元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

就活全般

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日リクルートスーツについて。

スーツメーカーが今、盛んに就活スーツ、リクルートスーツをCMしていますね。


12月から本格的に就活が始まるので、ヤバイ、スーツを用意しないと、という感じでしょうが、きちんとリクルートスーツのことを伝えているところが少ないためか、毎年スーツの着こなしがおかしい就活生に出会います。


スーツ販売店で、正しい情報を伝えられていないのが、私は一番の要因だと思っています。


「その丈ではNGだよ」

「ええっ! 販売員がこれでいいって言ってましたよ」


「そのデザインでは、お堅いところはNGだよ」

「ええっ! ダメなんですか?店員さんにむっちゃ勧められたんですけど」

・・・

って、毎年こんなやり取りしています(苦笑)。



高額だけれどもじっくり就活生の応募業界などを聞き出して、スーツをセレクトするような百貨店と違い、薄利多売の量販店だと上記のようなことが起こりやすい(もちろん、就活に詳しい店員さんもいらっしゃるでしょうが、一般論として)。

更に就活経験がある店員ならば、アパレル業界向けの就活をやってきたはずなので、ついついドレスコードを甘くしてしまう傾向もあります。



リクルートスーツは、デザイン云々、色云々は不要。

ダサいくらいがちょうどいい、と考えてください。



むしろサイズ感が重要です。ちゃんと自分の体に合っているかどうか?


入学式に買ったスーツが、今や太ってパツパツ、なんて見苦しい。

社会人なっても使うものなので、買い換えましょう。

別にオーダーメイドなんかでなくていい、つるしのスーツで全然いいのですが、自分にジャストフィットするように、袖丈を詰める、ウェストを詰める、といった手直も必要と考えておいてください。



せっかくの勝負服なのに、自分に合っていないと、自分のモチベーションも低下します。


たかがスーツですが、よくよく考えてスーツを選んでください。





以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。

一方2015年度は、日本女子大学、立命館大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。




就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、まだ就活を終えていない現4年生の就活支援はもとより、これから就活を始める3年生の就活支援も初めています。



うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日も、3年生のこれからの就活について。


最近多い相談が、「合同説明会って行っておくべきでしょうか?」、「業界研究セミナーってどうですか?興味がない業界でも参加した方がいいですか?」といったもの。


確かに就活に関して、まだ何もわからないから、こういった相談が多いのでしょう。



私の回答は一つ。

行っておけ!

です。



授業や部活など優先すべきものがあるならともかく、時間が確保できるのならば、上記のような就活イベントには積極的に参加すべきです。


前回の投稿のように、リアルにやれば見えてくるものが必ずありますから。


たとえば、合説に行っても人が多過ぎて、参加企業の話がちゃんと聞けない、というシーンを経験したなら、次はどうすべきか?というのが、つかめるはずです。


行くか行かざるか、なんて、現時点で迷う必要はない。行くべきだ、が結論です。


ただ、一部怪しい就活イベントもありますので、そこはしっかりと運営会社を見極めてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。

一方2015年度は、日本女子大学、立命館大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。




就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



簡単に事務所の近況報告です。


新サイトもうまく仕上がってきました。

就活の家庭教師



新刊を購入いただいた方から、メッセージやご依頼をいただくようになりました。





今月に入って3年生からのご依頼が増えてきました。





さて、今日のテーマは、3年生のこれからの就活について。

いよいよ本格的な就活開始まで、10日あまりとなりました。



真剣に就活を考えている学生の皆さんは、きっと不安でいっぱいでしょう。


今、何をすべきか? については、既にこのブログで書きましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。



それで今回は、これから就活を始める学生の皆さんに対して、認識してもらいたいことをお伝えしたいと思います。



早速ですが、タイトルの○○○、答えは何だと思いますか?

先に答えを申し上げると、「リアル」になります。


皆さんスマホを常に携帯していますよね。

検索すれば企業情報や就活に役立つ情報などがすぐに入手できます。

今は就活自体マネジメントしてくれるアプリもあって非常に便利ですが、一方でこのリアル感が不足しています。


ネット上のバーチャル情報に振り回されるのではく、インターンシップや会社説明会、セミナー、OBOG訪問、リクルーターとの面談など、リアルな接点を大事にしてください。


たとえば、必ず聞かれる志望動機。

よくある

「御社のホームページに掲載されていた経営理念に共感し・・・」

だけでは、リアル感が全然足りないので、採用担当者には全く響かないのです。


実際に生身の人に会い、そこでどう感じたのか? まで踏み込まないと。


そのためには、行動、行動、行動です。

会社説明会やセミナーなど、どんどん積極的に参加してみてください。


最初はぼんやりとしていたものが、行動量とともに、自分のやりたいことや企業の雰囲気などが見えてきます。

バーチャルだけだと、これがつかめないのですね。



ぜひ今からリアル感を持って臨んでください。

来月になると、会社説明会やセミナーの開催が一気に増えますが、もう既に業界研究セミナーなどは始まっていますから、こういったものに参加することから始めてみてください。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。

一方2015年度は、日本女子大学、立命館大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。




就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



簡単に事務所の近況報告です。


新サイトもうまく仕上がってきました。

就活の家庭教師



新刊を購入いただいた方から、メッセージやご依頼をいただくようになりました。





今月に入って3年生からのご依頼が増えてきました。





さて、今日のテーマは、自己分析について。


前回の投稿で、今3年生は自己分析してください、と書きました。

でも実は、自己分析って正しいやり方をしないと、これからの就活を間違った方向に進めてしまう危険性があるのです。


だから今日は正しい自己分析のやり方をお伝えしたいと思います。


通常はみなさん、大学の就活用ガイドブックや書店にあるような、自己分析のワークブックをやりますが、これだけでは足りないのです。

確かに、このやり方でも自分に関して何かしらの気づきを得られると思います。


でもこれって、与えられた設問について回答する、という自己満足の世界ですよね?

これだけだと客観性がないのが問題なのです。


たとえば、自己分析の結果、自分には行動力があるんだな、●●といった職種に向いているようだ、といった気づきがあったとしましょう。

あくまで自己申告なので、本当に合っているのか、曖昧なものを自分の都合のいいように解釈していないか、といったことが懸念されます。


実際、私が某企業で人事部長を務めていた際、就活生の自分に対する認識とこちらの印象・評価とが、大きくかい離する、といったシーンを幾度となく見てきました。




で、ここで結論です。

正しい自己分析のやり方として、この自分の気づきを第3者にぜひチェックしてもらうことをお勧めします。


就活は相手のある活動ですから、相手(企業)に認められないと採用されません。

自己申告レベルで終わるのではなく、客観性を持たせることも必要不可欠なのです。



この第3者の選び方については友人・家族でも構いませんが、より精度を上げるために、大学キャリアセンターの相談員といった専門家にしてください。


大学のキャリアセンターに行って、自分が書いたワークブックなどを見せて、自身が本当にこのような人物なのか、一緒に振り返ってほしい、と依頼すればいいでしょう。



まとめとして、

自己分析の結果=他人の印象・評価であれば、ぶれない就活ができる、ということ。


自分だけで完結させずに、ぜひ他の人にも協力してもらってください。





以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。

一方2015年度は、日本女子大学、立命館大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。




就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



↑このページのトップヘ