元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

大学時代に頑張ったこと

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




今日は昨日と一昨日の続きです。「大学時代に頑張ったこと」について、取り上げます。


私はゼミ長としてメンバーをまとめるように頑張りました。就任時にはメンバーの親睦を深めるため、飲み会の企画に取り組み、幹事を務めました。飲み会当日はメンバー一人一人に積極的に声をかけるなどし、場を盛り上げました。この結果、ゼミ内に団結力が生まれて、ゼミの運営がうまくいきました。この経験から私は、リーダーシップを磨くことができました。

昨日はこのありがちな話をダメ出ししました。


それではどのように改善すればいいか?を説明していきます。

ゼミ長を務めたことをメインに持ってくるのは、いいと思います。

ただし、昨日も申したとおり、所属するゼミが、少人数ゼミか、もしくは大きなゼミか、それによってゼミ長の凄さが違ってきますよね?


私を含めて3名のゼミの中で、私はゼミ長を務めていました。

100名を超えるゼミ生が集うゼミの長を務めていました。


この文書だけ見ると、前者と後者、どちらがPR力が強いか、おわかりかと思います。



ただし、後者であっても、中身がしょぼくては仕方がありません。

前者であってもリカバリーは充分可能です。


まずはそのゼミ(組織)の大きさなどを具体化してみてはいかがでしょうか?

(次回に続く)



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




今日は昨日の続きです。「大学時代に頑張ったこと」について、取り上げます。


昨日、よくありがちな事例を示しました。

私はゼミ長としてメンバーをまとめるように頑張りました。就任時にはメンバーの親睦を深めるため、飲み会の企画に取り組み、幹事を務めました。飲み会当日はメンバー一人一人に積極的に声をかけるなどし、場を盛り上げました。この結果、ゼミ内に団結力が生まれて、ゼミの運営がうまくいきました。この経験から私は、リーダーシップを磨くことができました。

しかし、これでは厳しい就活戦線は勝ち抜けないと書きました。

それを今日説明しますね。



この文書で感じ取られることは、次の点です。


①ゼミ長を務めたことが凄いと思っている。

確かに何にも売りがないよりはいいですが、ゼミの構成人数や専攻内容、教授の指導方針などによって、この評価が大きく変化します。

たとえば、3人しかいないゼミで、ゼミ長を務めた!と声高にPRされても・・・ね。

私が支援したW大の2013年度就活生は、ゼミの構成員はたった一人だったとか。


特に文系のゼミは、そもそもそんなに勉強していない、というバイアスがかかっていますから、ゼミ長のPRがどこまで通用するか?です。

このバイアスを打ち返すだけの説明が必要になります。



②取り組んだ内容がショボい

飲み会を企画し当日幹事を務めた、というのが、この就活生の自主的な取り組みのようなのですが、みなさんどう思いますか?

凡庸な印象を持ちませんか?

そんなのどこのゼミだってやってるでしょうからね。

他にゼミ長として主体的に取り組んだことないのかな?と。



③因果関係が不明

飲み会でゼミのメンバー一人一人に声掛けをしたことが、ゼミ全体の団結力につながり、ゼミの運営がうまくいった、と一見つながっているように見えますが、果たしてそうでしょうか?

確かにビジネスの場でも飲みニケーションは大事ですが・・・



④最後のまとめが痛い

このエピソードで、リーダーシップを磨くことができた、は言い過ぎでしょう。

ゼミ長なので「リーダーシップ」がキーワードとして出てくるのは、決しておかしくないのですが、内容とリンクしていません。



日本語としては間違っていません。一見正しそうです。

競争率の低い企業への応募は別として、みなさんが応募するような人気企業に対して、このまま出すのは、厳しいと思います。


「ほんなら、どー書くねん?」

と突っ込まれるの必至なので、次回この件について、最適解を説明したいと思います。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




今日は話を戻して、「大学時代に頑張ったこと」について、取り上げましょう。


自身が本当に頑張ったことがあるのならば、就活上の社会通念から外れていない限り、何を中心に持ってきても構いません。


たとえば、

・ナンパに励み、100人ゲットすることに成功した。

・キャバクラのキャストでNo1になった。

・今付き合っている彼氏(彼女)との恋愛、フラれてもフラれてもアタックして、付き合うことに成功した。

というのは、今の大学生にとって決してあってもおかしくない話です。


しかし、これらは(ごく一部の業種、職種を除いて)就活上の社会通念から外れていると考えます。


リクルーター面接くらいならば、軽いタッチで伝えれば、おもしろいヤツと評価してもらえるかもしれませんが、頭のお固い採用人事や役員クラスの面接では、通用しないと考えるべきでしょう。



それなので、アルバイトやサークル、ボランティア、ゼミ、インターンシップといったありがちなものに着地するのはやむを得ないと思います。



要はその内容です。

自主性や主体性、積極性、協調性など、企業が求めるものを採用担当者にしっかりと伝えることができるかどうか?




