元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

ない

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/



ケータイで撮ったので、画質が悪くてすいません。


2013091508430000


2013091508430001


実物が手に入りました。

今月20日には書店に並ぶので、ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日の本題。

4年生の就活について。



先週の木曜日に、まだこれから会社説明会があるという企業の求人情報を、リクナビ上で1200件超チェックしました。

いわゆる「ブラック企業」と呼ばれているような企業もありますが、優良企業の求人情報も多数ありました。



秋採用の求人枠は春よりも少ないですが、まだまだ内定のチャンスはあります。



希望の業界や企業に入れないからといって、既に就職浪人を決めた学生もいます。

また心が折れて就活をやめてしまった学生もいます。


今、自分自身で就活時期を遅らせることはあまり有意義ではありませんし、リスクが高すぎます。


浪人、留年や就活を止めたブランクをプラス方向に持っていくのは、はっきり言って至難の業。

採用人事も決して評価しません。


たとえば、浪人、留年の場合。

「御社で働きたい気持ちが強かったため、一年浪人して今回臨んでいます!」

留学なり、勉強なり、浪人期間に面接官を唸らせるほどの、成長の足跡がPRできればいいのですが、通常はこのような気持ちアピールで終わりでしょう。

そもそも人気企業ならば、みんな入りたい!という強い気持ちで臨んでくるのだから、浪人をわざわざ採用する必要を感じない。


なので、もし行きたい企業や業界の志望度が高いのならば、志望度が高くない企業でも、そこでしっかり働いて、転職で狙うという方法もあります。

働きながら新卒3年枠を使う手もある。



つまり、浪人、留年を決め込んでいる人は、ぜひ秋採用に向けて就活を再開してほしいと思っているのです。



大学受験のように学力を上げれば、志望校入試を突破できる、という単純なものではないのが、就活。

なので、時間軸を長くすれば、よくなる、というものではなく、前述のとおり、かえって悪化するリスクの方が高い。



今年の就活を既に諦めた人は、今すぐ就活を再開してみてください。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


今日も新刊のお話です。

(書店に並ぶ今月20日までは、この話題を書かせてください。)



先日、大手書店に行ったら、既に就活面接本の新刊で溢れていました。


就活本は「敷居が低い」ので、誰でも出版するチャンスがあるようです。

事前に既刊をマーケティングリサーチしましたが、

・大学教授

・自分の失敗談を書く元就活生

・マナー講師

・元営業マン

・経営コンサルタント

・・・・・・

と、我々のように大学のキャリアセンターなどで就活支援をしている者からすると、大きく乖離しているように感じますが、そこが就活本の「敷居の低さ」ですね。

これが転職本となると、支援経験のない人はまず書けないし、売れないですから。




で、今回執筆にあたって、既刊の就活本を読みましたが・・・

その多くが凄い学生が対象になっているように感じました。


そりゃー、難関大学の体育会ならば、「売り」は充分だし、一流企業、有名企業でも確実に射程県内でしょう。

でも、大半の学生ってそうではないはず。


実は私の新刊は、「平凡な大学生」のための、面接攻略本なのです。

特定の大学とポジションを指定してすいませんが、たとえば東大のボート部主将とか慶応のラグビー部主将クラスに、ごく一般的な学生が挑んで勝てるのか?ということ。

どんなに背伸びしたって、彼らには「売り」では負けますよね?

