元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

リーダシップ

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて、しばらく更新が滞りましたが、今日からまたブログを更新していきたいと思います。


エントリーシートの提出ラッシュが落ち着いて、いよいよ面接選考、という就活生が多いのではないでしょうか?


今日からは面接について、説明していきたいと思います。

まずはよくある勘違いについて。


企業の採用ページに、求める人物像ってありますよね?

これに強引に合わせるというか、寄せる就活生が多いのですが、果たして効果的でしょうか?


もちろん、自身の強みとしてそれがぴったり当てはまるのならば、そのままPRすればいい。

問題は、求めるものには程遠いのに、いかにも備わっているようにPRすることです。


たとえば、

・リーダシップがある人

とあった場合。


私はリーダーシップに自信があります。ゼミではグループ長を務め、意見の違うメンバー達をまとめました。

みたいな、薄い裏付けでリーダーシップがあることをPRしますが、これでリーダーシップが備わっている、と百戦錬磨の採用担当者が納得してくれるでしょうか?


同じくやりがちなのが、コミュニケーション力アピール。

今や文系の営業・販売職だけでなく、理系だろうが、研究・開発系職種だろうが、コミュニケーション力が求められます。

そのため、

私はコミュニケーション力に自信があります。

と声高にPRしてしまうのです。


これはあくまで私の個人的な見解ですが、このコミュニケーション力って、面接のやり取りの中で、採用担当者に感じてもらうものであって、自らPRするものではない。

むしろこのコミュ力PRで、後の面接のハードルが上がってしまいます。


たとえば、

コミュニケーション力に自信があるんだね。では、○○を30秒でわかりやすく説明してください。

うーーん、その回答もうそうだし、今までの面接のやり取りで、君にコミュニケーション力が備わっているようには感じないんだけど・・・ それについてはどう思う?

と面接官に詰問されて、ヘロヘロになること必至です。


ここも真にコミュ力に自信があるならば、堂々とPRして、その裏付けをしっかりと語れば大丈夫ですが、これを証明するのって至難の技と私は考えています。


よく勘違いされますが、饒舌に話せることがコミュ力ではないですしね。


*******************************************

ちょっと宣伝です。

3月中旬になった今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************


毎年、コミュニケーション力をPRする就活生がいますが、面接官はそう感じていないケースが圧倒的に多い。

面接選考が本格化する前に、今一度、何をPRすればいいか、考えてみてください。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。




今日は昨日の続きです。「大学時代に頑張ったこと」について、取り上げます。


昨日、よくありがちな事例を示しました。

私はゼミ長としてメンバーをまとめるように頑張りました。就任時にはメンバーの親睦を深めるため、飲み会の企画に取り組み、幹事を務めました。飲み会当日はメンバー一人一人に積極的に声をかけるなどし、場を盛り上げました。この結果、ゼミ内に団結力が生まれて、ゼミの運営がうまくいきました。この経験から私は、リーダーシップを磨くことができました。

しかし、これでは厳しい就活戦線は勝ち抜けないと書きました。

それを今日説明しますね。



この文書で感じ取られることは、次の点です。


①ゼミ長を務めたことが凄いと思っている。

確かに何にも売りがないよりはいいですが、ゼミの構成人数や専攻内容、教授の指導方針などによって、この評価が大きく変化します。

たとえば、3人しかいないゼミで、ゼミ長を務めた!と声高にPRされても・・・ね。

私が支援したW大の2013年度就活生は、ゼミの構成員はたった一人だったとか。


特に文系のゼミは、そもそもそんなに勉強していない、というバイアスがかかっていますから、ゼミ長のPRがどこまで通用するか?です。

このバイアスを打ち返すだけの説明が必要になります。



②取り組んだ内容がショボい

飲み会を企画し当日幹事を務めた、というのが、この就活生の自主的な取り組みのようなのですが、みなさんどう思いますか?

凡庸な印象を持ちませんか?

そんなのどこのゼミだってやってるでしょうからね。

他にゼミ長として主体的に取り組んだことないのかな?と。



③因果関係が不明

飲み会でゼミのメンバー一人一人に声掛けをしたことが、ゼミ全体の団結力につながり、ゼミの運営がうまくいった、と一見つながっているように見えますが、果たしてそうでしょうか?

