元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

就活都市伝説

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もグループディスカッション(GD)について。

昨日、一昨日の続きになりますので、初めてここに来た方は以前の記事を読んでからの方が、理解が深まると思います。

一昨日は、多くの企業がグループディスカッションを採用する理由を、

そして昨日は、評価のポイント、企業側は就活生のどこを見ているのか?

という点について説明しました。



今日は、グループディスカッションの役割について、整理しておきましょう。


GDにおける役割決めは議論を進める上でセオリーなのですが、型にハマりパターンかしつつあるので、「役割を決めないでください」なんてルールを課すところもあります。

しかし、こういったケースはまだまだ稀有。


ここでは役割決めをする前提で、説明していきます。



まずは

リーダー

役割としては、討論のまとめ役や進行役、グループの代表者を担います。


リーダー役を任されると、確かに目立ちますし、うまく議論を回せることができれば、他のメンバーよりも高評価がもらえる可能性が高い、と言えます。

一方で、うまく進行できない、まとめられない、となると、リーダーのせいでグループ全体が没落する危険性もあります。



リーダーは目立つけれども、上手く回せないと、グループ全体をダメにする。

その責任を負ってでもやれる!という人で、議論慣れしている人には、この役割をお勧めします。



よくあるのですが、

サークルの代表をやっていたので、俺はリーダー、というのは、グループディスカッションにおいては違います。

GDのリーダーに求められる一番のスキルは、議論を円滑に回せるかどうか?なので、勘違いしないように。



次に

タイムキーパー

議論の進行の時間を計測する役です。


個人的な見解ですが、この役を担ったからといって、評価にはつながらない、と考えます。

ほとんどが、「何分前です」「何分経過しました」みたいなアナウンスを流すだけ。

時計とにらめっこするのだったら、役職を担わずに一メンバーとして議論に積極的に参加した方が、よっぽど評価につながることでしょう。


何か役割担わなきゃ、という強迫観念から、この役割に立候補する人が多いように見えますが、そんなのは気にせずに、もっと発言することに重点を置いてみてはいかがでしょうか?



続いて

書記

議論の内容を文書等で、正確にまとめていく役です。

この役割は、お勧めする場合とお勧めしない場合があります。


お勧めする場合

ホワイトボードに書く、模造紙に書くなど、みんなで情報を共有できるような場合の書記


みんなの注目を浴びるし、面接官も見るので、まとめ方や表記の工夫などをアピールすることができます。

話すのはあまり得意でない、けれども書くのは得意、ノートをまとめるのがうまい、みたいな人には最適でしょう。


お勧めしない場合

自分のノートや配布された用紙に書き込む場合の書記


下を向いて粛々と議論の内容を書いても、誰も見ないのならば、その努力は無意味になってしまいます。

また一生懸命、正確に議事を録ったとしても、後でその議事録を使用することはありません。


グループディスカッションは、議論に参加してナンボの世界です。

下を向いてペンを走らせているのは、あまり議論に参加していないとみなされる危険性が高いのです。



続いて

発表者

グループの代表として、みんなの意見を発表する役です。


GDの内容にもよりますが、最後にグループの意見をまとめて発表してください、という場合に、この役割が必要になってきます。

議論が低調でも、このプレゼンがうまくできたら、一発逆転が狙えます。


独創的なアイデアを出したりするのは苦手だけれども、人前で話すのが得意な人、もしくはあまりこういった場で話すことに緊張しない人に、お勧めです。

なお、何となく流れでリーダーがそのままこの役を担う場合がありますが、これではリーダーだけが目立つということになりますので、この役割は独立させておくのが、ベターと思います。



最後に、役割に就かないと評価されない、というのは、都市伝説だと思っておいてください。

確かに役割に就いてその使命をうまく全うできたならば、評価につながるでしょうが、そもそも向いていないのに、背伸びして役割を担う、というのは、効果的ではありません。


一介のメンバーであっても、自身の発言の的確性、適時性や聴く姿勢、仲間を思いやる姿勢など、ちゃんとしていれば、必ず評価につながります。


自分にとって役割を担う方がいいのかどうか、担うならば何の役割がいいのか、よく検討してみてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日はエントリーシートについて。