まずそこをしっかりと認識したうえで、どう戦うべきか? を書いています。



日常から多くの学生に接し、就活支援をしているからこそ、語れることがある。

今回はそのノウハウを全部出し切りました。


既に転職本を4冊出していますが、今回が一番苦労しました。

労力も時間もマックスにかけました。


ボツになった原稿も多く、紙面の関係から表現が限定されることもあり、100%ではありませんが、充分に満足できるレベルに仕上がっています。

「これで売れなければ仕方がない」これが出版社と私の共通認識です。


多くの就活生に手にとってもらいたいと思っています。



ちなみに、労力や時間の割りに、執筆って儲かりません(苦笑)。

入ってくる印税とかけた時間を鑑みると、間違いなく最低賃金法を下回る時給レベルです。


それよりも、既存の間違ったやり方で、迷宮入りする就活生に少しでも役立ちたい、という想いが今回の出版のきっかけです。

もちろん、売れて印税が増えるのはうれしいですが、正しいやり方を世に広めることの方が、優先順位は上です。


刷り上がってくるのが、待ち遠しい。


すいません、今回は本の宣伝になってしまいました。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


就活面接本の原稿最終チェックが昨日、終わりました。、

今月20日には、書店に並ぶ予定です。



で、今日は今回の書籍に盛り込まれなかった、幻の原稿を公開したいと思います。

先に構成を説明しておきますと、お題目の質問があり、面接官の本音は何か?という点に触れて、解説した後、実際の回答モデルを提案し、最後はチェックポイントで〆る、という流れです。


◎あなたが考える社会貢献とは?


◎面接官の本音は?
・抽象的なテーマだからこそ、理想論に走らず、現実的な回答ができるか?確認したい
・ボランティア活動といった、社会貢献活動に「励んでいますPR」はいらない


◎解説
「あなたが考える〇〇とは?」系の質問は、抽象的であり明確な正解がないというケースが大半です。よって、正しいか正しくないかが問題ではなく、自分なりの定義を行い、それを面接官に納得してもらえるかどうかが勝負となります。この「社会貢献」というと、ボランティアや非営利活動といった、社会に「直接」的に作用するものを連想しがちです。例えば、ボランティアに参加した経験などから自身なりの定義を作って、「私は社会貢献活動をしています」PRに持っていこうとします。しかし、この「直接」的な社会貢献活動は、働き出すと関わっていくのが難しいですし、これに拘ってしまうと、当社ではなくNPOやボランティア団体に行った方がいいのでは?と面接官に懸念されてしまいます。

ですので、「社会に出て働くことが、ひいては社会貢献につながるのです」という展開、つまり「直接」的ではなく「関節」的な「社会貢献」へと話を持っていくことで、「社会人として働くことの意義」をきちんと理解していることをアピールしてください。このような切り返しは、同時にあなたの「頭の回転の早さ」も感じ取ってもらえることでしょう。

ここで回答モデルを見てください。あなたが応募先企業で働いて儲けることがあなたと企業の成長につながり、ひいては社会への貢献を実現できる、といった社会の実態に即した「間接」的な社会貢献を説明しています。企業応募に際して、その企業のボランティア活動の取り組みやCSR活動といった「直接」的な社会貢献に着目する学生が多い中で、この「現実をちゃんとわかっている」PRで、彼らと差をつけるようにします。


◎回答モデル

「「社会貢献」とは、一人ひとりが社会に出て、きちんと仕事を行っていくことだと考えます。例えば、私が御社で働き、そして収益を生み出すことができれば、私個人も、そして会社も多くの税金を納めることになりますよね。その結果、新しい雇用が生まれたり、積極的に設備投資をして経済を活性させるといった発展も期待できると思います。「社会貢献」というと、つい非営利のボランティア活動が思いつきますが、活動の主旨や想いはよくても、現実的にはなかなか続かないと聞きます。それなので、このような持続可能で、社会にとって好循環を生み出すことこそが、本当の意味での「社会貢献」であると考えています。」


◎ポイント
□正解がないのだから、ライバル達が言いそうなことを言わない
□「自分が働くこと」と「社会貢献」とのつながりを説明する




こういった構成で、定番質問から圧迫質問までを網羅しているのが今回の書籍になります。


このように、具体的なところまで踏み込んで書いていますので、これから就活を迎える3年生だけでなく、現時点で内定がない4年生にも、ぜひ手に取っていただければと思います。





