元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

新卒応援ハローワーク

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


暑いですね、こんな中でスーツを着るなんて、もはや地獄です。


さて、先日も申し上げましたが、大学のキャリアセンターの相談内容が、だいぶ変わってきているように感じます。

4年生の民間企業の受験に関する相談は激減し、公務員対策にシフトしています。

そして夏休みに向けた3年生のインターンシップのエントリーシート添削が増えてきています。


以前から何度もお伝えしていますが、3年生を対象としたインターンシップ対策講座や企業の募集要項が公開されたりと、夏休みを利用したインターンシップに向けての取り組みが盛んになってきています。

焦る必要はありませんが、「先んずれば人を制す」のとおり、今から準備しておいても損はありません。


一方、4年生。

就活が終わっていない学生、特に内定がないし持ち駒もヤバイって学生は、それこそ今すぐにでも対策を打ってください。

具体的には、大学のキャリアセンターに相談に行くことです。

大学のキャリアセンターは役に立たなかった、というのであれば、新卒応援ハローワークや就業支援サテライト、仕事センターなどが無償で支援してくれます。

もちろん、弊所でも支援を行っていますが、初回のみ無料で2回目以降の相談は料金がかかりますので、注意してくださいね。



さて、私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

東京大学、鹿児島大学、中央大学(文学部、理工学部)、帝京大学、同志社大学、立命館大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学、創価大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。


もし、就活がうまく進んでいないようでしたら、早めにご相談ください。



さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日からは本番前日~待合室までの直前対策について、説明していきます。

今日は、前々日までにやっておくべきことについて、説明します。



■集団面接は回答を固めて練習すること
 
最初にすべきことは、「学生時代に頑張ったこと」や「志望動機」といった定番質問の回答案を作成することです。

そしてキャリアカウンセラー等の専門家の添削を受けて、自信を持てるレベルに回答内容を仕上げておきましょう。
 
また積極的に模擬集団面接セミナーに参加し、講師からのフィードバックを元に改善策も練っておきます。

ただ学業等で本番までにセミナーを経験しない場合もあるでしょう。

しかし自主練習はできます。

自主練習のやり方ですが、例えば面接官から志望動機を聞かれたと仮定して、固めた回答内容を本番さながらにり口に出すことで行います。

やってみればわかりますが、思うよりスラスラ言えません。

スムーズに話せるまで繰り返し練習してください。


■集団討論は企業・業界研究とセミナー参加
 
まず企業研究と業界研究を綿密に行いましょう。

討論で使えそうな数字やデータ、事例はノートに書き出して覚えておきます。

もし今年度の出題テーマがうまく入手できたなら、それに役立ちそうな情報も収集しておきましょう。
 
セミナーに参加して改善策を練るのは、集団面接と同じです。

ただ集団討論は自主練習できないので、セミナー参加の必要性はより高いと言えます。
 
その他、共通の話として、印象を左右するスーツやシャツの準備を怠らないようにしましょう。

クリーニングに出したままで、本番に着るものがないはNGです。

更に体調管理を徹底することが大事です。

他の就活生と一斉に比較される集団選考で、気分の優れない状況では、明らかに不利ですからね。


【絶対に押さえておきたいポイント!】
 
・集団面接は、回答内容のレベルを上げ、セミナー参加や自主練習に励む
 
・集団討論は、使えそうなデータ等を覚え、セミナーで討論慣れしておく




 

さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


更新が少し滞りましたが、また昨日から更新を再開しています。

さて、昨日も申し上げましたが、大学のキャリアセンターの相談内容が、だいぶ変わってきているように感じます。

4年生の民間企業の受験に関する相談は激減し、公務員対策にシフトしています。

そして夏休みに向けた3年生のインターンシップのエントリーシート添削が増えてきています。


以前から何度もお伝えしていますが、3年生を対象としたインターンシップ対策講座や企業の募集要項が公開されたりと、夏休みを利用したインターンシップに向けての取り組みが盛んになってきています。

焦る必要はありませんが、「先んずれば人を制す」のとおり、今から準備しておいても損はありません。


一方、4年生。

就活が終わっていない学生、特に内定がないし持ち駒もヤバイって学生は、それこそ今すぐにでも対策を打ってください。

具体的には、大学のキャリアセンターに相談に行くことです。

大学のキャリアセンターは役に立たなかった、というのであれば、新卒応援ハローワークや就業支援サテライト、仕事センターなどが無償で支援してくれます。

もちろん、弊所でも支援を行っていますが、初回のみ無料で2回目以降の相談は料金がかかりますので、注意してくださいね。



さて、私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

東京大学、鹿児島大学、中央大学(文学部、理工学部)、帝京大学、同志社大学、立命館大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学、創価大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。


