元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

エリート

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



ここのところ、就活支援の依頼が殺到しています。

お祈りメールが続いたため、このままではヤバい!と自覚されたのでしょう。


就活は早め早めの対策が大事。

超大手企業の総合職はゴールデンウィーク前後で、内定出しを終えますからね。

全て落ちてから立て直すのでは、明らかに遅い。


このままだとヤバいかも? と思ったら、早めに専門家(大学のキャリアセンター推奨、怪しい就活塾には注意)に相談を!


もちろん、私も相談をお受けしています!(初回無料)

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

早めのご予約をお願いいたします。




さて今日は、遡りますが、面接の基礎の話。

今年度は新卒の採用数を増やしている、とのニュースがにぎわしています。

がしかし、ごく平凡な大学生にとっては油断大敵、厳選採用がトレンドですので、採用基準を満たしていない場合は、たとえ採用枠が余っていても採らないのです。

まずここを勘違いしないことです。


企業は利益を追求する集団ですから、仕事ができないヤツはいりません。

では、まだ働いていてもいない学生の「仕事ができる・できない」を、どのように判断しているのか?

それは「一流大学の学生=仕事ができる」あるいは「強豪体育会で主将やっていたみたいな、輝かしい経験がある=仕事ができる」、このような基準です。かなり無茶苦茶な線引きですが、残念ながら これが現実だと思ってください。

つまり、上記の基準をクリアしている「就活上位の大学生=エリート大学生」ではない、いわゆる「ごく一般的な大学生」であるあなたは、彼らと同じ戦略で就活に臨んでも決して内定をとることはできないわけです。

たとえば、募集要項に、四年制大学であれば学部・学科不問との堂々と載せていても、人気企業となれば初期段階において、大学名でふるいにかけているのは、今や常識中の常識。

選考で就活上位校の学生と同じように扱ってもらえるなんて、「ごく一般的な大学生」は甘い考えを持たないことです。

ましてや今の就活期間の短縮化により、企業が採用対象とする大学を絞り込む傾向が強くなっています。

たとえば、就活上位校にターゲットを定めて、そこで学内説明会を行い、そこで一気に選考して採用枠を埋めてしまう、といったのは最近顕著な傾向です。

企業の絞り込みが加速する中、「ごく一般的な大学生」は、間違った就活のやり方をしていると、苦戦を余儀なくされること必至です。




もちろん、「ごく一般的な大学生」であっても一流企業、優良企業を受験できるチャンスは必ずあります。

ただし、受験できても内定がとれるかは別の話。

エリート大学生と違って、内定までの道のりが遠いということです。

この厳しい現状をまずきちんと理解しないで、闇雲に戦っても受かるわけはありません。

更にみんながすがる、今の就活テクニックなんて、一流大学の強豪体育会に所属する大学生が、フジテレビのような超難関企業を受験するような事例が紹介されていたりして、おおよそ「ごく一般的な大学生」には関係のない異次元の話になっています。

このようなテクニックを盲目的に信じて習得したからといって、自分には全然合っていないのだから、厳しい就活市場で勝ち抜けるはずがありません。


*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************

突然ですが「孫子の兵法」って知っていますか?

中国の思想家が書いた、世界的に有名な兵法書です。

この中の有名な名言に「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」があります。

就活に置き換えると、「応募先企業のことを知り、自分のことをちゃんと知っていれば、100社受けたとしても大丈夫」ということ。

もう少し噛み砕いて言うと、ここで書いているように、「ごく一般的な大学生」でも自分の強み・弱みをちゃんと知り、自分に合った企業を選択し面接官の本音をちゃんと読めれば、就活面接は必ず勝てる、ということです。



今、就活の第一次ピークが終わろうとしています。

でもこれは大手企業や人気企業の動きであって、中堅、中小企業の採用活動はまさしくこれからです。

この証左として、新卒応援ハローワークの求人情報公開は、まさしく今月の1日からです。


卒業までにまだ1年あります。

この1年の間に、自分に合った会社を1つ見つければいいのです。


周りが内定をもらっている、友人はもう既に就活を終えた、といった情報に振り回されることなく、「自分は自分」で焦ることなく、自分に合った就活のやり方で進めてください。





ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)









複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日は自己PRについて。

今回は私の著書の宣伝も兼ねて説明します。

(宣伝がウザイ、という方は読み飛ばしてください。)


私の著書の

冒頭に、次の自己PRを掲載しています。

***************************************

私が胸を張ってアピールできるのは、「継続力」です。

これから先、ビジネスにおいて英語力は必須だというプレッシャーを、ことあるごとに感じます。

ですから私は、大学1年時の10月より、523日間、一日も欠かすことなく「毎日3時間」というノルマのもとTOIEC対策に励み、初回スコア320点から680点まで上げることに成功しました。

スコア自体にはまだまだ満足できませんが、3時間勉強を500日以上、もちろん大学の勉強もおろそかにすることなく続けられたことは、大きな成果だと思っています。

この「継続力」こそが、私が御社ですぐに発揮できる最大の武器だと確信しています。

***************************************

これは面接バージョンですが、エントリーシート(ES)の自己PRも根本的なところは一緒ですよね。

なので、エントリーシート(ES)の自己PRと置き換えても、読めると思います。



ここから私の著書にある、この自己PRの説明に入ります。


れは、とある優秀な学生が某人気企業の面接の場で実際に話した自己PRです。



素晴らしい自己PRだと思いませんか?



