元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

内定

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師


まだ内定のない4年生&その父兄の方々は、ぜひ「就活の家庭教師」を検討してみてください。

来年、仕切り直しで再度就活する、みたいな、悠長なことを言っていると、もっと厳しい状況に追い込まれますよ。



拙著は出版社のチカラ関係で、書店ではなかなか並ばないのですが、お読みいただいた就活生には、好評をいただいております。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて、昨日に続いての更新です。

昨日は現3年生が今やるべきことを書きました。



で、今日は4年生について。

既に就活が終わっている4年生が大半で、そういった方は本ブログは卒業されているはず。


それよりも、まだ内定がない、もしくは内定があっても内定先に就職するのは不安、という4年生に向けての話になります。


周りの友達はもうとっくに内定をゲットしていて、自分だけ取り残された感じで、誰にも相談できない。

ずっとやっているけれども、結果がついて来ない、家族からのプレッシャーも辛い。

このように精神的に行き詰っている4年生も少なくありません。


でも全然問題ありません、大丈夫です。

今からでも充分に間に合います。


では、具体的にどうすればいいか? ですが、次の2つの行動を起こしてください。


(1)自分の通う大学のキャリアセンターに相談する

求人情報があるところは、マイナビ・リクナビといった就活サイトだけではありません。

マイナビ・リクナビを見て、「既に採用が終わってる。もう応募する企業ないじゃん!」なんて悲観する必要はありませんよ。

キャリアセンターには、その大学オリジナルの求人もありますし、所属するキャリアカウンセラーがあなたに合った求人を探して提案してくれるケースもあります。

今も大学にはドンドン新規求人が来ていますし、あなたの大学の学生の気質をもっともよく知るのが、所属キャリアカウンセラーです。

ですから、今まで一度も相談したことがなければ(実は結構多いのです)、ぜひ相談してみてください。


(2)新卒応援ハローワークに相談する

大学のキャリアセンターと並行して、新卒応援ハローワークにも行ってみましょう。

ここには大学求人とはまた別の求人があります。


地域密着の中堅・中小企業が多いのが特徴で、あまり学生に知られていないせいか、掘り出し求人も多いのです。

たとえば金融業界って早くに採用が終わっているように思っている人が多いのですが、今でも信用組合や信用金庫といった金融機関の求人があったりします。


大学のキャリアカウンセラーとウマが合わず、大学のキャリアセンターには行き辛い、という学生も、ちょくちょく目にします。

こういった場合こそ、我流でやらずに新卒応援ハローワークを活用してみてください。



最後に宣伝臭くて申し訳ないのですが、お金をかけてウチのような就活支援機関を利用するのも一手です。

(あくまで最終手段として考えておいてください。)



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。







PS 

ちょうど今、3年生と4年生の両方から、就活支援の依頼が来ています。

マンツーマンでしっかりとサポートしますので、就活に不安がある方はぜひ!

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



ここのところ、就活支援の依頼が殺到しています。

お祈りメールが続いたため、このままではヤバい!と自覚されたのでしょう。


就活は早め早めの対策が大事。

超大手企業の総合職はゴールデンウィーク前後で、内定出しを終えますからね。

全て落ちてから立て直すのでは、明らかに遅い。


このままだとヤバいかも? と思ったら、早めに専門家(大学のキャリアセンター推奨、怪しい就活塾には注意)に相談を!


もちろん、私も相談をお受けしています!(初回無料)

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

早めのご予約をお願いいたします。




さて今日は、遡りますが、面接の基礎の話。

今年度は新卒の採用数を増やしている、とのニュースがにぎわしています。

がしかし、ごく平凡な大学生にとっては油断大敵、厳選採用がトレンドですので、採用基準を満たしていない場合は、たとえ採用枠が余っていても採らないのです。

まずここを勘違いしないことです。


企業は利益を追求する集団ですから、仕事ができないヤツはいりません。

では、まだ働いていてもいない学生の「仕事ができる・できない」を、どのように判断しているのか?

それは「一流大学の学生=仕事ができる」あるいは「強豪体育会で主将やっていたみたいな、輝かしい経験がある=仕事ができる」、このような基準です。かなり無茶苦茶な線引きですが、残念ながら これが現実だと思ってください。

つまり、上記の基準をクリアしている「就活上位の大学生=エリート大学生」ではない、いわゆる「ごく一般的な大学生」であるあなたは、彼らと同じ戦略で就活に臨んでも決して内定をとることはできないわけです。

たとえば、募集要項に、四年制大学であれば学部・学科不問との堂々と載せていても、人気企業となれば初期段階において、大学名でふるいにかけているのは、今や常識中の常識。