もし、就活がうまく進んでいないようでしたら、早めにご相談ください。



さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日も本番に向けての具体的な準備について、説明しています。

今日は、その他にやっておいたらいいことを述べていきます。


■事前に模擬練習で慣れておく
 

集団面接も集団討論も、独特の雰囲気や空気感があり、特に初めてだと飲まれてしまい、自分を出し切るのはほぼ不可能と言えます。
 

実際、大勢の前で自分の意見を発表するゼミや、ディベート形式を用いて運営するゼミに所属している学生は、普段から場慣れして鍛えられているため、集団面接や集団討論に強いのですが、そうでない学生は太刀打ちできない、だから「慣れ」が必要不可欠なのです。
 

なので、ここは「習うより慣れろ」の精神で、「模擬集団面接セミナー&模擬集団討論セミナー」に積極的に参加するようにしてください。

参加すると専門家からフィードバックがもらえる点が、最高のメリットです。

自分では気づかない点や改善点を教えてもらえる訳ですから、利用しない手はありません。



■ためらうな、すぐに参加予約せよ
 

参加に関して「みんなの前で話すのが苦手だから」と、敢えて避ける学生が非常に多いのですが、就活でそんなことを言っている余裕はありません。

特にこのような集団系のセミナーは、一定の母数が集まらないと成り立たないため、そう頻繁には開催できないという主催者側の事情もあります。

更には定員一杯で締め切られることもある。

それなので、参加者募集の情報を得たら、ためらうことなくすぐに予約してください。
 

大学が主催するセミナーに参加するのが王道ですが、同じ大学だと仲間内ばかりでやりにくい、慣れ合いになり真剣さが足りない、というケースもあります。

この場合、新卒応援ハローワークや私学事業団といった公的就職支援機関が行うものがありますから、ネット検索等で探してみてください。



【絶対に押さえておきたいポイント!】
 

・事前に「模擬集団面接セミナー&模擬集団討論セミナー」に参加する
 

・開催回数はそう多くない、見つけたらすぐに参加予約をする




 

さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師


まだ内定のない4年生&その父兄の方々は、ぜひ「就活の家庭教師」を検討してみてください。

来年、仕切り直しで再度就活する、みたいな、悠長なことを言っていると、もっと厳しい状況に追い込まれますよ。



拙著は出版社のチカラ関係で、書店ではなかなか並ばないのですが、お読みいただいた就活生には、好評をいただいております。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて、昨日に続いての更新です。

