元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

コミュニケーション

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


3月に入って、就活が本格的にスタートしましたね。


就活の家庭教師

では、就活を始めた3年生を中心に就活支援を行っております。

2017年度は、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学(順不同)の就活生の支援を行っております。



さて、私が上梓した面接対策本の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。




今月には集団面接・グループディスカッションの対策本も出版します。

出版しましたら、ここで発表させていただきますので、またよろしくお願いします。



今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519





さて今日は、大学での勉強内容を質問された場合について。


面接官の本音は?

・幼稚な話や誇大な話、質問と違う話は聞きたくない
・いい意味で期待を裏切ってほしい

 

大半の学生のように大して勉強していない場合でも「法学部なので法律を勉強しています!」のような幼稚な回答はもちろんNG。
かといって、難しい専門用語を多用して「勉強しています!」のPRもいりません。
突っ込まれて墓穴を掘るだけです。

また逆に「大学では勉強よりもゼミの運営の方に力を入れていたので」といった言い訳からゼミ活動の話を展開するといった、話題をすり替える就活テクニックを使うのも、面接官の印象が悪くなりますので、やめておきましょう。

百戦錬磨の面接官からすれば、「所詮ゆとり世代なんて、まともに勉強していないでしょ?」という偏見でチェックしています。
そこで、ぜひこれを見返す戦略でいきましょう。
勉強していない平凡学生でも、他に比べて得意だった科目や成績の良かった科目が何かしらあるはず。
その一つに絞り込んで、面接前までに学習内容を何度も復習することで、きちんと話せるようにしておきます。

例えば、回答モデルのように「企業の長期繁栄」という研究には触れずに、それよりも関連する【企業評価システム論】という一つの科目に焦点を当ててそこにボリュームを割くのです。
自分の得意分野でかつ事前にしっかりと復習していれば、面接官の追及にあってもそれなりに答えられるはず。

更に追求が続くようならば、在学期間がまだ残っている点を利用して、今後に向けての課題や抱負としてかわす方法も有効です。
この戦略により「勉強していないと思ったが、自分の専攻に関してはそれなりに勉強しているようだな」と感じ取ってもらうようにします。




*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************



良い回答例

私は経営戦略ゼミに所属し「企業の長期繁栄」について研究しています。

私はその一環として【企業評価システム論】という専門科目の勉強に一番力を入れました。
これは一部上場企業だから安定企業で倒産しない、といった、企業を思い込みでとらえるのではなく、売上や従業員数といった企業が公開しているデータを元に、その企業価値を数値化しようとする勉強です。

2つの電気メーカーを事例として用いましたが、当初の見込みとは異なり、知名度のない方が総合評価がよくて、改めて数値化することの必要性を認識できました。

現時点ではまだ漠然としているところもありますが、大学卒業までの期間を使ってこの研究を進め、最終的には卒論としてまとめていきたいと思います。


ポイント

・一つの科目に絞って、その深い知識を披露
・大学生活が残っているので、課題や抱負を用意しておくのもあり




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)










複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


3月に入って、就活が本格的にスタートしましたね。


就活の家庭教師

では、就活を始めた3年生を中心に就活支援を行っております。

2017年度は、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学(順不同)の就活生の支援を行っております。



さて、私が上梓した面接対策本の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。




今月には集団面接・グループディスカッションの対策本も出版します。

出版しましたら、ここで発表させていただきますので、またよろしくお願いします。



今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519





さて今日は、一般職の志望理由を聞かれた場合について。


面接官の本音は?

・この職種であっても、一生懸命仕事を頑張るPRをしてほしい
・業務内容を勘違いしているような話は、聞きたくない

 

ここも職種の特徴に焦点を当てて志望理由を説明しつつ、将来ビジョンを語るのは、前頁と同じです。

「一般職」は今、「エリア総合職」や「勤務地限定職」などと名称を変えて呼ぶところもありますが、共通するのは、昔ながらの一般事務だけ、補助業務だけやっていればいい、というのは稀有ということ。
全国転勤がないくらいしか違いがなく、総合職と同じくらいの高い業務レベルを要求する企業も多い。

例えば、よくある回答の「私は人の上に立ったり、管理したりするタイプではなく、人をサポートするのが得意なので、この職種を選びました」ですが、今これでは、仕事に対するモチベーションが低く、ビジネス環境の変化に対応できない、とみなされる危険性があります。

もちろん、家庭の理由等で地元を離れられない理由もあるでしょうし、本心として仕事一筋のような人間にはなりたくない、というのもあるでしょう。
しかしここはあえて気持ちを盛って、「総合並みにバリバリ仕事をやる」PRでいきましょう。

ここで回答モデルを見てください。「それなら総合職で働いたら?」と疑問を呈されないよう、先に総合職では働けない理由を伝えています。

そして、会社説明会のリアルな体験話を引用して、業務が楽だからとか、定時で帰れそうだから、といった職種について勘違いしていないことに触れつつ、御社の仕事こそまさしく自分が求めているものである、ということにつなげて、入社意欲をアピールできています。




