元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

履歴書

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日はまだまだホットなエントリーシートについて。

エントリシートの記入欄が小さくて、「別紙を使用しても構いません」的なコメントがあったら、どうするか?


答えは、ぜひ別紙を使いましょう!ということになります。


そもそも情報量で差をつけることができるのに、数行の狭い枠で勝負することはありません。

ただし、別紙だからなんでもいいか、というわけではありません。

情報が多ければいいんだろう、って10ページに及ぶレポートみたいなものはNGです。


A4サイズ1枚がちょうどいいボリュームだと思います。


また大学によっては、大学指定の履歴書も、2パターン用意されているところがあります。

A4サイズ1枚のものと、A3サイズ1枚のもの。


私は後者のA3サイズを使うように勧めています。


だって、伝えられる情報量が単純に倍ですからね。

A4サイズ1枚の方が書くのが楽、なんて、自分の都合で選んでどうするのでしょうか?

受かることを最優先に考えれば、どちらがいいかなんて簡単に答えが出ます。



書くネタがない、ボリュームを確保できない、というのは、まだまだです。

エントリーシート作成の初期段階で、このような状況では書類選考は厳しいでしょう。



大手企業を狙うのであれば、そろそろ書くことが固まっていないといけない時期です。


早め早めに行動してください。

今の活動量が、後々になって効いてきます。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。



さて、今日はエントリーシートと同じくらい重要な履歴書について。

履歴書は企業の指定がない限り、大学指定の用紙を使うのが一般的です。


おもしろいのは、大学によって違うこと。



一番違うのは、その大きさです。

A4サイズ1枚というところもあれば、その倍のA3サイズ1枚というところもあります。


情報量が倍違うとなると、有利・不利が出ますよね。


それなので、企業が指定した独自のフォーマットの履歴書に統一する動きもあります。



さて、履歴書で最も重視すべきポイントって、何かわかりますか?


字のきれいかどうか、ちゃんと書けているか云々、ありますが、私は「顔写真」であると断言しています。


履歴書内にある自己PRや志望動機は、エントリーシートと重複していれば、基本的に見ないです。



「顔がいいか」、「頭がいいか」、「性格がいいか」の3つを大枠の採用基準とする企業がたくさんあります。

前2つの要素は、書類で判別できます。


営業などの対人業務はビジュアルがいいに越したことはありませんから、「顔採用」は実際に存在します。

それを履歴書の顔写真で見極めます。


頭がいいか、という点は、学歴フィルターが存在している点で、おわかりかと。

履歴書の大学名を見て見極めます。


性格がいいか、だけはリアルな接点(グループディスカッションや面接)がないと見抜けないでしょう。



今からやれることとしては、履歴書の学歴は変えれませんので、顔写真のクオリティを上げていくことが大切になってくるのです。



写真館によって、その実力はまちまちなので、よく吟味して撮影場所を選んでください。



これは証明写真ではありません。

オーディションを勝ち抜くための写真であることをお忘れなく!



修正が行き過ぎて、「誰?実物と全然違う!」では当然NGですが、多少の修正はありだと考えます。

照明の当て方一つで、全然印象も違ってきますし。



特に人気企業に受かりたいのであれば、「写真なんてその辺で撮って、貼っときゃいいだろ」的な考え方は、捨ててくださいね。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただきます。)



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、ネット上で就活生の就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、中央大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学経営学部、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