昨日は現3年生が今やるべきことを書きました。



で、今日は4年生について。

既に就活が終わっている4年生が大半で、そういった方は本ブログは卒業されているはず。


それよりも、まだ内定がない、もしくは内定があっても内定先に就職するのは不安、という4年生に向けての話になります。


周りの友達はもうとっくに内定をゲットしていて、自分だけ取り残された感じで、誰にも相談できない。

ずっとやっているけれども、結果がついて来ない、家族からのプレッシャーも辛い。

このように精神的に行き詰っている4年生も少なくありません。


でも全然問題ありません、大丈夫です。

今からでも充分に間に合います。


では、具体的にどうすればいいか? ですが、次の2つの行動を起こしてください。


(1)自分の通う大学のキャリアセンターに相談する

求人情報があるところは、マイナビ・リクナビといった就活サイトだけではありません。

マイナビ・リクナビを見て、「既に採用が終わってる。もう応募する企業ないじゃん!」なんて悲観する必要はありませんよ。

キャリアセンターには、その大学オリジナルの求人もありますし、所属するキャリアカウンセラーがあなたに合った求人を探して提案してくれるケースもあります。

今も大学にはドンドン新規求人が来ていますし、あなたの大学の学生の気質をもっともよく知るのが、所属キャリアカウンセラーです。

ですから、今まで一度も相談したことがなければ(実は結構多いのです)、ぜひ相談してみてください。


(2)新卒応援ハローワークに相談する

大学のキャリアセンターと並行して、新卒応援ハローワークにも行ってみましょう。

ここには大学求人とはまた別の求人があります。


地域密着の中堅・中小企業が多いのが特徴で、あまり学生に知られていないせいか、掘り出し求人も多いのです。

たとえば金融業界って早くに採用が終わっているように思っている人が多いのですが、今でも信用組合や信用金庫といった金融機関の求人があったりします。


大学のキャリアカウンセラーとウマが合わず、大学のキャリアセンターには行き辛い、という学生も、ちょくちょく目にします。

こういった場合こそ、我流でやらずに新卒応援ハローワークを活用してみてください。



最後に宣伝臭くて申し訳ないのですが、お金をかけてウチのような就活支援機関を利用するのも一手です。

(あくまで最終手段として考えておいてください。)



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。







PS 

ちょうど今、3年生と4年生の両方から、就活支援の依頼が来ています。

マンツーマンでしっかりとサポートしますので、就活に不安がある方はぜひ!

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/



ようやく本日から、アマゾンでも私の新刊を購入できるようになりました。





内定がない4年生、今からでも間に合います。

ぜひお手にとってみてください。



さて、今日のテーマは、リクナビが始めるオープンエントリーシート。

今朝の日経新聞朝刊にも取り上げられていましたね。


これはリクナビNEXTやマイナビ転職といった転職サイトと同じく、「レジュメ共通化」の動きです。


情報を登録しておけば、クリック一つで応募書類が送れるようになります。

1通のエントリーシートを書くのにえらい労力と時間がかかる就活生にとっては、大いにメリットあり? ということでしょうか。


でもエントリーシートって、そもそも画一的でない出題によって、学生の真の個性を知ろうとする手段だったはず。

それがどの企業でも同じことを問われる(例.ガクチカ=学生時代に力を入れたこと)というように、凡庸化してしまったがために、今回の動きにつながったと推測します。


この機能を使えば、エントリー数は増えるでしょう。

しかし、今以上に凡庸化・平準化されてしまって、その結果、学校歴や体育会という記号だけで振り分けられる傾向が一層強まる気がします。



いずれにせよ、要経過観察です。




以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/



ようやく本日から、アマゾンでも私の新刊を購入できるようになりました。





内定がない4年生、今からでも間に合います。

ぜひお手にとってみてください。



さて、今回も内定のない4年生へのメッセージです。

既に就職浪人を決め込んで来期にかける、という人も含めて、読んでほしいと思います。


秋採用を行う企業がまだまだある、と前回このブログで伝えました。

今まで就活を一生懸命頑張った人も、再度ネジを巻き直して、行動してみてください。


周りのほとんどが内定し、自分だけ取り残された、ってケースも多いですが、まだ半年あります。

就活は続けることが大切ですから、内定を獲るまで諦めずに。


ただし、今までたくさんの企業を受験して内定が獲れないということは、何かしらの原因があります。

この敗因を自己判断するのではなくて、必ず第三者にチェックしてもらってください。


第三者といっても、ここは専門家でないとNGです。


友人や両親、ゼミの先生は、その道のプロではありませんから、気合が足りない、といった精神論や、これはこうやって受かった!的な自慢話などで、正しいアドバイスがもらえないことが多い。


だからこそ、私は自身の通う大学のキャリアセンターをもっと活用するように、訴えています。

その大学の特性を最も知っていますし、費用もかかりません。


そもそも行ったことがない、またはしばらく行っていない、という人は、ぜひ活用してみてください。


ただ、大学によっては異常に混んでいる、一人15分程度しか割り当ててもらえない、常駐しているキャリアカウンセラーと合わない、いう場合もあります。


こういった場合は、外部の無料で活用できる就活支援機関を利用してみてください。


たとえば、私もたまにお手伝いさせていただくのですが、

ヤングキャリアセンター埼玉

は、キャリアカウンセラーの質も非常に高いですし、各種セミナーも充実していてお勧めです。


あと

東京しごとセンター

私学事業団 学生就職活動サポートセンター

などもお勧めです。


キャリアカウンセラー資格すらない講師が教えるような、民間の就活支援機関を利用するよりも、無料でもこういったところの方が遥かにレベルは高いと思います。



いずれにせよ、内定がないことで精神的に参ってしまう時期ですから、絶対に孤立しないように。

大学のキャリアセンターなり、上記のような外部機関なりを頼って、専門家の力を借りてみてください。






以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



↑このページのトップヘ