就活解禁日が間近になり、大学や支援機関においてエントリーシートの作成講座などが盛んになってきましたね。


それで最近就活生から受けた質問です。

(毎年、同じことを聞かれますが・・・)


「エントリーシートで強調して伝えたいことを、太字にしたり、下線を引いたり、色を変えたり、マーカーを引いたりしたら、受かった、って先輩に聞いたんですけど、こういったやり方ってどうですか?」

これらは原則NGです。


全くフリーフォーマットのエントリーシート、たとえば枠だけあって「あなたを自由に表現してください。写真やイラストなどを使っても構いません。」的なものなら、逆にこのような強調が必要でしょう。

が、一般的なものであれば、きちんと文書で表現してPRすべきです。

違うやり方でPRするのは、外す危険性が高いといえます。


実際、私が人事部長を務めていた際にこういったエントリーシートを目にしたことがありますが、稚拙かつかえって見辛い、という印象を抱いたことがあります。



毎年「○○というやり方をしたら、採用になった」的な、就活都市伝説が流布されますが、それが全ての勝因ではないはず。

惑わされないようにしてください。



話を戻しますが、ちゃんと文書で書くべきところなのに、このような装飾を施すことで、マイナスになることが多い、と理解しておいてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。

一方2015年度は、日本女子大学、立命館大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。




就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/



ケータイで撮ったので、画質が悪くてすいません。


2013091508430000


2013091508430001


実物が手に入りました。

今月20日には書店に並ぶので、ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日の本題。

4年生の就活について。



先週の木曜日に、まだこれから会社説明会があるという企業の求人情報を、リクナビ上で1200件超チェックしました。

いわゆる「ブラック企業」と呼ばれているような企業もありますが、優良企業の求人情報も多数ありました。



秋採用の求人枠は春よりも少ないですが、まだまだ内定のチャンスはあります。



希望の業界や企業に入れないからといって、既に就職浪人を決めた学生もいます。

また心が折れて就活をやめてしまった学生もいます。


今、自分自身で就活時期を遅らせることはあまり有意義ではありませんし、リスクが高すぎます。


浪人、留年や就活を止めたブランクをプラス方向に持っていくのは、はっきり言って至難の業。

採用人事も決して評価しません。


たとえば、浪人、留年の場合。

「御社で働きたい気持ちが強かったため、一年浪人して今回臨んでいます!」

留学なり、勉強なり、浪人期間に面接官を唸らせるほどの、成長の足跡がPRできればいいのですが、通常はこのような気持ちアピールで終わりでしょう。

そもそも人気企業ならば、みんな入りたい!という強い気持ちで臨んでくるのだから、浪人をわざわざ採用する必要を感じない。


なので、もし行きたい企業や業界の志望度が高いのならば、志望度が高くない企業でも、そこでしっかり働いて、転職で狙うという方法もあります。

働きながら新卒3年枠を使う手もある。



つまり、浪人、留年を決め込んでいる人は、ぜひ秋採用に向けて就活を再開してほしいと思っているのです。



大学受験のように学力を上げれば、志望校入試を突破できる、という単純なものではないのが、就活。

なので、時間軸を長くすれば、よくなる、というものではなく、前述のとおり、かえって悪化するリスクの方が高い。



今年の就活を既に諦めた人は、今すぐ就活を再開してみてください。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学に所属していたキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



内定をゲットする塾生も増えてきましたし、応募を締め切った企業も多くなってきました。

今、ピークを迎えていますが、コマ数を減らさずに、目の前の選考に尽力してください。




さて、今日も面接について。

「当社に貢献できるか?」を面接官は見ているのだから、「○○という理由から、私は御社に貢献でいます!」と回答するのが、よいという人がいらっしゃいます。


果たしてそうでしょうか?


働いた経験がなくて(アルバイトレベルの話は別)、そもそもビジネススキルを持ち合わせていない学生が、「御社に貢献できます!」と堂々と言って評価されるのでしょうか?


