練習にも積極的に取り組んでいます。

私はキャプテンと部長を兼務していて、持ち前のリーダーシップを発揮してチーム全体をまとめて、昨年の秋のリーグ戦では優勝に導くことができました。

このリーダーシップを社会人になっても発揮してきたいと思っています。

***************************************


これを読んでみて皆さん、いかがでしょうか?

パッと読んで、

・小学校2年生から野球を続けており、甲子園に出場した実績は誰もが凄いとわかる

・素振り100回など自主練習にも積極的に励んでいる

・今はキャプテンと部長を兼務していて、優勝という結果を出しているのも凄い

って理由から、良さげに思いませんか?




でも採用担当者って、きっと下記のような見方をしています。

・甲子園に出たのは、そもそもこの人の力によるものかがわからないため、実はそれほどのアピールにはならない。

・そこまで野球に熱い想いがあるのに、なぜ体育会で野球をやらないのか?

・サークルレベルで「自主練習を頑張った」アピールされても、全然響かない。

・サークルレベルでキャプテンと部長を兼務という役職自慢をされても、説得力は今ひとつ

・リーダーシップを発揮したシーンの詳細が見えないので、実際に備わっているのかがわからない

・ついでに言うと、リーグ戦優勝がどれだけ凄いのかがわからない(全4チームくらいかも)



スポーツを前面に出す学生がやりがちなのは、その成果や凄さアピール。

ここでは「甲子園出場」ですが、プロ野球に入るわけではないので、競技者・アスリートとしての凄さをPRしても、効果的とは言えません。


ましてや今、大学生ですからね。

いつまで高校時代の栄光にすがっているのか?と。



さも自分がチームをけん引して、全国大会でチームを優勝に導いた、みたいな実績が、本当に事実だったらドンドンPRすべきでしょう(そういったけん引できるリーダータイプは、謙虚さをわきまえていて、全てが自分の手柄、みたいなことを主張しないです)。

しかし、大抵はそうではなく、盛りに盛った内容になっている場合が多いのです。


例えば、ベンチ入りしているだけ、少ししか試合に出たことがない、みたいな選手が、優勝した!全国制覇した!と声高にPRする。

でもこういった大袈裟を言えば言うほど、採用担当に穿って見られますよ。



今回も私の著書を引用しながら、ありがちな件について説明しました。


ガクチカ・ガクウチの作成にあたり、私の著書(ここは宣伝です)も含め、本ブログが役立つことができれば、と思います。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 



 



 


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

今、提出のピークを迎えていると思いますが、エントリーシートは最初が肝心。

まず絶対的に自信が持てる鉄板(自己PR、ガクチカ・ガクウチ)を早めに仕上げること、これを最優先に考えてください。



それで今回のテーマ、「落ちるエントリーシートの典型的なものとは?」です。


これっていったい、何だと思いますか?


先に答えを言うと、「設問の意図とずれている」ということになります。



例えば、「学生時代に頑張ったこと」(ガクチカ)について。

学生時代、という定義を拡大解釈し、高校時代のことを書いてしまうケース。


例えば、

「私は高校時代、部活を頑張りました。

全国大会出場を目標にして、日々練習に励みました。

高校3年生では、副キャプテンを務め、部を引っ張る存在でした。

・・・・

この経験から、努力を続ければ、必ず結果に結びつく、ということを学びました。」

といったような。



一般的に

高校生は「生徒」、

大学生は「学生」、

と定義されています。


つまり、

「学生時代に頑張ったこと」=「大学時代に頑張ったこと」

となります。


仮にこの定義に縛られないとしましょう。

(学生時代は高校時代のことも含んでいい、とアドバイスをするキャリアカウンセラーもいるようなので。)


では、エントリーシートでガクチカが課された場合に、今の大学ではなくて古い高校のことを書くことを、わざわざ選んで書く正当な理由がありますか?



これに対する反論が、

「いやいや、大学で頑張ったことはないけれども、高校ではあるからですよ。」だととすると、

大学で成長していない、ってみなされないでしょうか?


3年以上も前の話を中心に持ってこられても・・・

大学時代って結構時間もあるはずだし、何やってたの?

高校で燃え尽きた?

