元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

企業研究

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて、昨日まではグループディスカッション(GD)について、説明しました。


今日は、ガラッと変わって企業選びのポイントを。


「いまさら企業選び?」と言われそうですが、短期間で企業を見極めるのって、かなり難しいですよね。


ブラック企業と言われるような、労働条件が良くない企業にわざわざ行くことはない、という価値観は共有できると思いますが、ブラック企業であっても、ブラックとは言わないまでも、あまり処遇が良くない会社であっても、マイナビやリクナビの採用ページでは、絶対にいいことしか書いていません。


今、選考が進んでいて、企業との接点が多くなっていますが、その接点の中で、企業選びの際に最も重視しべき「人を大事にする会社かどうか?」を見極めるポイントを(私の独断と偏見も交えながら)、伝えていきたいと思います。


*******************************************

ちょっと宣伝です。

2月中旬になった今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************


<採用シーンから垣間見れる、人を大事にしない企業の特徴>


説明会にすら参加できない

企業説明会は、仮に採用にいたらなかったとしても、その企業や商品、サービスを知ってもらえるチャンスです。

特にBtoC企業では、将来その学生がお客様になる(もしくは既になっている)のですから、興味を抱いている学生達に対しては、できうる限り誠心誠意尽くすべきと考えます。

そういったことが企業内で共有できていないのか、人事部は学生に対して強気に出ることがあります。

人員確保や予算の問題があるにせよ、ESやテストが通過しないと参加できない、予約が取れない、といったシステムにして、バサッと切り捨てるのは、果たして人を大事する企業と言えるでしょうか? 



書類選考は外注に投げている

最初のES選考において、実はその企業の採用担当が全くESを見ていない、というケースがあります。

大量に来るので、外注先にふるい分けを依頼しているのです。

皆さん、このやり方に承諾するボタンを押したり、個人情報の扱いの書類にサインしているから、選考に進んでいるのですね。

(逆に承諾のボタンを押したり、書類にサインしないと、受験できない仕組みになっています。)

上記のようにESが通らないと、説明会に参加できない、としたら、その企業の採用担当と全く接点が持てないで落ちる、って何だか腑に落ちない感じがしませんか?



グループ面接のやり方が粗雑

例えば、10対1と、大勢の学生に対して、少ない面接官。

質問は2個だけ。それも10秒、30秒で回答しろ、と。

こんなので自分のことをわかってもらえるのか? と不審に感じることでしょう。

グループ面接を課すのはいいのですが、大勢だったり時間があまりにも短い、というのは、人を大事にしない傾向が見えてきます。



サイレントお祈り

不採用の通知はやはり欲しいというのが、学生側の大半の意向。

しかし、企業側からしたら、お祈りメール、お祈り手紙を送るのも、結構面倒。

企業側の論理で、サイレントお祈りをするのでしょうが、やはりこの行為は、人を大事にする、ようには見えないです。



離職率の公表を避ける

「就職四季報」は、学生の皆さんが知りたい情報が満載で秀逸だと思っています。

で、この書籍にもありますが、離職率を公表しない企業って、どうなんだろう? と思ってしまいます。

また、そういった質問とかに対しても、受け付けない、といった雰囲気の企業。

かえって勘ぐってしまいますよね。

新卒応援ハローワークの求人に3年以内の離職率について掲載するように、みたいな動きがありますが、入ってから辞める人が多いのを知って会社のことを嫌になる、なんてのはお互い不幸と思います。



圧迫面接をする

ストレス耐性を見るため、とのお題目を掲げて、圧迫面接をする企業がありますが、そもそもこのやり方って有益&効果的でしょうか?

学生がその企業を嫌になる、といった逆効果になっていることの方が多いように感じます。

もちろん、鋭く詰問する、というのは、面接シーンではありですが、理不尽なことや揚げ足をとるようなことを言って、プレッシャーをかけるここととは、全く違います。



人財ではなく、人材と表記している

これは暴論かもしれませんが、例えば「人材開発室」と表記する企業と、「人財開発室」と表記する企業では、人に対する向き合い方やスタンスが違うと、私は考えます。

人は、材料なのか、財産なのか、立った一文字でも、言葉の持つ意味は大きい。




今回は、恒久的で王道的なものではなく、むしろ私の独断と偏見が混じった考えですが、あながち外れていないと思っています。


新卒就活は一生に一度しかありません。

あえて働きづらい会社に入社する必要はありません。


今の採用シーンにおいて、ぜひ自分の感性を働かせて、自分が働くべき会社なのか? という判断をしっかりしていただければと思います。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日は「志望動機」について。

今回も私の著書の宣伝も兼ねて説明します。

(今回も宣伝がウザイ、という方は読み飛ばしてください。)