・就活面接で一番求められている「私が御社に貢献できること」のアピールに、ごく自然な流れで繋げられている


・「継続力で貢献します」という主旨の裏付けに、これからのビジネスに必要な英語力をアップさせるための取り組み話を持ってきている点も良い


・具体的な数字が多用されているため、説得力も高い



うん、まさしく非の打ちどころがありません。

こんな自己PRがスラスラっと自然に話せれば、内定なんて簡単に獲れるんだろうな〜



そう思いましたか?


そう思ったあなた。



残念ですが、



内定への道は、かなり険しい



です。




なぜか?



なぜ、この自己PRではダメなのか、あなたには分かりますか?



これには明確な理由があるのです。



ここまで





さて、このブログをお読みになっていらっしゃる方、何故だかおわかりになりますか?

ここまでの自己PRはできない、と思っていらっしゃる方も多いのでは?




ここから著書の内容に加えて、ボツ原稿になったことも入れて、その理由を説明していきますね。




それは

就活は「私はこれだけ御社に貢献できます!!」をアピールする、

つまり、即戦力性をアピールするためだけの場ではない


ということです。


でも、残念ながら多くの就活生は勘違いしています。

よく考えてみてください。


まだ社会に出て働いたことのない学生が、声高に「御社に貢献できる!」と主張することに、いったいどの程度の説得力があるのでしょうか?

「貢献できるかどうか」という即戦力性ではなく、「貢献できそうかどうか」といった潜在能力、ポテンシャルをアピールするのであれば、まだわかります。

でも、大半の学生がやっきになってアピールしようと頑張っているのは「即戦力性」の方です。

これでは、かえって墓穴を掘ることになってしまいますよね。



但し、この「即戦力性のアピール」が有効なケースもあります。

それは、


・超一流大学に通っていて成績も超優秀

・海外留学経験が長い、もしくは帰国子女でネイティブクラスの語学力


・体育会で全国レベルの実績をあげている

・体育会の主将、部長をやっていた

・TOEICスコアが900点以上

・公認会計士や税理士といった難易度の高いビジネス資格を保有

・在学中に起業経験があり、それなりの業績をあげていた

などなど、これらの条件を満たしている超エリート大学生。


このレベルの実績(数値)的な武器があるのなら、それをベースに即戦力性をアピールしても全く問題ありません。



でも、世の大半の大学生は、こういった条件を満たしてはいないですよね?

いわゆる、「普通の学生、平凡な学生」というやつですよね?




そして、それ以前に!

実は、企業側もごく一部の超優秀な学生にしか、「どれだけ貢献してくれるのか? 即戦力性はどれくらいか?」なんてことを期待してはいないのです。


だって、考えてみてください。

どの企業も、99.9%の学生に対して、新卒入社したらまず新人研修をきちんと行って、それなりに時間をかけて一人前の戦力に育てていくんです。

入社したら、すぐにバリバリと活躍してくれるだろう!なんて甘い考えは、持っていないのです。



ついでに言っておきますと、この自己PRに出てくる


・TOEIC320点→680点へのスコアアップ

・523日間、一日も欠かすことがない「毎日3時間」というノルマ

これらの数字。

たしかに、学生レベルからすると結構な数字なのですが、社会人視点で見るとたいしたことはありません。

数字を盛り込むな、ということではないですよ。

本書でも、数字を使って定量的に語ることを推奨してます。

ただ、この程度の数字では、人気企業の面接官の心をつかめない可能性が高い、ということなんです。



例えば、英語を社内の公用語にした楽天の三木谷社長兼会長は、日本外国特派員協会で、「新規採用者のTOEICスコアは平均で827点」と発言しています。

三井住友銀行でも行員のTOEIC目標を800点以上にしていますし、もっと皆さんに直結する話でいうと、武田薬品は2013年4月入社の新卒採用から、TOEICで730点以上の取得を応募条件にしています。


つまり、680点くらいでは、武田薬品だとに応募すらできずに門前払いされるということになるのです。



「数字の凄さ」は、よほどのことが無い限りメイン武器にはなりません。



あくまで「メインテーマの説得力を強化するためのサブツール」だということを忘れないでください。



ここまで




いかがでしたでしょうか?

今回は私の著書を引用しながら、ありがちな件について説明しました。


自己PRの作成にあたり、私の著書(ここは宣伝です)も含め、本ブログが役立つことができれば、と思います。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



 



 



 


↑このページのトップヘ