って、穿って見られる危険性が高いということなんです。






ありがちな例をもう一つ示すと、「志望動機」が「自己PR」になってしまっているケース。


志望動機はわかりやすくいうと、相手に対するラヴレターをロジカルにわかりやすく書かなければいけないのです。


それなのに、

「私はサークルやアルバイトで、これこれこういう大変厳しい経験をしたり、こういった役職を任されたりして、忍耐力や責任感の強さには自信があります。この強さを貴社でも生かしていきたいです。」的な内容を、志望動機の欄に大きなスペースを割いて書いてしまうのです。


例えるならば、「俺って凄いだろ? 君は俺と付き合え!」って感じです。


でなくて、

「君にはこれこれこういった魅力があり、また君の話の中にあった、これこれこういった点に共感でき、私の目指すべき方向が合っている。ぜひ私とお付き合いいだきたい。」といった表現にしないと。


こういった自分の思い込みと、エントリーシート提出先との認識のズレが、祈られ続ける結果につながるのです。



こういった症状が続く前に、早め早めに自身の通う大学のキャリアセンターなどに相談に行って、就活の専門家やキャリアカウンセラーの意見を聞いてズレのないものを仕上げてください。

(大学によっては、機能していないキャリアセンターや間違った指導をするキャリアカウンセラーもいるようです。そういった場合は、私のところのような有料のところに頼ることも検討ください。)



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



今日も具体例を用いて「大学時代に頑張ったこと」について、取り上げます。


私はゼミ長としてメンバーをまとめるように頑張りました。就任時にはメンバーの親睦を深めるため、飲み会の企画に取り組み、幹事を務めました。飲み会当日はメンバー一人一人に積極的に声をかけるなどし、場を盛り上げました。この結果、ゼミ内に団結力が生まれて、ゼミの運営がうまくいきました。


前々回は、ゼミ長はいいのだけれども、そのゼミ(組織)の大きさなどを具体化することを提案し、前回ではその取り組み内容についての改善方法を述べました。



今日は最後に、「流れているか?」について、説明したいと思います。



①飲み会をした。 → ゼミ内に団結力が生まれて、ゼミの運営がうまくいった。

この因果関係って、正しいですか?


飲み会って、単にゼミ生同士が仲良くなるきっかけに過ぎないですよね?



②飲み会の幹事経験 → リーダーシップを磨くことができた。

最後に体得したことで〆るって、就活ノウハウ丸出しですね。

みんなワンパターンで、同じようなことを書いています。


果たしてこれがリーダーシップと言えるのかどうか?




この文書がスラスラ流れるかどうか?って、非常に大事です。

違和感がある、無理がある等のエントリーシートは、やはり選考通過に悪影響が出ます。



何か大きいことを言わないといけない妄想があるようで、このような飛躍した文書になるんですね。


そうすると、流れないのです。


以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




更新が滞ってしまいました。すいません。

前回、前々回に続いて、「大学時代に頑張ったこと」について、取り上げます。


私はゼミ長としてメンバーをまとめるように頑張りました。就任時にはメンバーの親睦を深めるため、飲み会の企画に取り組み、幹事を務めました。飲み会当日はメンバー一人一人に積極的に声をかけるなどし、場を盛り上げました。この結果、ゼミ内に団結力が生まれて、ゼミの運営がうまくいきました。この経験から私は、リーダーシップを磨くことができました。

前回は、ゼミ長はいいのだけれども、そのゼミ(組織)の大きさなどを具体化することを提案しました。


今日はその取り組みについて。

ゼミ長が飲み会の企画、幹事って、決して間違っていなくておかしくないのですが、そのままPRするとショボいですよね?


で、同じエピソードでも深さを出すとしたら、


なぜ親睦を深める必要があったのか?

たとえば、外国人も社会人も多くて、個性豊かなゼミ生ばかりだったので、ゼミ生同士がうまく交わらなかったから。


なぜ飲み会なのか?

どうしても教室では堅苦しくなってしまう。場を変えて、お酒や食事の力も借りることで、円滑にコミュニケーションが図れると考えたから。


そこでの工夫は?

席を決めるとそのテーブル内でコミュニケーションが完結してしまう。だから敢えて、流動的にコミュニケーションが図れる立食形式にした。


みたいな話を盛り込んでいくと、訴求力が高まること間違いなしです。


(次回に続く)



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大大学、神戸大学、大阪産業大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