元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

就活全般

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もグループディスカッション(GD)について。

昨日の続きになりますので、初めてここに来た方は昨日の記事を読んでからの方が、理解が深まると思います。

で昨日は、多くの企業がグループディスカッションを採用する理由を説明しました。


それで今日は、企業側は就活生のどこを見ているのか?という評価のポイントについて説明します。

グループディスカッションにおいて、ある企業は、

「チームワーク(協調性)」

「積極性」

「コミュニケーション能力」

「論理的思考力」

の4つを軸についてチェックするといいます。

これは特定の企業だけでなく、どこも大体同じチェックポイントだと思います。

特に上2つの「チームワーク(協調性)」と「積極性」は、質問されたら回答する、という受動的要素の強い通常の「面接」と違って、自らが行動しなければ、何も得られません。

議論の場ですから、まず自らが発言しないと、全く話になりませんよね?

かといって、あまり周りの意見を聞かずに、自分の言いたいことを主張するだけ、みたいなのは、協調性に欠ける、と見限られて秒殺されること必至でしょう。

要は「協調性」と「積極性」のバランスが大事。

行動面でいうと、周りの意見も聞き入れつつも、自分の主張もしっかりできる、というのが、ベストなのです。



そして次の「コミュニケーション能力」。

これはみんな勘違いしています。

いかに饒舌に、スラスラと話せるか?ではありません。

相手にきちんと主張や意見を伝えることができるか?です。

大勢の議論の中ですから、多少軽い口調だろうが、ラフな感じだろうが、そんなのは構わない。

それよりも、「伝える」ことです。



もう一つ大事なこと。

ちゃんと人の話を聞く、ということ。

ここでは「聞く」→「聴く」でいいと思います。

聴いていなければ、流れについていけないし、トンチンカンな発言してしまって、秒殺になります。

面接官は聴く態度もしっかり見ていますので、ぜひ気をつけてください。


最後に「論理的思考力」。

この4つ目は企業によって、チェックする軸が違うケースもあります。

たとえば、

課題解決の課題だったら、「課題解決力」。

新商品開発の提案みたいな課題だったら、「独創性・発想力」。

みたいな軸をチェックするでしょう。




繰り返しになりますが、私がここで一番伝えたいのが、「協調性」と「積極性」のバランスです。

周りに溶け込み調和しながらも、自分の主張や意見を堂々と語れる、これこそがグループディスカッション合格の最大のカギです。

聴き手に回り過ぎてもダメ、自己主張が強過ぎてもダメ、と認識しておいてください。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日はグループディスカッション(GD)について。

もう既に書類選考の次のステージであるGDが始まっていますね。


それで、今日からはグループディスカッションについてのノウハウを述べていきたいと思います。


実はグループディスカッションについて、セミナーしたり個別支援するのは、難しい。

就活サポートの中で、最も難しいと言い切れると思います。


というのも、

①参加するメンバーに大きく影響される、

②そもそも課されるテーマがわからない、

③企業の評価ポイントが見えにくい、

といった点がありますからね。


たとえば、①②③ごとに具体例を説明すると、

①結構優秀な学生なのに、たまたまもっと優秀な学生がいるグループに入ってしまい、キャラが被ってしまった。

空気が読めない就活生が、場をグチャグチャにした。


②過去の出題をおさえ、業界研究、企業研究をしたのにもかからわず、これらが全く役に立たない課題が出題された。


③リーダー役を買って出て、うまく議論を回したつもりなのに、なぜか祈られた。

って、ことがGDの現場では毎年起こり得るのです。



いくら私が個別にいいアドバイスしたとても、もっと凄いヤツがいたら勝てないケースもあるし、準備を怠らなかったとしても、全く関係のないテーマが課されてしまったら元も子もなく、更に自分では役割を全うしたつもりのに、評価されない、ってことがありますから。



企業で採用経験のない就活コンサルタントなんかだと、グループディスカッション選考突破のコツは、

「メンバーみんなで協力して、みんなで受かろうという気持ちが最も大事」

なんて、わけのわからない指導をしていたりします。



そもそも何で企業がGDを課すか、理解していますか?

