元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

サークル活動

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



4月も半ばに差し掛かり、いよいよ選考が進んできていますね。


私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。

塾生の中には、内定獲得者もチラホラ出て参りました。

最終面接を控える学生も増えてきています。

既に就活終了って学生も耳にするようになりましたね。



さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日は、大学時代に2番目に頑張ったことを問われた場合について。

いわゆるガクチカ、ガクウチは、最も頑張ったことを問うていますが、複数の頑張ったことを問うてくる企業も多くなってきています。

その回答法を説明します。


◎面接官の本音は?

・頑張ったエピソードに絡めて、自己PRをしてほしい
 

・今までと違う魅力があるのならば、ぜひ聞かせてほしい



◎解説

1番頑張ったことであろうと、2番目、3番目だろうと、「頑張ったこと」を聞く質問は全て、「自己PRをしてください」の変形バージョンだと思ってください。

つまり、面接官が求めているのは「頑張ったことを経て、どのような強みを体得できたか?」ということです。

この場合、まず考えられるのは「自己PR等で話してきた、あなたの1番の売りを "粘り強さ" としているのなら、その説得力を更に増すために、この2番目でフォローする」というやり方ですが、これは誰もがやることなので、あまりお勧めしません。

それよりも、例えば「自己PR」あるいは「大学時代に1番頑張ったこと」で、 "粘り強さ" という点をアピール済みであるのなら、この質問では全く別の「あなたの魅力」をアピールした方が、ライバル達に勝つには効果的なのです。
 

回答モデルを見てください。

この学生は、先に自己PRで「ボランティア活動を通して体得した"粘り強さ"」をアピールしていたのですが、ここでは全く違うアルバイト話を持ち出し、その中で地味ですが業務改善に取り組んだエピソードを中心に展開しています。

学生レベルで大型プロジェクトを責任者として遂行した、だと眉唾ものですが、このように身の丈に合ったレベルでできる業務改善だと、面接官も納得して聞けますし、この経験は仕事でも充分に役立つと評価してくれることでしょう。

そして、その成果を数字で語り、他人からの評価も加わると、この力があることを確かにします。

このように、今までとは違う「売り」とエピソードから、多面的な魅力が備わっていることをアピールしていきます。



良い回答例


 「2番目に頑張ったことは、大学1年次の夏から始めた塾講師のアルバイトです。

個別指導の塾ということもあり、宿題プリントを大学生の先生が個々に作成していたのですが、会議でこれを共有化することを提案して承認を得、私が責任者として保管方法や取り出し方についてルールを決めるなどし、これを制度化して運用していきました。

実は授業後にこれを作るのがみんな大変だったのですが、これにより日常業務の2割ほどが省力化できて、その分、生徒の対面指導に力を注ぐことができるようになりました。

他の先生からも「負担が減って助かったよ」と言ってくれています。

この経験により、問題を放置せずに創意工夫して改善していく力を身につけることができた、と自負しています。」

 

ポイント


・あえて「1番」と違う「売り」をアピールを選択する
 
・成果を伝えることで、その「売り」を確かなものにする



ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



4月も半ばに差し掛かり、いよいよ選考が進んできていますね。


私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。

塾生の中には、内定獲得者もチラホラ出て参りました。

最終面接を控える学生も増えてきています。




さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日は、ボランティア活動の経験の有無を問われた場合について。


◎面接官の本音は?

 ・思ったことを行動に移せる「実行力」を感じたい
 

・素直さや前向きさを感じたい



◎解説
 

ボランティア活動の必要性や意義については、誰もが理解していることでしょう。

しかし、「とはいえ、やったことはない」という人が大半だというのが現実です。

ですので、もしあなたが経験ありならば、「ボランティアしないのはおかしい!」といった強引な主義主張や、「ボランティアした俺は凄い!」といった自己陶酔なPRにならないように気をつけつつ、ボランティア活動の内容説明だけでなく、その活動を通して「感じたこと・考えたこと」について話してください。

そうすれば「実行力」は、間違いなく評価されることでしょう。
 

では、「ない場合」はどう答えれば良いのか? 

必ずしも、活動経験がない=マイナス評価、となるわけではありませんが、ボランティアに関心がある人と全くない人とでは、前者の方が好印象であることは間違いないでしょう。

ですから私は、「経験はないですが、今後はぜひ積極的に取り組んでいきたいです!」という主旨の回答を推奨します。
 

ここで回答モデルを見てください。

「ない」の後に、規模は小さいけれども募金のような社会奉仕活動を伝えて、思いつきではなくボランティア活動に参加したいという、奉仕の精神をちゃんと持っていることを説明しています。