私の著書の

冒頭に、次のメガバンク向けの志望動機を掲載しています。

***************************************

「お金は我々の日常生活に必要不可欠なものであり、また血流に例えられるように、この流れを止めると我々の経済は死んでしまいます。

それなので、私はこの重要な役割を担っている金融業界に魅力を感じています。

この業界の中でもメガバンクを選んだのは、支店の多さや体力面の強靭さから、保有するネットワークやリソースを活かせば、お客様に合った金融ソリューションを提案できると考えたからです。

その中でも御行は、セミナーや懇親会において御社の人事担当者様や若手社員の方々が優しく接してくださり、こちらの質問にも丁寧かつ真剣に回答いただくなど、人間的な魅力を感じたため、ぜひ私も御行の行員の方々のような人間になりたいと思い志望しました。

***************************************


これを読んでみて皆さん、いかがでしょうか?

パッと読んで、

・金融業界を志望する理由から、メガバンクを志望する理由、そして応募先銀行を志望する理由と、スムースにつながっている

・セミナーや懇親会というリアルな体験で感じたことを元にしているため、応募先銀行を志望する理由がはっきりしている

・行員の方々に人間的な魅力があることをアピールすることで、応募先銀行を良く思っていることをつたえている

って理由から、良さげに思いませんか?




でも採用担当者って、きっと下記のような見方をしています。

・ネットワークやリソース、ソリューションといった横文字は、抽象的な域を出ずに、ちゃんと理解して使用しているのか? が怪しく感じる。

・セミナーや懇親会で、就活生に優しく接したり、質問に対して丁寧かつ真剣に回答するのは当たり前のことで、どこも必死にやっている。これが当行でなければならない理由ではない。

・リアル体験を持ち出すのはいいが、そのリアルに接した内容のどこに魅力を感じたのか、具体的に語らないと、その場の雰囲気に流されやすい学生と見られてしまう。



よく「みん就」や就活本の志望動機のサンプルを、アレンジして使う学生がいますが、そうすると上記のようなものになってしまいます。


できた!!!と思っていても、何万通も応募が殺到する採用担当から見ると、他の就活生と被ったり、似たようなものになっていますよ。




今回も私の著書を引用しながら、ありがちな件について説明しました。


志望動機の作成にあたり、私の著書(ここは宣伝です)も含め、本ブログが役立つことができれば、と思います。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 



 



 


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日は企業研究の一環として、巷で話題の「ブラック企業」をどう見極めるか?について、説明したいと思います。


「ブラック企業」の定義が定まらない中で、それをどう見極めるか?は正直難しい。

たとえば、終身雇用を前提にしているエスタブリッシュな企業と、リクルートに代表されるようなベンチャーマインドを持った企業とは、キャリアゴールという点では、全く対極しているポジションにあります。


安定したところで長く働きたい、という志向の就活生が、後者の企業に入ったら、きっと「うちはブラック企業だ!」と騒ぎ出すことでしょう。

逆にいつか自分で起業したい、という夢を持っていたり、若いうちから仕事を任されたい、と思っている人にとっては、前者の企業で働くことは苦痛の何物でもありません。


今ここで何がブラック企業であるか?を論じるつもりはありませんが、ご自身の志向やライフスタイルに合わない企業で働くとなると、いろいろと厳しいことが多いと思います。


さて、それをどう見極めるか?ですが、一般的によく言われているのが、会社説明会や企業セミナーに参加して見極めるというもの。

もちろん一理ありますし、就活においてこのような「リアル感」は大事です。


ある企業調査会社のノウハウでは、「企業に潜入したら、トイレをよく見ろ!」なんて言います。

「トイレがきれいな会社は、ちゃんとしている。」みたいな尺度があるようです。


しかし、従業員に優しくないオーナー社長なんかだと、自社ビルは俺のもの、という感覚が強くて、従業員に徹底的にトイレ掃除させて汚れていたらつるし上げる、ってところもあります。

必ずしもトイレがきれいで行き届いていたら、ブラックではない、ということではありません。

(ちなみに、これは私の実体験に基づいています。)



また会社説明会や企業セミナーも「自社をいかに良く見せるか?」を念頭に置いて入念に準備しています。

ビジュアルが冴え、弁の立つ若手社員に語らせるとか。

実際の働いている姿を見れるわけではないので、決まりきった会社説明会や企業セミナーで、本当のところは見極めにくいでしょう。

(ちなみに、これも私の実体験に基づいています。)

だから、志望動機に「貴社の説明会で従業員の方々が親切丁寧に対応いただき・・・」なんて盛り込む就活生もいますが、(もしかしたら)思いっきり相手の思う壺にハマっているかもしれませんね。