私は次の3つがあると思っています。

 ①個別面接は「絶対性」であるが、GDは初対面で、かつライバルでもある学生と協力し取り組まなければならず、その「相対性」を見て評価をしたいから。

②他の学生たちと課題解決や意見集約をする、そのプロセスや関わり方、方法等をチェックしたいから。
(採用担当者も経験している、社内や取引先等との『会議』形式の方が、評価しやすい面あるから。)

③『会議』で必要なチームワーク、自己主張力、論理的思考力、最後まで諦めない力、そして人としてのモラルやマナー等があるかを確認したいから。


こういったポイントをおさせずに、みんなで受かろうという気持ちが大事なんだ、なんて勘違いするから、毎回祈られるのです。



GDは採用選考の一部です。受かるか落ちるか、二者択一の世界。

みんなで協力して議論が盛り上がり、結論がまとまればみんなが受かる、なんてあり得ません。


厳選採用の中、隣の就活生を踏み台にして、自分が一つでも上にいかないと受からない。


曲がった学校の徒競走のように、みんなで手とつないでみんなで一緒にゴール、みたいな発想は、就活選考では一切ありません。


では、どうすればいいか?をこの先で、丁寧に説明していきたいと思います。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、 中谷(なかや)です。


さて、今日もエントリーシートについて。

先日、相談者からあった質問です。
 「エントリーシートの複数の設問には、同じことを書いて一本筋を通して押す方がいいと聞いたのですが、どうですか?」

説明すると、たとえば「自己PR」と「ガクチカ」といった設問に、自分が一番自信のあるエピソードを重複して書く、ということのようです。


 「自己PR」

私の強みは、体育会ラグビー部で培った忍耐力です。

 (以下、ラグビー部での大変さをアピールするエピソード)

この強みを社会人になっても生かしていきたいです。



 「ガクチカ」

私が学生時代に力を入れたことは、体育会ラグビー部の部活動です。

 (以下、ラグビー部の概要やその中での役割、取り組んだことエピソード)



私はこのやり方を勧めていません。

同じことの重複でクドいし、正直それしかないのか、と思ってしまうからです。


このパターンで押す学生は、たいてい

 趣味:ラグビー

 特技:ラグビー

資格:ラグビー審判員資格4級    ※このような資格があるかはわかりません。

 みたいなものにしてしまい、ラグビー連呼のエントリーシートになってしまいます。
 

もちろん、一つのことを極めるために、全力で励んでいる、というのは、素晴らしいことです。


しかし、一途に熱中したこと以外にも、きっと魅力やパーソナリティを語ることはできるはずです。

 この例でいうと「ガクチカ」はラグビーの部活でいいと思いますが、「自己PR」は自己申告の世界ですので、他のエピソードを持ってくるのが有効だと考えます。

この学生の場合、ラグビー以外の側面を伝えることができるわけですから。 そのエピソードは、ゼミでも勉強でも、交友・家族関係でもいいと思います。

地味でもあなたの魅力やパーソナリティを伝えられればいいのです。


エントリーシートは複数の設問がありますから、全体を意識しトータルで考えてみてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。

PS 今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。 しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。 タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。



 さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。 (私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。

就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。



2015年度は、龍谷大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。


就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

今日の内容は一昨日、昨日の続きになりますので、今日初めてここに来た方は、この前の2つのブログを先にお読みください。



今までのおさらいです。

エントリーシートにおける、よくあるガクチカの事例。


(学生時代に力を入れたことは)飲食店での接客アルバイトです。



始めた当初は、ミスが多かったため、何度も辞めようと思いました。



でも仕事を早く覚えなければと、一生懸命頑張りました。



例えば、メニューなど覚えなければならないことをノートにまとめて、休みの日などに復習しました。



接客スキルが上達し、3年の夏からはアルバイトリーダーを任され、店の売り上げも10%上がりました。



この経験から、地道に努力すれば、成果につながることを学ぶことができました。



のいったい何がNGなのか? という問題提起をしました。



それで前半部分の回答を示しました。


今日は後半部分。

休日にノートを復習したので、「接客スキルが上達し、3年の夏からはアルバイトリーダーを任され、店の売り上げも10%上がりました。」は一見、つながっているように感じます。

しかし、接客スキルって、ノートを読み返すことで向上するでしょうか?


