元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

企業研究

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



さて、今日も企業研究の方法の続きです。

昨日は口コミサイトをご紹介しました。


今日は信頼のおける媒体の話。

「日系テレコン21」などの企業リサーチ会社の情報があります。

個人でアカウントを得るとなると、とんでもない料金が必要になりますが、おそらく大半の大学がこのような信用調査会社と法人契約していて、学生であってもこの情報を閲覧できるはずです。

私が教えているR大学でも、ここと契約しています。

わからなければ、自身の通う大学の図書館の司書さんとかに聞いてみるといいでしょう。


これは企業名で検索すると、調べたい会社の日経新聞の掲載記事のバックナンバーも簡単に収集できますので、非常に便利で有意義なのですが、あまりその存在を知らないのか、就活生の活用が盛んではありません。

ググるよりも非常に有益な情報を得られるので、活用しないのは非常にもったいない!

ぜひ自身の大学に活用可能か、聞いてみてください。



これに関連しますが、会社情報の書籍版で、就活生向けの「就職四季報」は非常にお勧めな媒体です。

 
就活生の知りたい本音の部分、たとえば3年後離職率や給与、有休消化などが、掲載項目としてあります。

 
更に女子版は、女子特有の知りたい情報がぎっしり掲載されています。


ただし、これらをきちんと情報開示をしない会社があったり、掲載企業数が限定されているのが難です。

本屋さんでパラパラとめくってみて、自身がエントリーしようと思った会社の名前などが多数掲載されているようならば、購入してもよいと思います。

また、大抵の大学のキャリアセンターには、これを備えていますから、買わなくても閲覧できます。




今回は信頼性の高い媒体を案内しました。

(次回に続く)





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



さて、今日は最近問い合わせが多い、企業研究の方法になります。

今やいろいろな媒体があるので、どれをどのように活用すれば企業の情報を知れるのか?ピンとこない学生の方が多いのではないでしょうか?


ほとんどの就活生は、マイナビやリクナビといったナビサイトを操作しているうちに、興味を持った会社の存在を知ることでしょう。

しかし、このナビサイトは、サイト運営会社に広告費を払う仕組みで成り立っていますので、スポンサーである会社の求人広告には美辞麗句のオンパレードで、いいことしか書いていません。

間違っても、当社はブラック企業です、という情報は載せませんよ。

ブラック企業であっても、サイトに掲載されている社員の写真は皆、にこやかですし、会社のPRやキャッチフレーズなども素敵なものばかりですから、素人目には絶対に判別できません。



もちろん、ナビサイトの情報は大事です。

しかしそれだけでは、企業の情報は少ないですよね。

そこで皆さんはその後にその会社の社名でググって、「自社ホームページ」や「Facebook」のページを閲覧していると思います。



今回(以降)は、それ以外の有益な方法をお教えしましょう。

デジタルネイティブ世代にとって、身近なものといえば、ネット掲示板や口コミサイト。

たとえば、楽天が運営する「みんなの就職活動日記」は掲載されている情報の精度が比較的高く、またリブセンスが運営する「転職会議」といった企業の口コミサイトは、中小企業の情報にも触れていることがあり、有用と言えます。

ただし、ネットは書き込みをされている人の主観が反映される場所なので、盲目的に信じることはご法度、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

(このテーマは次回に続きます。)



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも試みたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