そして、真摯に反省してから、この先についてのボランティア活動への参加を約束する、という切り返しで、「素直さ」と「前向きさ」をアピールすることにつなげています。

これならば、ボランティア活動がなくても面接官は好印象を抱いてくれることでしょう。



良い回答例


 「残念ながら経験はありません。

社会への奉仕活動といえば、赤い羽根の共同募金やコンビニの募金箱に釣銭を寄付するといったことはこまめに行っています。

でも自発的に汗を流すようなボランティア活動は、今まで一度もやったことがありません。

ボランティア活動をしてみたい、という気持ちはずっと持っているのですが、正直なかなか行動に移せていません。思っていてもやらないのは、やはりダメですよね。

今、この面接で改めて自分の甘さを認識できたので、この就活が終わったら友人達を誘って、すぐさま行動に移したいと思います。」

 

ポイント


・思っていても行動に移せていないのだから、潔く反省の弁を述べておく
 
・最後にこの先に取り組むことを約束して、前向きな姿勢をアピール




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



4月も半ばに差し掛かり、いよいよ選考が進んできていますね。


私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。

塾生の中には、内定獲得者もチラホラ出て参りました。

最終面接を控える学生も増えてきています。




さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日も昨日に続き、サークル活動の有無について。

していない場合は、どう回答すべきか? を解説します。


◎面接官の本音は?
 

・なぜやらないのか?その理由を聞きたい
 

・サークル以外の取り組みと集団活動を聞かせてほしい



◎解説
 

「サークルには入っていない」と答えた場合、面接官は間違いなく「大学生活における最もポピュラーな課外活動であるサークルに取り組まないのはなぜ?」「もしかして、人付き合いが苦手なタイプなの?」という疑問を抱くでしょう。

よって、まずは この疑問を払拭する必要があります。

そしてもちろん、この質問で面接官が見たいのは「集団の中のあなた」なのですから、それが伝わるような話をしなければダメです。
 

それなので、回答の流れとしては、なぜ入らなかったのか?という理由を丁寧に説明した後、サークル以外に取り組んだことをアピールしつつ、「集団の中のあなた」もフォローしておきます。
 

ここで回答モデルを見てください。

大学受験時代からの想いを語ることで、法律の勉強に専念したかったことが、サークルに入らなかった理由であることを明瞭に説明できています。

更に、講義の出席実績や試験勉強の頑張りなど、勉強について具体的な行動詳細を話すことで、単なる思いつきではなく、本気で励んでいることをきちんと証明できている点もグッド。

最後に勉強の一環であるゼミ活動の話を切り出し、そこでゼミ生との関係性に触れておくことで、「集団の中のあなた」をフォローできています。

このように面接官の疑念を払しょくして、集団活動にもちゃんと取り組んでいることを伝えておきます。



良い回答例


 「私はサークルには入っておりません。

というのも、私はとにかく法律を学びたい一心で法学部に入りましたので、大学では法律の勉強に専念したいと思ったからです。

だから、サークル活動はこの勉強の妨げになると考え、入りませんでした。

逆に力を入れた大学での勉強については、悪天候の時でも講義には必ず出席するようにし、試験勉強も頑張ってきましたので、今まで一単位も落としておりません。

また3年次からはゼミ活動にも力を入れています。ゼミの中では今、5名のメンバーを束ねるグループ長を務め、、次のグループ対抗のディベート大会に向けて、みんなと戦略会議を行っているところです。

意見がまとまらないことも多く調整が大変ですが、みんなをまとめるという貴重な体験ができている、と思って頑張っています。」
 

ポイント


・なぜ入らなかったのか?を丁寧に説明する
 
・他で頑張っていることアピール+集団活動への取り組みフォローが大事




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



4月も半ばに差し掛かり、いよいよ選考が進んできていますね。


私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。

塾生の中には、内定獲得者もチラホラ出て参りました。

最終面接を控える学生も増えてきています。




さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日は、サークル活動の有無に場合について。

今日と明日とでサークルに入っている場合と入っていない場合に分けて、解説していきます。

今日はサークル活動をしている場合について説明します。


◎面接官の本音は?
 

・所詮はサークル、凄い実績アピールは聞きたくない
 

・サークル活動の経験から、組織の中でどのように行動するのか?確認したい



◎解説
 

この質問に対して、「サッカーサークルに所属しております。昨年は、○○大会で優勝しました!」といった実績自慢話を披露する人が多いようですが、それはあまり意味がありません。

面接官は、この質問を通して「あなたが、集団の中でどのようなポジションに就き、どのような行動をとり、どんなことを得られたのか」について知りたいと思っています。

会社勤め=何十年も続く集団生活なわけですから、そこでの適性は合否を決める重要なポイントとなるのです。

もちろん、「100名いるサークルで◎◎代表をやってました!」と、大所帯サークルでの役職自慢に終始するのもNG。

代表であれば、「リーダーシップを発揮することの難しさと、その経験を通じて得たもの」といったことを、具体的に語る必要があります。
 

ここで下記の回答例を見てください。

サークルのイベント幹事といえば、学生の皆さんにとってありがちな話ですが、その役職の凄さアピールをするのではなく、そこでイベントに臨む姿勢や事前準備を具体的に述べて、組織の中で責任感を持って行動できることを伝えることができています。