確かにビジネスの場でも飲みニケーションは大事ですが・・・



④最後のまとめが痛い

このエピソードで、リーダーシップを磨くことができた、は言い過ぎでしょう。

ゼミ長なので「リーダーシップ」がキーワードとして出てくるのは、決しておかしくないのですが、内容とリンクしていません。



日本語としては間違っていません。一見正しそうです。

競争率の低い企業への応募は別として、みなさんが応募するような人気企業に対して、このまま出すのは、厳しいと思います。


「ほんなら、どー書くねん?」

と突っ込まれるの必至なので、次回この件について、最適解を説明したいと思います。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/



さて、今日もエントリーシートの自己PRについて。


「リーダーシップ」をPRする続きで、3回目になります。

今日も事例を2つ紹介します。


自己PR例

3年間務めた飲食店で任されたアルバイトリーダーで発揮したリーダシップ

<人事の目線>
一つのアルバイトを長く継続した点は評価する。

もし老若男女の複数のアルバイトスタッフをまとめ上げていたならば、こういったは社会の縮図ともいえるので、より高評価を与える場合あり。

単に長く勤めていたから、そういった立場をやらされた的な話は、もちろんNG。


自己PR例

ゼミ長を務めたことによるリーダシップ

<人事の目線>
そのゼミの規模やゼミ開催頻度などの関わり具合、その研究内容がしっかりしていて、そこで自身が積極的に研究に取り組んだ成果などがあれば、評価する。

ゼミ旅行やゼミ合宿をまとめた的な話は、ゼミというアカデミックな話と乖離するので、思うより評価しない。


【結論】
極論になるが、グループ面接で隣にW大学体育会ラグビー部の主将がいて、100名を超える部員を統括していたというリーダシップをPRした際に、同じことを主張できるか、どうか?


内閣総理大臣ですら、今やリーダシップが欠落している時代、そもそもあなたが考えるリーダシップとは何か?といったリーダシップの定義をしておくこと、そしてそれを裏付けるエピソードが最も重要。




あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で

就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、

もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方は

ご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、

このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、

就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/



さて、今日もエントリーシートの自己PRについて。


「リーダーシップ」をPRする続きです。

今日は事例を2つ紹介します。


自己PR例


自らイベントサークルを立ち上げて、組織を運営してきたリーダシップ

<人事の目線>

そのイベントの規模や集客数が小さ過ぎず、その内容(目的・企画・運営・成果)がしっかりしていて、そこで自身が積極的に取り組んだことが周りにいい影響を与えたのであれば、評価する。



自己PR例

 

大学4年生の時に務めたサークル代表で養ったリーダシップ

<人事の目線>

最年長になったことが理由でエスカレーター的に代表になったのならば響かないが、自身が代表になってからの取り組みによって、何かしらの成果が出たのであれば、評価する。




あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で

就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、

もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方は

ご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、

このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、

就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/


今日は久々の更新です。

これからは真面目にコツコツ更新して行こうと思います。


さて、今日はエントリーシートの自己PRについて。


自分本位で書いても、それは採用担当にとっては、自己PRとしてとらえないケースが多々あります。


事業会社の人事部長の経験から、具体的な事例を用いて人事の目線で解説していきます。



自己PRについて、「リーダーシップ」をPRする学生が多いので、まずこれを取り上げます。


自己PR例

 

自らスポーツ(草野球、フットサル等)サークルを立ち上げて、組織を運営してきたリーダシップ



<人事の目線>

毎年、多いパターンの話で、食傷気味である。

所詮、サークルレベルの話であるからまず心に響かない。

特に勝敗にこだわった云々を言われると興ざめでしてしまう。

勝敗にこだわるような、本気でスポーツ競技に取り組むのであれば、体育会でやるべきである。

それなので、体育会学生と比較すると、明らかに評価は落ちるし、これだけではリーダシップがあるとは感じ取れない。




あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で

就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、

もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方は

ご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、

このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、

就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