元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

就活都市伝説

大学所属のキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




さて、今日もグループディスカッション(GD)についてです。



今日のテーマは、グループディスカッションにおいて役職に就くべきかどうか?です。


これにはいろいろな考え方がありますし、就活都市伝説的な話も蔓延っていますので、私なりにここで整理しておきたいと思います。



先に結論から言いますと、

①役職には就かないよりは就いた方がいい

②しかし、自分に合わない役職を担うのは危険

③評価に値しない役職もある


の3つがポイントです。



まず【①役職には就かないよりは就いた方がいい】について。

グループディスカッションが始まると、採用担当者は通常、席次表に書かれた学生の氏名の近くに役職を書き込みます。

リーダー、司会、ファシリエイター

書記

タイムキーパー

発表者

などが一般的な役職で、それをそのまま書き記します。


単なる1メンバー、参加者よりは、その役職を書いてもらった方がPR度は高くなるでしょう。



しかし【②しかし、自分に合わない役職を担うのは危険】があります。

たとえば、リーダータイプではないのに張り切ってその役割を買って出て、議論をうまく回し切れないシーンを、私は何度も目にしてきました。

既にGDを何度か経験している就活生も、同じような体験をしていると思います。


GDにおいて一番重要なのは、やはり「リーダー、司会、ファシリエイター」なのです。

その器がないのに、このポジションを獲ってしまうと、自身だけでなくメンバー全員が不採用になる危険性があります。

普段からゼミや研究室等でこのような討論・議論に慣れていない人は、無理しない方がよろしいかと思います。


まとめると「リーダー、司会、ファシリエイター」は注目度も高いけれども、上手くいかなかった場合は失望感も大きい、ということになります。



その他の役職もそうです。

上手く文書化できない人が書記になったらどうでしょう?

時間にルーズな人がタイムキーパーになったら?

人前で話すのが極度に苦手な人が発表者を担うことになったら?


役職に就いた方が印象に残る、は真実ですが、その役割をこなせなかった場合は、一発レッドカードである、ということを認識しておいてください。



最後に【③評価に値しない役職もある】に触れておきます。

たとえば、タイムキーパー。

「5分前です!」と決められた時間きっかりに合いの手を入れたとして、高評価につながることはまずありません。

みんな時計は持っていますし、議論を進めていくうえで、さほどこの役割は重要ではない、ということです。


しかし、タイムキーパーを引き受けた側は議論に積極的に参加するよりも、時間管理に集中してしまいます。


書記が文字を書くのに必死になるのも、同じ現象です。



リーダー、発表者はうまくこなせると、やはり高評価につながります。



もちろん、タイムキーパー、書記でもうまくPRする方法はありますよ。
(これは次回以降で説明します。)



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。


**********************************************

近々、さいたま市大宮区で、グループディスカッション対策を数回行います。

グループディスカッションは、なかなか練習できないし、そもそも何が悪いのか?すらわからない。

当日は2回模擬練習をして、個別に徹底的にフィードバックします。

半日の講座で、塾生は無料、一般参加者は5250円となります。

参加希望の方は、info@shu-katu.net にタイトルに「グループディスカッション対策参加希望」と書き、本文に①氏名、②大学・学部名、③メールアドレス、④携帯電話を書いて送ってください。

後ほど、こちらからスケジュールやお手続きを返送いたします。

**********************************************



さて、今日もグループディスカッション(GD)についてです。



前回までに【GDに臨む心構え5か条】その1、その2、その3を説明しました。


今日は、その4です。



その4

役割に就かなければ評価が下がる、というものでもない。

自分のポジションをきちんと理解して臨めばいい。


よくリーダーをやれば目立つし、リーダーを自ら買って出た積極性が高く評価されるだろう、と思っている就活生がいますが、決してそうではありません。


議論を回せないリーダーだと、そのグループ全体が不採用になる危険性があります。


一人しか採用しない、という会社であれば、確かに自身が誰よりも目立つことも必要になってくるでしょう。


しかし、複数を採用するのであれば、企業はリーダータイプばかりは採用しません。

目立たない裏方的な人物だって採用します。


俺が俺が、のリーダータイプばかりでは、組織が成り立ちませんよね?

リーダー的存在でなくても地道に会社を支える縁の下の力持ち的な存在や組織運営を円滑に進める潤滑油的な存在、トップにブレインとして指南する参謀的な存在などは、当然採用の対象になります。


リーダシップが企業ウケすると勘違いして、自身が背伸びしても無理は禁物です。


自身に合った、地に足の着いたポジションで、きちんと役割を果たせばいいだけの話です。


たとえ役職に就かなくても、メンバーとしてきちんと自分の意見を主張できれば、これだけでも十分評価の対象ですよ。


この手の情報が錯乱していますが、上記をヒントに考え直していただければ幸いです。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。






さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学政経学部、中央大学商学部、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学経営学部、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