*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************

リアルな接点でいえば、やはりOBOG訪問でしょう。

企業でOBOGを紹介してくれなくても、大学のキャリアセンターで斡旋してくれる場合もあります。

諦めずに伝手を探してOBOGに会い、情報を聴きだすことは効果的です。



次にネットの情報。

真贋を見極めるチカラが必要ですが、定番の「みんしゅう」や「転職会議」などは、運営母体がしっかりしていることもあって、口コミ情報の信頼度はネット上では高いと感じます。

真偽が怪しい、悪口や批判ばかりの掲示板は、参考程度にとどめておきましょう。



最後に専門家に聞くことです。

自分が通う大学のキャリアセンターのキャリアカウンセラー・相談員に、自身の志向を伝え応募先企業と会っているか?変な噂がないか、などの情報を聞いてみることをお勧めします。

我々のような業者もきちんとアドバイスできますが、有料になりますので・・・ね。



いずれにせよ、自身の志望する働き方に合っている企業なのかどうか、の見極めは大事です。


最近話題になりましたが、某女子大のトップ自身が乗り出して、具体的な企業名を出して「ホワイト」と判定したのを見ましたが、その中には我々の中では有名な「ブラック企業」もありましたよ(苦笑)。

●●指標とか女性の管理職が・・・とか、素人が判定すると、こうなってしまう典型例かな、と思います。


ぜひ自身に合うかどうか、をしっかり判断してください。


以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS 今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



さて、今日は企業研究の方法の最後になります。


前回まで具体的な企業情報の収集法を述べました。

しかし、せっかく集めた情報も有効活用しないと、単なるデータです。


そこで収集した情報の、どこをどう見ればいいのか?について、説明したいと思います。


逆説的になりますが、会社の調査方法がわかったとして、いったい何を見ればいいのか?という点については、自身がこれから働く上で譲れない要件を、優先順位を付けてから、見ていきます。

たとえば、最近の就活生に多い志向である、「長く勤めたい」という要件。

JRといった鉄道会社などのインフラ系会社ならばその志向に合うでしょうが、リクルートのように定年まで働くことを是としない会社は合わないのは明白です。

このようにJRやリクルートといった有名企業であれば誰もが知るところですが、そうでない場合は、前述の「媒体」を探し、それで知りたい情報が出てこないようならば、その会社に「リアル」に接して聞いていくという流れになります。



また「地元で働きたい」のであれば、「媒体」で事業展開している地域が限定されている地場企業を探す、会社との「リアル」な接触により転勤回数の多さを確認する、という行動を起こすことになります。



「やりたい仕事がしたい」のならば、会社説明会に参加し、それに就くキャリアパスの有無やそこまでの道のりを質問すれば、きちんと教えてもらえます。


このようにまず先に自身の要件を自分の中で定義しておけば、会社を調べる際のチェックポイントがはっきりします。


その後は、前述の「媒体」×「リアル」の方法を愚直に実行するだけで、効率的で間違いのない選び方ができます。


繰り返しになりますが、ただ漠然と収集した会社情報を眺めても何も得られません、自身の設けた定規とその会社情報を照らし合わせていくことが何よりも大切になります。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



さて、今日も企業研究の方法の続きです。

前回までに口コミサイトと企業リサーチ会社、出版をご紹介しました。


今日はリアルな収集法の話。

実は下記に述べるリアルな方法こそが、有益な会社情報を収集する最高の手段なのです。


私が重視しているリアルな会社情報の集め方を3つ説明します。


まず一つ目は、OB・OG訪問や会社説明会への参加です。

実際に入社したら一緒に働くのですから、その会社の社員の方々とリアルに接することはとても大切です。

会社説明会は杓子定規的なところが多いのでなかなか本当の姿が見えにくいですが、OB・OG訪問となると、オフレコレベルの話を聞き出すことが可能ですので、私は就活生に強くお勧めしています。



次に、大学のキャリアセンターにおける情報収集です。

最近はナビサイトが就活手段の全盛なので、なかなか大学のキャリアセンターに就活生が寄り付かないのですが、OB・OGの動向や企業の評判など、長年蓄積した生でリアルなデータがたくさんあります。

大学職員や所属のキャリアカウンセラーに聞けば、信頼できる詳細な情報が集まります。

私自身、現役のR大学のキャリアカウンセラーなので、強くこれを推したいと思います。

キャリアセンターに行けば、就職に関する有益な情報がこれでもか!というくらい溢れていますよ。



最後に、実際に店舗や会社に行ってみることです。

会社説明会では見えない、素のその会社の姿が見えてきます。

販売会社ならば、その社員の方からいろいろと企業の現況や、その方自身の仕事のやりがい、なぜその会社を選んだのか?といった情報を入手できることもあります。


以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