よく見かけるのが、「~取り組みました。」、「~頑張りました。」のオンパレードなもの。


私はゼミ長としてメンバーをまとめるように頑張りました。就任時にはメンバーの親睦を深めるため、飲み会の企画に取り組み、幹事を務めました。飲み会当日はメンバー一人一人に積極的に声をかけるなどし、場を盛り上げました。この結果、ゼミ内に団結力が生まれて、ゼミの運営がうまくいきました。この経験から私は、リーダーシップを磨くことができました。

上記の例は、本当によく見かける話です。


文書としてはとりあえず成り立っていますが、しかし、これでは厳しい就活戦線は勝ち抜けません。


おそらく就活生の思考回路の中には、「ゼミ長」という記号がもの凄いPRになる、というのがあるので、こういった話になるのでしょう。

(これは「サークルの部長」も同じです。)


役職はあった方がいいでしょうが、ポイントはやはりその中身です。



ちょっと長くなりましたので、次回説明しますね。





以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



今日も昨日の延長で、実際の面接シーンであった話を。


私がある企業の人事部長として新卒採用を行っていた3年前の頃の話です。

定番の質問「大学時代に頑張ったこと」を就活生にぶつけてみました。


私:「大学時代に頑張ったことは?」

男子学生B:「就活です!!!」

私:「ほう、就活ですか?どのように頑張ったの?」

男子学生B:「はい、企業にエントリーしたり、エントリーシートをたくさん書いたり、いろいろと頑張りました」

私:「・・・」

「で、今までどれだけの企業にエントリーしたの?」

男子学生B:「10社ですかね」

私:「・・・」

「で、その中で内定は?」

男子学生B:「今のところ、まだ内定はありません」

私:「・・・」



前回と違い、今回はなぜ私が「・・・」となったか、わかりやすいので、おわかりになりますよね。



この質問に対して、就活と回答すること、

10社と大してやっていないこと、

内定がないというように全く結果が出ていないこと、

と突っ込みどころ満載で、みなさん笑うかもしれませんが、実は就活生がよく陥りやすい話なのです。



ここで欠けているのは、何だと思いますか?



そうです、「客観性」です。



温室育ちの草食系男子であれば、自身の中では、本当に就活を頑張ったかもしれない。

でも、採用担当者はそうは見ませんよね?


チャレンジの数も少ない、結果も出ていない、そもそも「大学時代に頑張ったこと」が就活でいいのか?という点についても、自身の勝手な思い込み、独りよがりになってしまっています。


本人は必死なのでしょうが、このように「客観性」が欠落していて、大きくズレてしまうことが多々あります。

それなので、まずは自分の通う大学のキャリアセンターに相談に行くことを勧めています。

利用は無料ですし自分の大学の学生には何とか応えようという、熱い志があるはずです。

それでもしっくりこない、という場合は、私どものような支援機関を活用すれば、よろしいかと思います。


ところで今日、日経新聞で報道されていましたが、

学生500人に講師1人 この就活塾大丈夫?

というような、少人数制を採用している私達と全く違うところもあるようなので、支援機関を活用する場合は、よく考えて決めてくださいね。

(N新聞は就活をサポートする事業者に対して、快く思っていらっしゃらないようです。うちのように真面目にやっている業者に対して、記事の悪影響が及ばないよう、祈る次第です。)



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



早いところは既に面接も始まっていますね。


今日はコーヒーブレイクで、ほほえましい話を。


私がある企業の人事部長として新卒採用を行っていた3年前の頃の話です。

定番の質問「大学時代に頑張ったこと」を就活生にぶつけてみました。


私:「大学時代に頑張ったことは?」

女子大生A:「インターンシップです!」

私:「ほう、インターンシップですか?いつ、どのような企業にインターンに行ったのですか?」

女子大生A:「はい、3年の夏休みに2週間、○○市役所に行き、3年の冬休みに1週間、ITベンチャーのインターンシップに行きました!」

私:「・・・」



なぜ私が「・・・」となったか、おわかりになりますか?



下記に解説しますね。


①インターンシップ先が、私が人事部長を務めていた企業の事業内容(卸売業)と全く接点がない。

②インターンシップ先から想定するに、公務員志望?ベンチャー企業志望?インターンシップ先の業界のばらつきが大き過ぎる。

③大学時代に頑張ったことをPRするには、トータルで3週間では期間が短すぎる。

ということです。



たとえば、①のように接点がなくても、②のようにばらつきが大きくても、

「私は役所やベンチャー企業という、いわば真逆なところで職業体験をしましたが、そこで私はやはり、○○○○○○○○○○○ということに改めて気づかされたために、貴社の業界を目指しています。」

的な話で応募企業につながるフォローならありでしょう。


また、③については、以前このブログで書いたとおり、1000日近く大学で過ごしてきて、たった3週間21日の出来事をPRするのは、弱いと感じてしまいます。

同じ3週間でも、もっと過酷で厳しいエピソードだったら、ありかな?と思います。

なかなか例示が難しいのですが、大学内でも有名な、参加者の半分以上途中でリタイアする厳しい研究合宿を乗り越えたエピソードとか。

大学1年生からの勉強 → 研究室入所 → 研究合宿

と「点」ではなく、「線」でつながりますしね。


以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