以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/



久々の更新になります。1か月以上も更新が滞ってしまいました。

読者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。



原稿の執筆が無事終わり、あとは書店に並ぶのを待つのみ、です。


今回は渾身の一作ですので、内定がない4年生、これから就活に臨む3年生には

ぜひ手に取ってほしい、と思っています。




さて、今日はこの就活本について。

先日、さいたま市大宮区のジュンク堂書店に行ったら、就活コーナーは新刊で溢れていました。


一方の転職コーナーでは、新刊と呼べるものはごく少数。



就活と転職の両方の商業出版を果たした私から言えること。


就活本は

キャリアカウンセラーでなくても、

採用人事の経験がなくても、

大学のキャリアセンターで就活指導の経験がなくても、

誰でも書けるくらい敷居が低いのです。


あの池上彰さんも、営業コンサルタントも、経営コンサルタントも、元求人広告の営業マンも、私の就活自慢な人も、

つまり就活支援を業としていなくても出版できたりします。

(あえてここでは彼らをキャリア支援の素人と呼ばせていただきます。)


だから、就活コーナーは新刊で溢れるのです。




一方で転職本は、こういった素人では絶対に書けないですよね。

そもそも転職に関する深い造詣やスキルがない人が書いていないと、誰も手に取らないでしょう。



職歴のない、潜在能力で勝負する就活生相手だから、素人でも書いてOKなのです。

素人でも売れれば勝ちですから。




でも読み手はそうではないですよね。

内定をとるのに必死なはず。


仲間のキャリアカウンセラー達とよく話をしますが、就活本は

あまりにもヒドイ内容のものが多過ぎる、というのが共通認識。



かくいう私の今回の本も、出版社の意向が凄く強かったのですが、

何とか自分なりに納得できる範囲に収まった、と思っています。



素人には負けたくない、というのが、私の偽らざる本音。


さてさて、負け犬の遠吠えとなるか?


読者の皆さんには、ぜひ温かく見守ってください。





以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




久々の更新になります。1か月以上も更新が滞ってしまいました。

読者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。


今、就活本を書いていまして、ちょうど執筆のピークなのです。

9月には書店に並びますので、またここでお知らせいたしますね。





さて、今日は内定がない4年生について。

既に上位校で内定のない学生は、来期に再チャレンジする、と今期の就活を終えていらっしゃる方もいます。


でもこれって凄く危険です。


なぜかというと、来期に今以上のところから内定がもらえる可能性が、限りなく低いからです。



東大だろうと一橋だろうと、就職浪人は、明らかに不利。


収入面でもキャリア形成面でも、1年遅らせるメリットはほとんどない。


行きたい企業にこだわるのならば、さっさと意中でない会社であっても就職して、スキルを身につけてから転職することを考えた方が、私はいいと考えます。


実際に社会に出れば、見える景色も違ってきますしね。



あと、内定がないとか、あっても誰でも入れるような敷居の低い会社でそこに行くつもりが毛頭なく、まだ就活を続けていて苦戦している4年生も多いと思います。


この場合、今やるべきことは、第三者の力を借りることです。


一番いいのは、自分の大学のキャリアセンター。

私も今某大学で働いていますが、そこの大学生の就職を支援するのが目的で、いろいろ有益な情報を持っていますし、その大学の学生に合ったアドバイスをしてくれます。

自分の大学のキャリアカウンセラーとは合わない、嫌なことがあったので、関わりたくない、という場合、東京しごとセンター・ヤングコーナーとか、学生就職活動サポートセンターとか、私も参画していた(いる)ヤングキャリアセンター埼玉は、無料ですしカウンセラーのレベルも高いのでお勧めです。

個別にじっくり見てもらいたい、というのならば有料ですが、うちのような「就活塾」を利用するのも一手でしょう。



今、企業も3年生のインターンシップ受け入れに焦点がシフトしつつあります。

大手有名企業はゴールデンウィーク前後に内定出しを終えていますしね。



残された時間があまりないからこそ、我流ではなく第三者の力を借りてみてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