*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************



良い回答例

私は家庭の事情から転居を伴う転勤ができないため、全国転勤がある御社総合職で働くのは難しいと判断し、このエリア総合職で働くことを希望しています。
しかし、仕事は総合職と同等、いやそれ以上にバリバリ働きたいと思っています。

先日の職種別の会社説明会において、「エリア総合職だからといって、業務内容に大差はない。この職種で採用される方は、地元にしっかりと腰を下ろして安定、継続して働いてもらい、その地域に合った質の高いサービスを追求し提供してほしい」と人事担当者から聞き、これこそ私がまさしく求めている仕事内容、働き方だと思いました。

このように、地の利がある地元でできるだけ長く働いて、御社と地元に貢献していきたいと思い、この職種を志望いたしました。


ポイント

・なぜ総合職でないのか?の理由は、必ず触れておく
・一般職の業務内容を軽んじていないことを伝える




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)










複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


3月に入って、就活が本格的にスタートしましたね。


就活の家庭教師

では、就活を始めた3年生を中心に就活支援を行っております。

2017年度は、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学(順不同)の就活生の支援を行っております。



さて、私が上梓した面接対策本の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。




今月には集団面接・グループディスカッションの対策本も出版します。

出版しましたら、ここで発表させていただきますので、またよろしくお願いします。



今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519





さて今日は、総合職の志望理由を聞かれた場合について。


面接官の本音は?

・中核人材として期待されるあなたが、当社でどうしていきたいか?を知りたい
・総合職に求められていることを理解しているか、確認したい

 

このように職種別の志望理由を聞かれた場合は、必ずその職種の特徴に焦点を当てた志望理由を説明するのが鉄則。
この総合職は大学新卒では最もポピュラーな職種で、会社の将来を担う中核人材としての活躍が期待されています。

ここで面接官は、「あなたが当社の総合職に就いた場合、当社でどうしていきたいのか?」という将来ビジョンを聞かせてほしいと思っています。

また何でも幅広くこなす「ジェネラリスト」としての役割も求められていますから、これも網羅して回答する必要があります。

この将来ビジョンですが、総合職は入社後に適性や能力を見て配属を決める場合が多いですから、営業や企画といった特定の業務に限定して具体的な将来ビジョンを語ると、かえって外す危険性があります。
なので、ここは幹部社員になりたい、できるだけ早く重職に就きたい、といった、曖昧であっても大きな将来ビジョンを軸にして、志望理由を語るやり方をお勧めします。

ここで回答モデルを見てください。
できるだけ上の役職に就く、最終的には社長に、という目標がある、という総合職にマッチした志望理由を伝えています。

そして今の社長の経歴を持ち出して、これを将来ビジョンの裏付けにしておくと、説得力があります。
そして最後に、そのためには、「どんな仕事でもどんな場所でも一生懸命頑張る!」という、総合職に期待されていることで締めておけば、入社意欲も感じとってもらえることでしょう。



*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************



良い回答例

私は御社で働くのならば、一介の社員で終わるのではなく、できるだけ上のポジションに就きたい、そして最終的には会社の頂点である社長になりたい、と本気で考えており、それには総合職を選ぶのが最善であると考えました。

御社社長は営業畑が長い一方で、人事や企画といった間接部門にも従事した時期があり、また海外赴任も幾度か経験されている、と聞いています。
やはり上に行くには、社内の業務について横断的に関わっていく必要があると感じます。

だから入社後は、営業でも生産管理でも任された仕事にやりがいを持って、一生懸命取り組んでいきたいと思っています。
また国内外問わず、どこでも働く覚悟はできています。



ポイント

・総合職に求められていることをちゃんと意識して回答する
・何でもやる!どこでも働く!PRで、入社意欲を伝える



ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)










複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


3月に入って、就活が本格的にスタートしましたね。


就活の家庭教師

では、就活を始めた3年生を中心に就活支援を行っております。

2017年度は、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学(順不同)の就活生の支援を行っております。



さて、私が上梓した面接対策本の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。




今月には集団面接・グループディスカッションの対策本も出版します。

出版しましたら、ここで発表させていただきますので、またよろしくお願いします。



今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519





さて今日は、内定が出たらどうするかという質問について。


面接官の本音は?

