複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて、本ブログで最も読まれている記事が、「OpenES(オープンエントリシート)の紹介文」についてのもの。

最近、この相談も多いので、エントリーシート提出のピークを迎えた今、私なりの考え・意見を述べさせていただきます。



まず、「OpenES(オープンエントリシート)の紹介文」は、別になくても構わないか? という件。

企業側から、なくても選考には関係ない、影響がない、とのメッセージがあったとしても、企業へ送る有益な情報が多ければ多いほど、有利に働くことは予想されます。

この紹介文がオプション扱いだからこそ、他のライバルに差をつける意味でもあった方がいい、というのが私の結論になります。


以前、社員や作者の紹介状をもらってくることが応募の前提、という岩波書店の採用フローが社会問題化しました。

必須条件(岩波書店)なのか、歓迎すべき条件(紹介文)なのか、の違いはありますが、類似していると思います。




では紹介文を書いてもらうと方向で進めるとして、次に

・いったい誰に書いてもらうのがいいのか? 

・二人書けるようだが、一人ではダメなのか? 

という問題が生じてきます。




それでは整理していきましょう。

・いったい誰に書いてもらうのがいいのか? という件。


友人同士で書き合うという提携を結んでいる話をチラホラ聞きますが、いくらあなたのことを知っているからといっても、友人では拙い感じがします。

みんなエントリーシートすらなかなか書けないにもかかわらず、他人の紹介文を書くというのは非常にハードルが高いでしょうし、それこそ親しい友人しか頼めない→内向的、とレッテルを貼られるかもしれません。


かといって、大学の教授やキャリアセンターの相談員など、今最も近くにいる大人に頼もうとしても、紹介文の執筆には一切協力しない、と大学ぐるみでルール化しているところも多い。

昔の理系研究室の紹介のように、やはりここは大学関係者に書いてもらうのがベストだと思いますが、こういった伏線を張られている大学の学生は、他を探すしかない、ということになります。


なお、大学によっては、また教授や准教授、助手、講師によっては、快く対応してくれるかもしれません。

明確にNGを出している大学でなければ、一度打診してみることをお勧めします。



大学関係者がNGだった場合、誰に依頼するのがいいのか?

・大人、それもできれば権威者(平社員よりは部長、部活の3こ上の先輩よりも監督・コーチ)

・できるだけ最近に接点のある方(小・中学校時代よりも高校・大学時代に関係がある方)

の2つの条件を満たす方が効果的だと思います。



ここでズバリ、私の結論を述べます。

(・二人書けるようだが、一人ではダメなのか? の回答にもつながりますが、)

一人は、高校時代の先生

もう一人は、アルバイト先の責任者(店長、フロアマネージャーなど)


の2人セットで書いてもらうやり方をお勧めします。



高校の担任の先生なら、まだ頼みやすいですし、卒業した今でもまだ関係性が近いと言えます。

大学の就活の細かいルールなんてわからないし、教え子が近況報告がてら母校を訪れてきたら、それなりの対応はするでしょう。

もちろん、担任の先生との関係性が非常に悪い場合は使えませんが、この場合は部活の先生に依頼する手もあります。


しかし、これは高校時代になりますので、もう3年も前の話ですから、古いとみなされる危険性があります。


そこで、アルバイト先の責任者、例えば飲食店のアルバイトならば店長に、塾講師のアルバイトならば塾長に、書いてもらえば、今の自分を紹介していただけることになります。




ちょっと宣伝です。

2月中旬になった今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519





前述にもありますが、情報を伝えるチャンスがあるのならば、めいいっぱいそれを活用すべき、と私は考えます。

そもそも企業側にとっては時間と手間の関係もあり、学生側の情報が絶対的に少ない中で、ふるい分けしているのです。

だから「学歴フィルター」という、その学生の本分を見ないで、一律にふるいにかける手法が、今も健在なのですね。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)