ノートでしっかりと知識を仕入れたので、積極的にお客様の前に出るように努めた結果、徐々に接客に自信が持てるようになり・・・・

的な表現ならば、納得して読めると思います。



一番の問題は、「店の売り上げも10%上がりました。」という箇所。

個人の接客スキルUPが直接、10%の売り上げUPにつながるという因果関係は、たとえ真実だとしても証明しにくい、証明できないでしょう。


エントリーシートの書き方講座やセミナーで、「成果を書け!」と教わるために、個人でやったことと組織(店舗やチーム)で達成したことを、このようにゴッチャにして書いてしまうのですね。


では、どうすればいいか?

アルバイトリーダーを任された時の、自身の取り組みや創意工夫を具体的に書いて、「それが10%売上UPにも貢献できた、と自負しています。」というように、自己申告の中に収めておくこと。

こうすれば納得性を得られると思います。


*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************


最後の〆の文書、

「この経験から、地道に努力すれば、成果につながることを学ぶことができました。」というのは、例え凡庸であっても、入れると締まりますので、まとめの文書は必ず入れておきましょう。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS 今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日もエントリーシートについて。

今日の内容は昨日の続きになりますので、今日初めてここに来た方は、昨日のブログを先にお読みください。



エントリーシートにおける、よくあるガクチカの事例。


(学生時代に力を入れたことは)飲食店での接客アルバイトです。



始めた当初は、ミスが多かったため、何度も辞めようと思いました。



でも仕事を早く覚えなければと、一生懸命頑張りました。



例えば、メニューなど覚えなければならないことをノートにまとめて、休みの日などに復習しました。



接客スキルが上達し、3年の夏からはアルバイトリーダーを任され、店の売り上げも10%上がりました。



この経験から、地道に努力すれば、成果につながることを学ぶことができました。



のいったい何がNGなのか? という問題提起を、昨日のブログで書きました。



回答を示しますね。


バイトに力を入れた、始めた当初はミスを犯してばかりで辞めようと思った、はわかりやすくて、いいと思います。


問題は次の文書です。

仕事を早く覚えないと・・・というのが、唐突感があって違和感を感じるのです。

たとえば、ここでそうなった理由や経緯を書いておくと、しっくりくるのです。


なぜ仕事を早く覚えないと、と思ったのか?

・面倒見のいい先輩が、私のミスをカバーしてくれている姿を見て

・負けず嫌いな私ゆえに、先輩の「お前、ミスばっかだな。」と冷笑されたのが無茶苦茶悔しくて

・内気な自分を変えようと思った接客バイトに就けたのに、これで凹んで辞めたりしたら、元の木阿弥、絶対に逃げたくないと思って

みたいな、理由や経緯があれば、スーッとつながるでしょう。




次に具体例の話です。

休みの日に復習する、という具体的な取り組みは、よくバイトでの頑張ったエピソードに見受けられますが、時給1000円を切るアルバイトスタッフが、わざわざ自分の大事なプライベートの時間を使ってやるでしょうか?

ここ盛ってない?と疑われること必至かと。


盛っていなくて事実だったらまだいいけれども、仮に事実だったとしても、ミスばっかりして仕事持ち帰らないとダメな人間なんだ、と穿って見られる危険性もあります。



*********************************
ちょっと宣伝です!

エントリーシートやオープンエントリーシート(OpenES)の鉄板課題についても相談に乗ります。

初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

*********************************


ちょっと長くなりましたので、最後のまとめは次回に書きたいと思います。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。



今、エントリーシートの作成支援が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。





さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


↑このページのトップヘ