・当社に対する志望度の高さを確認したい
・就活をやめないのならば、納得できる理由を聞かせてほしい

 

言うまでもなく、理想的な受け答えは「御社が第一志望ですから、御社から内定をいただけたらその時点で私の就職活動は終えます!」と言い切ることですが、志望度が相当高くないと、まずない。
そして、企業側もそんなことは百も承知です。

おそらく、最も多いのは「内定がもらえたら嬉しいけど、就活は続ける(複数の内定を取った上で選びたい)」というケースでしょう。
そのことを、面接官を不快にさせることなく伝えることができるか?そこに求められるのは、あなたの「真面目&実直な人柄」であり、面接官もそれを感じさせて欲しいと思っているのです。

それなので、嘘をつくのはやめておきましょう。
そもそも百戦錬磨の面接官を騙し通すのは難しいですし、今はその場で全ての内定企業に電話を入れさせて内定を辞退させる、というケースもあり、この面接の場だけの嘘では済まなくなってきています。

その一方で、本音を堂々と語れば、学生らしく「真面目&実直な人柄」をアピールすることができますので、こちらを推しています。
もちろん、本音だからと言って、「御社は他社よりも志望度が低いので、就活を継続します」はNG。ここは「大人の表現=盛り」が必要になります。

例えば、「最終的には自分で判断しますが、両親や担当教授、友人にも相談して、どうするかを決めたいと思います」
と周りにもきちんと筋を通してから判断するといった理由付けで、「御社に行きます」的な回答を保留しておき、「御社は働きたい気持ちが強いことは間違いありませんが、もう少しだけ猶予をいただけると幸いです」など
と締めて、改めて志望度が高いことをアピールしておきます。



*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************



良い回答例

志望している御社から内定を頂けるのは大変光栄ですが、できればもう少し就活を続けさせていただければと思っています。

というのも、私は実習の影響で就活を始めたのが遅かったため、就活をやり切った、という達成感をまだ得られておりません。
私の人生を大きく左右する就職ですから、自身が納得できるまで、就活を継続させていただければというのが、私の偽らざる気持ちです。

ただし、私が就活をやり切るまで、内定受諾の返事を待っていただくというのも難しいと思いますので、内定を打診された時点で、志望度の高い御社に行くことを前向きに考えたいと思います。


ポイント

・「御社第一志望です!就活やめます」の嘘はいらない、本音で語ること
・やめない理由を、本音に基づいた丁寧な説明でフォロー




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)










複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


3月に入って、就活が本格的にスタートしましたね。


就活の家庭教師

では、就活を始めた3年生を中心に就活支援を行っております。

2017年度は、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学(順不同)の就活生の支援を行っております。



さて、私が上梓した面接対策本の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。




今月には集団面接・グループディスカッションの対策本も出版します。

出版しましたら、ここで発表させていただきますので、またよろしくお願いします。



今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519





さて今日は、他社の選考状況を聞かれた場合について。


面接官の本音は?

・改めて「他社より御社」の想いを語ってほしい
・企業研究の成果を聞かせてほしい

 

「他社と比較して当社はどうなのか?」は面接官の関心事の一つですから、ここは「他社よりも御社」の志望度を語れるチャンスととらえてください。

ここは最初に現在の選考状況を伝えた後、受験している複数の企業の中でも応募企業の志望度が高いことをPRします。

既に内定がある、選考がかなり進んでいるのならば、現況をそのまま伝えてください。
これだけで他社でも評価されている人材である、という充分な「売り」になります。

問題は選考状況が進んでいない場合。
「まだどこも選考は始まっていません」ならそのまま伝えて構いませんが、「既に10社以上不採用になりました」といったネガティブ情報をわざわざ提供する必要はありません。

また志望の想いを語らなければならないといって、「御社しか考えていないので、他社は受験していません」はNG。
就活は専願・単願すれば内定率が高まるものではありませんし、他社受験なしでは「他社より御社」の志望動機が胡散臭くなってしまいます。

「他社より御社」の回答方法ですが、ネットで集めた情報だけで語るのはNG。
大半の学生がやるので凡庸ですし、内容が浅く感じられます。それよりも、会社説明会やセミナー、OBOG訪問といった、自らの足で稼いだリアルな情報を用いて、企業研究の成果を披露しつつ「他社より御社」の志望動機につなげていくようにしてください。
誰もが入手可能なネットの情報と違い、他社の説明会の内容や他社社員が語ったことは、面接官は知らないですから、関心を持って聞いてもらえます。



*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************



良い回答例

私は、御社と同じ人材派遣業界の会社を中心に回っております。
まだ内定はいただいておりませんが、選考が進んでいる会社が複数あります。

私は将来、コーディネーター職に就きたいと思っており、会社説明会に参加したら必ずこの件を確認していますが、「営業職しか募集していないし、営業で入社した後にコーディネーターになれる可能性は極めて低い」という回答が大半でした。

しかし御社は「キャリア支援制度」に代表されるように、社員のやりたいことを汲み取る土壌があり、先日のOB訪問では実際にこの制度を使って、営業職からコーディネーター職に異動された入社4年目の先輩社員にお会いすることができましたので、御社への想いが一層深まった次第です。



ポイント

・選考状況がイマイチの場合、「進んでいる」と曖昧にしておくのもあり
・自ら行動して集めたリアルな情報から「他社より御社」を強化する




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)










↑このページのトップヘ