そして、サークルのイベント幹事の任務が、準備の大切さを会得することにつながり、更に自分の成長につながったという成果に結びついています。

このように話すと、面接官の知りたい、集団での立ち位置と行動内容、得たことが明確になります。



良い回答例


「私はサッカーサークルに入っています。

当初から私は同期を集めてバーベキュー大会や飲み会を開催するなどして、仲間との親交を深めることに力を入れていました。

3年次にはこの取り組みを買われ、イベント幹事に選任されました。

約50名と人数が多いサークルなので、納会といったイベントはでは大きなお金を扱いますし、過去に酔った部員がトラブルを起こすこともありました。

そのため、トラブルなく無事イベントを終えれるよう、事前にスタッフ達と徹底的なシミュレーションを行いました。

よく「段取り八部」と言いますが、まさしくそのとおりで、イベントが終わる度に事前準備の大切さを痛感できました。
このサークルで私の一生の財産と言える友人を手に入れ、またイベント幹事で一回り大きく成長できたので、本当にこのサークルに入ってよかったと思っています。」
 
 

ポイント


・就いたポジションPRではなく、そこで何に取り組んだか?をアピール
 
・サークル活動の中の役職で得たことは、必ず盛り込むこと



ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて、今日からは「大学時代に力を入れたこと(ガクチカ)」、「学生時代に打ち込んだこと(ガクウチ)」の作り方について、面接シーンを念頭に置いて、シリーズで説明していきます。


「自己PR」「志望動機」と同様に、就活面接で必ず聞かれる質問がこれですよね。

そして、多くの就活生が「凄いことを言わなければならない」、「ユニークなことを言わなければならない」という強迫観念を持ってしまっているようですが、それは大きな間違いです。

面接官は、「頑張ったことは何なのか?」という行動事実を重視しているわけではなく、実は「頑張ろうとした中で掲げた目的や目標に対して、あなたがどのように取り組んだのか?」について聞かせて欲しいと思っているのです。


ですから、「頑張ったこと」の選定は、アルバイトでもサークルでも、何でもかまいません。


ただし、例えあなたが心から頑張って取り組んだ、と言えることだったとしても、

・ゲーム、漫画

・宗教や政治に関連すること


といった、明らかにリスクが大きいネタはNG。


また学生時代という長期の取り組みを聞かれているにも関わらず、短期間で終わるスポット的なこと

・2週間程度のインターンシップ

・数カ月の語学留学

ここではふさわしくないので避けておきましょう。


回答の流れですが、まず「頑張ったこと」を選択して、その概要を説明します。

そして頑張った中で、あなたがぶつかった壁とそれを乗り越えるための努力や取り組みを語ります。

ここは結果が伴っていなくてもかまわないから、あなた自身が主体的に取り組んだ内容を詳細に語るようにしてください。

そして最後には就活のセオリーどおり、必ずこの経験から「得たこと・学んだこと」で締めておきましょう。

ただし、勢いあまって

「この経験から○○スキルを体得しました!これは御社の○○業務でも必ず役立ちます!」

と、いかにも高い業務スキルを身につけたように言ってしまうと、自己顕示欲が強い人と見られ、今までの回答やこれからの回答も大げさではないか?と眉唾で見られる危険性がありますので、やめておきましょう。



それではまず、「サークル活動」をベースにした回答について、考えてみましょう。

サークル活動を選択する場合、ついつい役職自慢やサークル自体の凄さアピールに偏りがちです。

しかし、面接官が感じたいのは、あなたがサークルという環境において、自らが掲げた目的や目標の達成に対する努力、取り組みです。


では先に回答モデルを見てもらいましょう。

◎回答モデル◎

「私はサイクリングに力を入れました。

私は入学時からサイクリングサークルに入り、普段はサークル仲間とツーリングを楽しんでいます。

この活動の中で、2年次に夏休みに単身で挑戦した、自転車による四国八十八ヶ所巡りが、一番大変でした。

真夏の炎天下の中、総行程1,400Kmをたった一人で走破するというのは、当初の見通しよりも遥かに厳しく、軽い熱中症にかかったり、筋肉痛になったこともありました。

途中何度か止めようと思いましたが、それでは自分自身に負け、また快く送り出してくれたサークル仲間の期待を裏切ることになる、と考えを改め、日数をかけながらも無事完走を果たすことができました。

あの辛い経験が私を精神的に強くさせてくれたと思っています。」


普段のサークル活動では特にアピールすべきものがない、といった場合、このように1つの取り組みをピックアップして、そこを深堀りするというやり方もあります。

四国八十八ヶ所巡りや総行程1,400Kmといったように、数字を用いて語ることで、その内容の確かさを伝えることができています。

この経験で、精神的に強くなった、という締めも納得できる流れになっていますよね。



次回はアルバイトをベースにした「ガクチカ・ガクウチ」の作り方を説明します。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。



PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

↑このページのトップヘ