選考で就活上位校の学生と同じように扱ってもらえるなんて、「ごく一般的な大学生」は甘い考えを持たないことです。

ましてや今の就活期間の短縮化により、企業が採用対象とする大学を絞り込む傾向が強くなっています。

たとえば、就活上位校にターゲットを定めて、そこで学内説明会を行い、そこで一気に選考して採用枠を埋めてしまう、といったのは最近顕著な傾向です。

企業の絞り込みが加速する中、「ごく一般的な大学生」は、間違った就活のやり方をしていると、苦戦を余儀なくされること必至です。




もちろん、「ごく一般的な大学生」であっても一流企業、優良企業を受験できるチャンスは必ずあります。

ただし、受験できても内定がとれるかは別の話。

エリート大学生と違って、内定までの道のりが遠いということです。

この厳しい現状をまずきちんと理解しないで、闇雲に戦っても受かるわけはありません。

更にみんながすがる、今の就活テクニックなんて、一流大学の強豪体育会に所属する大学生が、フジテレビのような超難関企業を受験するような事例が紹介されていたりして、おおよそ「ごく一般的な大学生」には関係のない異次元の話になっています。

このようなテクニックを盲目的に信じて習得したからといって、自分には全然合っていないのだから、厳しい就活市場で勝ち抜けるはずがありません。


*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************

突然ですが「孫子の兵法」って知っていますか?

中国の思想家が書いた、世界的に有名な兵法書です。

この中の有名な名言に「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」があります。

就活に置き換えると、「応募先企業のことを知り、自分のことをちゃんと知っていれば、100社受けたとしても大丈夫」ということ。

もう少し噛み砕いて言うと、ここで書いているように、「ごく一般的な大学生」でも自分の強み・弱みをちゃんと知り、自分に合った企業を選択し面接官の本音をちゃんと読めれば、就活面接は必ず勝てる、ということです。



今、就活の第一次ピークが終わろうとしています。

でもこれは大手企業や人気企業の動きであって、中堅、中小企業の採用活動はまさしくこれからです。

この証左として、新卒応援ハローワークの求人情報公開は、まさしく今月の1日からです。


卒業までにまだ1年あります。

この1年の間に、自分に合った会社を1つ見つければいいのです。


周りが内定をもらっている、友人はもう既に就活を終えた、といった情報に振り回されることなく、「自分は自分」で焦ることなく、自分に合った就活のやり方で進めてください。





ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)









複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて昨日は、マンツーマンの就活サポートの依頼がたくさん来ました。


最近、相談内容で多いのは、

3年生だと一通りやってみて結果が出ない、志望業界全滅、といった状況に置かれてしまった。

これからどうすればいいか?

4年生はもうすぐ既卒となってしまうが、今後の就活をどうしていけばいいか? 自分ではどうしようもない、行き詰っている。

といった感じです。


このブログの読者にも、当てはまる人も多いのではないでしょうか?


これには「早め早めの対策」と「継続」の2つしかありません。


専門家に相談したことがないようならば、早めに自分の就活が適正か、チェックしてもらってください。


そして祈られ続けても、就活は続けることです。

秋採用に賭ける、みたいな、就活ブランクを空けるのは、止めておいてください。





さて、今日も面接における質問とその対策ですが、個別の質問対策ではなく基本的な話。

就活生からよく問われる、回答の長さについて。


質問に対して、どれくらいの長さで話せばいいのですか? 毎年、就活生から多く寄せられる質問です。

質問にもよりますが回答の長さについては、絶対な正解がないのが本当のところです。


もちろん端的にポイントを押させて話すのは必須ですが、無理に1分以内にとか、世に出回っている就活テクニックのような型にはめる必要はない、これではかえって不自然な印象を与えてしまいます。

面接は会話、コミュニケーションですから、面接官とのやり取りの中で、判断していけばいいのです。



例えば、「大学時代に頑張ったことは何ですか?」との質問に「◎◎というサークル活動です」と回答した後に、間髪入れずに「それって具体的にどう頑張ったの?」と短く切って突っ込んでくる面接官もいます。

一方で質問した後は、何のリアクションもせずに、その後の話の展開をずっと待っている面接官もいます。

なので、ここはあまり難しく考えずに、面接のやり取りの中で、短く切って話す方がいいのか? それともちゃんと最後まで話す方がいいのか? をつかんで、臨機応変に回答すればいいということになります。

その見極めが難しい、と言われそうですが、通常であれば前者の短く切って突っ込んでくる面接官の方が少ないですから、「◎◎というサークル活動です。これは・・・」と結論を先に言った後に、続けて話を展開しておけばいい。

通常のやり方で話を遮ってくるようならば、短く切ればいいというだけのことです。




以前このブログで紹介した「PREP法」を私が勧めているのは、この時間調整の対策にも適していることも理由の一つとしてあります。

P(結論)とR(理由)のパートは普段どおりに話して、E(例)のところでエピソードを複数述べたり、もしくは端折ったりして、ボリュームを柔軟に調整できるのです。

また短く切って突っ込んでくる面接官にも対応できる。例えば、P(結論)で遮られたとしても、その後にR→E→Pの順で話せばいい。

ここでもまさしくPREP法の特長が活きてくるのですね。



*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************


ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)









複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて昨日は、グループディスカッションの対策について、大学でレクチャーしてきました。