厳密にいうと、「貢献できるかどうか?」ではなく、「貢献してくれそうかどうか?」を面接官は見ています。


だから、素直さとか真面目さとか吸収力とか、その点の方が評価が高い。

今、既に完成されている学生は逆に伸びしろがないでしょう。



「貢献できます!」と言って、評価される学生はそうはいないと思います。

その応募先企業において、インターンやアルバイトで輝かしい実績や成果を残した場合のみかと。


体育会学生で優秀な競技成績を残していようが、帰国子女で語学ができようが、応募先企業で仕事ができるのとは、まったく別の話です。


体育会で培ったタフネスは、確かに仕事で役立ちそうですが、やはり「貢献できる」ではなく、「貢献してくれそう」の域を出ていません。


帰国子女の語学力は、確かに仕事で役立ちそうですが、やはり「貢献できる」ではなく、「貢献してくれそう」の域を出ていません。

語学力はあくまで仕事を進めるツールに過ぎませんから。



自身いいと思ったことが、かえってマイナスになる場合もあります。


客観的に見て、特に大人、社会人、面接官から見て、通用する内容なのか?をよく考えてみてください。


判断に迷ったら自身の通う大学のキャリアセンターを活用すべきです。

自分の大学のキャリアセンターはアテにならない、のでしたら、他の機関を活用すればいいだけのこと。


大人の眼で見てもらうようにしてください。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学に所属していたキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



内定をゲットする塾生も増えてきましたし、応募を締め切った企業も多くなってきました。

今、ピークを迎えていますが、コマ数を減らさずに、目の前の選考に尽力してください。



さて、今日も面接について。


これも毎年よくある質問です。

「入社意欲を習字にしたためて、面接官に見せたら、サークルの先輩が受かった、と言っていますので、私も同じようにやりたいのですが?」

「応募先企業の商品パンフレットを持ち込んで、こんなに集めました!とPRしたいのですが、いかがですか?」

「○○大会の賞状を見せて、アピールしたのですが?」


私は基本的に全てNGと考えます。


こういったプレゼンブック(自分のことをPRする資料のこと)を、面接会場に持ち込み、実際の面接シーンでこれを使ってアピールしていいのは、事前の面接官の許可があった場合のみです。


勝手にやったら、かえってマイナス評価につながります。


面接には決まった型があります。

一部の就活生だけに対して、違うやり方でのPR手法を許したならば、他の学生との均衡がとれなくなります。



もちろん、絶対にダメと言っているわけではなく、ちゃんと事前に採用担当に承諾を得ておいてくださいね、ということです。


この手のやり方を推奨する就活本もあるようですが、ちゃんと口頭でコミュニケーションし、PRできるようにするのが優先です。



なお、さらに突っ込んでいうと、

「入社意欲を習字にしたためて、面接官に見せたら、サークルの先輩が受かった、と言っていますので、私も同じようにやりたいのですが?」

は、明らかに「ウケ狙い」になりますので、エスタブリッシュな企業では、墓穴を掘る可能性が高いでしょう。

受かったのは、これが功を奏したのではなく、他の要因がよかったのかもしれません。


次に、

「応募先企業の商品パンフレットを持ち込んで、こんなに集めました!とPRしたいのですが、いかがですか?」について。

商品パンフレットはたった一部でも、いくらコストがかかっているか?把握していますか?

購入しない人が集めるのは、かえって迷惑行為に当たらないか?ということです。

車好きが、買う気もないのに新車のパンフレットを片っ端から収集するケースと似ています。



「○○大会の賞状を見せて、アピールしたのですが?」は、その実績を口頭で伝えればいいだけなのに、さらに書類で証明しようとする行為について、逆に面接官に勘ぐられないか?

もしくはそればっかりのPRに固執してしまわないか?という点が懸念されます。


持ち込み自由、自分を3分でPRしてください、的なものも多いですが、それとは明らかに「通常の面接」は違います。


自分なりにしっかりとPRしたつもりが、かえってネガティブ要素になる、ということがありますので、プレゼンブックの持ち込みは、原則やめておくべきと考えます。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