さて、今日も就活の都市伝説的な話。



大学指定の履歴書やエントリーシートには、たいてい資格を記入する欄があります。


「空欄だと寂しいけれども、自動車免許くらいしか書くことがない。

でも私の友人は、FP3級とか秘書検定3級とか持っていて、ちゃんと資格とっておけばと後悔しています。」

って、よく耳にしたりします。



結論から言うと、資格が内定の決定打になることはないです。


あった方がマシというレベルでしょう。


ましてや3級以下のレベルとなると(企業によりますが)、あえて書かない方がよいという場合も出てくるでしょう。




資格を全面的な売りにしていくとなると、非常に難易度の高いものに限られます。

士業でいうと、いわゆる公認会計士、税理士、司法書士クラスです。



同じ士業でも社会保険労務士や行政書士レベルは、売りにならないと考えておく方が無難かと思います。


これらと近い難易度の宅建は、不動産業界を目指す場合のみ、多少プラスに見てもらえる可能性があるでしょう。




それなので、難易度の低い資格取得しかない場合は、枠を埋めるために書く、しかしそれは売りにならないことを念頭に置いて書くべきです。



それよりももっと危険なのは、よくわからん資格を書いて自身の売りにすること。

認知度の乏しい民間資格を前面に打ち出したとしても、話のネタにはなるかもしれませんが、マイナス要因になる危険性があることは理解しておいてください。


たとえば、コミュニケーション力を売りにしたいがために、

一般社団法人コミュ力協会認定 コミュニケーションスキル(中級)資格取得

と誇らしげに書いて、自己PR欄に「コミュニケーション力には自信があります。資格を取ったからです。」的な話をされても、採用担当者は評価しないでしょう。


このように誰も知らないような資格、ましてや民間ライセンスとなると、情弱ゆえに怪しいのにひっかかったのでは?それを誇らしげにPRされても・・・と勘ぐられること間違いなしです。



最近は就活を有利に進めるため、就活始動前にMOS資格などを取得することを必須化する女子大などもあるようですが、繰り返しになりますが、資格が内定の決定打にはならない、と思っておいてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、中央大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学経営学部、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。


さて、今日も就活の都市伝説的な話。


企業の志望度合いの話です。

よく「当社の志望順位は?」とか「当社の志望度合いは?」、「当社は第一志望ですか?」と聞かれることがあります。


この場合、何と答えるのがベストなのか?


これは就活生にとって永遠の疑問かと思います。



何でもかんでも第一志望と伝えるのがいいのか?

無理に御社第一志望と言った結果、後で嘘だと見破られたり、厳しく突っ込まれたりしてかえってマイナス評価にならないか?

やっぱり、正直に言うのが正しいのか?

いろいろと悩むところかと思います。


これを分析すると、次のパターンに分かれます。

<パターン1>その企業を第一志望としている場合

<パターン2>第一志望としていないが、志望度が高い場合

<パターン3>第一志望としておらず、志望度も低い場合


解説していきましょう。

パターン1は、「御社第一志望です!」と威風堂々とPRすれば何ら問題ありません。



問題は、パターン2と3です。


パターン2は、正直に話すのであれば、「今はまだ第一志望とは言えませんが、志望度の高い企業であることは間違いありません。」と言い切るのがいいでしょう。

ただし、この発言をするには、タイミングの問題もあります。

就活終盤にも関わらず、この発言をすると拙いのはおわかりでしょう。

就活の早い段階での発言は許容されます、要はタイミングも大事ってことです。


もう一つ、応募企業の立ち位置もあります。

超人気企業であれば、志望度がはっきりしないと、そこで落選ということも現実にあります。

某通信キャリアとかね。

この場合「御社第一志望です!」と言わないと、次の選考に進めないと肝に銘じておいてください。


最後にパターン3です。

滑り止め的な存在であれば、無理をすることなく、自身の気持ちを正直に伝えておくことがベストだと考えます。

もちろん、正直に伝えるからといって、「滑り止めです」、「志望度は低いです」という人はいないでしょう。

当然、大人の言い回しは必要です。

たとえば、「まだ業界研究や企業研究中ですので、自分の意志がはっきり固まっていない状況で志望度を申し上げることは、かえって失礼と思います。ただし、先日の説明会にも参加させていただき、この面接の場にも臨んでおりますので、興味がある企業であることは間違いありません。」的な言い回しです。



まとめになります。

この質問に対しては、「自身の今の想いを正直に丁寧に説明すれば大丈夫」と指導される方もいらっしゃいますが、それでは通用しないこともあるということ。

時期の問題もありますが、「御社第一志望です!」と言い切らないと、前に進むことができない企業もあるのです。

この場合、「嘘も方便」で行くのか、正直に偽らざる気持ちを伝えるか、は自身でよく吟味して回答してください。

(あくまで個人的な考えの域を出ませんが、私は「嘘も方便」的な対処は必要だと考えます。)



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、中央大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学経営学部、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



さて、今日も就活の都市伝説的な話。


一昨年、私がサポートしていた東京●●大学の男子学生の話です。


彼はちょうどこの時期に、午前と午後に別々の会社説明会の予約を入れていました。


午前の部がほぼ定刻どおりに終わり、山手線で移動しようとしたところ、人身事故で若干遅れが出ていました。


遅延証明をもらって、たった2分遅れでしたが、何とか午後の会場にたどり着いて、受付の人に遅延証明を見せるも、会場には入れてくれませんでした。


「ルールだから」の一点張りだったそうです。





厳しいように感じた方も多いかと思いますが、これが現実です。


少しの遅れならば認めてくれるところもあるでしょうが、例外と考えておいた方がよいと思います。




特に大手、人気企業は、最初の段階では落とすために選考しているわけです。

その労力をできるだけ省きたいので、このような明確なルール違反(この場合、遅刻)の学生は、そのまま落とせるためにうってつけと言えます。



不可抗力なのに、ちゃんと遅延証明があるのに、云々は、採用現場では通用しないシーンがあるということは、念頭に置いておいてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、中央大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学経営学部、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