決して公にできない、姑息なテクニックも伝えたので、就活生には大好評でした。


グループディスカッションで躓いてしまう、って就活生も、ぜひお気軽にご相談ください。




さて、今日も面接における質問とその対策ですが、個別の質問対策ではなく基本的な話。

「話す内容はエントリーシートと同じでいいのか?」ということ。


先にポイントを申し上げると、「面接は暗記発表会ではない」のです。

事前に提出しているエントリーシート(ES)に書いた内容を外してはいけない、という心理から、一言一句に至るまで、しっかりと暗記し、それを抑揚もなく淡々と話す学生がいます。

面接に臨む前に準備してきたことは認めますが、書いてあることは読めばわかりますし、面接本番前にきちんと目を通している場合も多いでしょう。

限られたスペースで書き切れなかったことがたくさんあるはずですし、読めばわかるものを同じようになぞった内容を聞きたい訳ではありません。

なのでここは、基本的にはESで書いたエッセンスはそのままにしつつも、その詳細を自分の言葉で語る方が面接では効果的なやり方なのです。



ESを深堀する方法もあります。

例えば、自己PRを聞かれたとしましょう。

既にESで「粘り強さ」をアピールしていた場合、これを裏付けるエピソードを、ESとは違う話を持ち出して補強する、というやり方があります。

ESに沿って自己PRした後に、「ESでは書けなかったのですが、実は高校時代の部活でもこの強みを発揮して、日々の練習に励むことで3年生の時に県大会への出場を果たすことができた」と違う実績を持ち出すのです。

裏付けるエピソードが多ければ、そのセールスポイントが備わっていることを確かにしていきます。



応用編になると、思い切って違うものを持ち出すのも有効でしょう。

あえて違う自己PRをするという高度なテクニックも「あり」なのです。

「ESでは「粘り強さ」をアピールさせていただきましたが、せっかくの面接の機会ですので、同じくらい自信がある、もう一つの「行動力」について、説明させていただきます」という風に違う自己PRを展開するのです。


要は、先に書いて提出したESの内容をなぞるのはもったいないし、これでは能がない。

売りが乏しい「平凡な大学生」ほど、こういった工夫を施して、少しでもライバル達に差をつけることが大事になってきます。


*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************


ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)









複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて昨日、某新卒人材紹介会社の担当者と、お話しする機会がありました。

既に内々定を出している企業もあるが、誓約書提出については、大方保留しているみたいです。

例年どおり、4月になったら、一気に内定出しして誓約書提出を求めるのでしょうね。



さて、今日も面接における質問とその対策です。

「あなたの夢は何ですか?」を問われた場合。


◎面接官の本音は?

・プライベートな夢は語らないでほしい

・双方のベクトルが合っているか、確認したい


◎解説

ここは本音であっても、「幸せな家庭を築きたい」「マイホームを持ちたい」といった、自身のプライベートな夢を語るところではありません。

応募企業に入社してからの、仕事上で実現したい夢を語るのが定石中の定石です。

なので「応募企業」×「仕事上」という2つの要素を必ず盛り込んで回答します。

特に「応募企業」の事業展開や社風などといった企業の特徴とベクトルを合わせておくことが重要。

例えば、「(応募企業の事業とは全く関連性のない)新規事業を立ち上げたい」的な話だと「それならば当社で働くのは違う、R社に行くのが合っている」と見限られてしまうこと間違いなしです。

企業研究に基づいて、「説明会でお会いした内藤様のような、立派なアカウントマネージャーとなるのが私の夢です。

将来はVIP企業を任され、田中さんだから安心して一任している、とお客様に絶対的に頼られる存在になりたいです!」と、現実に即したかたちで、こじんまりとまとめる学生が大半を占めます。

しかし、ここはライバル達と差別化するために、学生らしく「壮大な夢」を語りましょう。

例えば「御社の社長となって、積極的に海外展開し、自らもトップ営業を仕掛け、世界No1企業にするのが私の夢です」的な大きさです。

ただし、大きな夢の後には、その戦略やプランを説明するといったフォローを入れて、はったりではなくて「ちゃんと考えています!」PRもしておきます。

面接官を唸らせるほどの説明力があれば最高ですが、この道筋の正当性を説明するのは学生レベルでは困難。なので、多少青臭くても意気揚々と自分なりの説明を述べておけば大丈夫です。


◎回答モデル:

「私の夢は御社の営業で、未来永劫破られることがないくらいの圧倒的な実績を残すことです。

年間に4棟売れば一人前で、過去最高でこの5倍の20棟を売った人がいる、と会社説明会で聞きました。

御社で営業として働けるのなら、絶対にこの記録を越えたい。

これだけを売るには、既存のやり方では無理でしょうから、逆算で考えて行動計画に落とし込む必要があると思います。

売れている先輩社員の営業手法を参考にさせていただく、ネットを駆使するなど、あらゆる可能性を試して自分なりの成功法則を見つけます。

そして、この成功法則を社内で活かすため、いずれは教える側に回って自分の弟子を育て、この「澤田営業メソッド」が、御社の営業の規範となるように普及させたいと思います。」


◎ポイント

□夢は「盛れる」からこそ、こじんまりしたものよりも壮大なものを語る

□甘さがあってもいいから、自分なりの夢実現の道筋を伝える


*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************


ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)









↑このページのトップヘ