元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

売り

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。



(今は電子書籍版しか扱っていないようです。)




ここのところ、2017年度卒業予定の、3年生からのインターンシップに向けた支援が多くなってきています。


就活は早め早めの対策が大事ですし、今インターンシップが青田刈りの場になっているのは、周知の事実ですからね。


4年生でもまだ決まっていない人もたくさんいます。


就活では、止まってしまうのが、一番よくないですから、早めに専門家(大学のキャリアセンター推奨、怪しい就活塾には注意)に相談を!



もちろん、私も相談をお受けしています!(初回無料)

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

早めのご予約をお願いいたします。




さて今日は、面接でのアピールの話。

身の丈に合っていないものをアピールしない
 

ある就活テクニックによると、今、どの企業もコミュニケーション力や論理的思考力を求めている、だからこれらをアピールしなければならない、そうです。

また別のものだと、これからのビジネス社会では、リーダーシップが一番必要とされるから、サークル幹事でもゼミのグループ長でもいいので、これをアピールすべきだ、とあります。

面接官が納得できるような「売り」を保有しているならともかく、このようなテクを真に受けて、例えば「コミュニケーション力には自信があります!」と宣言してしまう。

「それならば」と想定外の難しい質問をバンバン浴びせられて、アドリブの利かない回答を連発し撃沈してしまうといった事例が後を絶ちません。

これでは全く逆効果で、自分のことをわかっていない人、自分を大きく見せようとしている人、と見限られて、不採用直結です。

内定を獲りたい気持ちは痛いほどわかりますが、このように身の丈以上のアピールをすればするほど、ドツボにはまっていくのです。



*******************************************

ちょっと宣伝です。

就活が佳境を迎えた今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************

「平凡な大学生」でも、評価につながる「売り」はある
 

とはいっても、エリート学生と違って、「平凡な大学生」ゆえに、「売り」が見つからない、という悩みも多い。

でも面接でアピールできる「売り」は必ずあります。

例えば、キャリアのない学生とっては、「人柄」は重要な「売り」です。

「君と一緒に働いてみたい」「当社で伸びてくれそうだ」という「人柄」をアピールできればいい。

また業界研究や企業研究に人一倍取り組んで、その一生懸命な熱意を売り込む方法だってあります。

地味でもコツコツと続けている真面目さだって、「売り」になるのです。

自分をアピールするのは大事なことですが、嘘をついたりハッタリをかますといったことまでを、面接官は求めていません。

毎年この手の学生が多くて、正直うんざりなのです。
「平凡な大学生」だからこそ、学生らしく、誠実さや真面目さ、潔さ、一生懸命さといった、等身大の「人柄」を「売り」にして伝えることです。

これが必ず適正なプラス評価へとつながっていきます。




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2017年度は、慶應義塾大学、北海道大学、立教大学 、名城大学といった学生の就職支援を行っています。



2016年度は、東京電機大学、星薬科大学、成蹊大学、シドニー大学、関西大学、中央大学法学部・商学部、慶應義塾大学経済学部・SFC、東京女子大学、日本大学、同志社大学商学部・法学部、早稲田大学政治経済学部・商学部、創価大学、明治大学、山形大学、広島大学、近畿大学、中京大学、聖和大学、埼玉大学、東洋大学といった学生の就職支援を行いました。



2015年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行いました。



2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。




就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)









現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



さて、今日もエントリーシートについて。

エントリーシートでの鉄板課題は、下記の3つです。

①自己PR

②大学時代に力を入れたこと

③志望動機




それでは一つ一つ見ていきましょう。

今日も「大学時代に力を入れたこと」を解説します。


ある有名女子大の体育会ゴルフ部の部長を務めていた方がいらっしゃいました。


通常なら、凄い「売り」になるはずですよね。


しかし、実際はそれはあまり「売り」にはならなかった。



そもそも部員が少ない中、部長になるべき最高学年の4年生の部員が2名しかおらずに、片方が幽霊部員だったため、私しかやる人がいなくなって渋々・・・そもそも部活もゆるい感じで、練習参加も任意でしたし・・・

というのが実情だったからです。


就活上「売り」になる体育会といっても、サークル活動と同等、もしくはそれ以下という大学の部もあります。

(私が一昨年、サポートした有名女子大学のバドミントン部の学生から、好きな時にシャトルを打ちに行けばいい、そんな本気で頑張っている人なんていない、と聞き、随分とぬるい部活もあるんだな、と感嘆した覚えがあります。)



「記号」として見れば、「体育会」×「ゴルフ部」×「部長」は凄いのですが、やはり中身も大事。

この「記号」により表現次第ではエントリーシート選考は通過するかもしれませんが、きちんと中身が備わっていないと、この先の面接突破は厳しそうです。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


現在は慶應義塾大学、中央大学、同志社大学、立命館大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大、滋賀県立大学、北海道大学等の学生をサポート中です。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shuukatsujuku.com/



さて、今日もエントリーシートについて。

エントリーシートでの鉄板課題は、下記の3つです。

①自己PR

②大学時代に力を入れたこと

③志望動機




それでは一つ一つ見ていきましょう。

今日も①自己PRについて、解説します。


たとえば、体育会に所属し、競技でバリバリ活躍した就活生ならば、その事実だけで就活を優位に進めることができます。

しかし、凡庸な就活生って、そんな秀逸な「売り」って持っていない。

それで、自分には誇るべき「売り」がない、と頭を抱えてしまうのです。



確かに、体育会学生や帰国子女などの「売り」を明確に持っている就活生がいますが、採用するのは企業の採用担当。

このように一般的に「凄い!」と思わせる人でも、たとえば性格に難があったり、きちんとコミュニケーションが取れない人なら、採用には至らないでしょう。


採用選考は、ライバルがいる相対評価の世界ですが、周りを意識しても仕方がない。

ここは自分の「売り」をしっかりと確立させましょう。



話を戻します。

一般的な就活生が、自分の「売り」を探すヒントとして、「ABCの法則」があります。

:当たり前のことを

:馬鹿にせず

:ちゃんとやる(やった)

こういったエピソードがないか、探してほしいのです。


「何だ、こんな話では平凡過ぎて、採用担当に響かないじゃないか?」と思われる方も多いでしょう。


しかし、実はこれは非常に難しいのです。


たとえば、ダイエット、禁煙、英語・資格学習など、誰もがその重要さをわかっていても、なかなか続かないですよね?

派手な成果でなくても、地道にコツコツと取り組んだ継続力、持続力は十分「売り」になるのです。

そもそもビジネスって、この連続ですからね。


私が昨年サポートした学生のことですが、アルバイト先で地道にトイレ掃除を続けていたので、それを全面的に出すように自己PRの内容を改変して、見事メガバンクから内定を獲得したという事例があります。


同じような意味ですが、「凡事徹底」というのも、ビジネスの世界でよく使われます。


独創的で、キャッチーな自己PRを創らなければ、と勝手な妄想に縛られていませんか?


ぜひ自身が当たり前と思っているような、継続していることがあれば、それを軸に考えてみてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で

就活支援を始めたのは私達です。

(私達が始めたのは平成16年からですので、

もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方は

ご面倒でも一報ください。

ここできちんとお詫び申し上げて、

このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、

就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


初回は無料で相談をお受けしていますよ。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