元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

業界研究

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師


まだ内定のない4年生&その父兄の方々は、ぜひ「就活の家庭教師」を検討してみてください。

来年、仕切り直しで再度就活する、みたいな、悠長なことを言っていると、もっと厳しい状況に追い込まれますよ。



拙著は出版社のチカラ関係で、書店ではなかなか並ばないのですが、お読みいただいた就活生には、好評をいただいております。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて、久々の更新になります。


転職指南書を書いていたのと、

 

高校生、大学生の就活支援が、ずっと立て込んでいましたので、

本ブログを書く余裕がありませんでした。


読者の皆様には大変失礼いたしました。



で、やっと落ち着きましたので、就活情報を書いていこうと思います。

それで今日のテーマは、現3年生が今やるべきこととは? を説明します。


ご存じのとおり、3年生から就活活動が後ろ倒しになることが決定しています。

大学でリアルに就活に接していると、学生の間では「まだいいや!」という雰囲気が蔓延していて、スタートが遅いのが非常に気になっています。


数年前ならばもうとっくにスタートしています。

本格解禁になってからでは遅いのですよ。


トッポい学生は、もう既に内定をゲット!していますし、そこまでいかなくても夏休みを利用して企業との関係を深めています。



で、本日のテーマの「現3年生が今やるべきこととは?」の答えはズバリ、

インターンシップに行く

ということ。



実は企業はインターンシップという場を利用して、学生を囲い込もうとしています。


インターンシップというのは本来、就業体験を通じて仕事や企業の理解を深めるためのもの。

ですから、ワンディ(1日)のインターンシップなんて参加する意味がない、と考えるのは当然。


しかし、ここは考え方を切り替えてください。

ワンディのインターンシップは、企業へのエントリーであり、直接接点を持つ場と考えてください。


後ろ倒しになっても、内定式(10月1日)の時期は変えないのですから、実質の選考期間はたった2か月という計算になります。

採用側からすると、2か月というのは非常にタイトで、物理的に選考期間が足りません。

それで今企業がインターンシップを盛んに開催しているのは、早めに学生にツバをつけておく、という目的があるのですね。


なので、今こそ積極的にインターンシップに参加すべきなのです。


まだインターンシップに参加したことがない、という3年生は、すぐに行動を起こしてください。


まだどういった業界に進むべきか、何がしたいか、がわからない3年生も多いことでしょうが、この時点で遅れている、ということになります。


可及的速やかに「自己分析」や「業界研究」を行って、インターンシップ先を見つけてください。


昨年の6月頃には、夏休みに参加する人気企業のインターンシップ選考突破のために、エントリーシートの作成や添削の依頼が複数ありましたが、今年は活発ではないです。


いずれにせよ、早く進むべき業界、企業を定めて、インターンシップに参加してくださいね。

 


この著書には、後ろ倒しの影響と今何をすべきか? 誰が得して誰が損するか、が書かれています。

私自身、非常に参考になりましたので、ここで一読を推奨させていただきます。





以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)









複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて、2/20よりグループディスカッション(GD)について、説明しています。

今日初めてここに来た方は、2/20の記事をお読みいただくことをお勧めいたします。


そろそろグループディスカッションも始まっていて、ピークを迎えようとしていますが、自己採点ではなかなか成否がつかみにくいと思います。


うまく立ち回ることができずに、落ちたな、と思っても受かっていたり。

逆にしっかり発言できた、と思ったのに、落とされたり・・・。



わかりづらいものだからこそ、絶対に放置せずに、事前にきちんと対策を打っておくことが重要になります。


しかし、グループディスカッションの対策って、いったい何をするの? とわからない方も多いことでしょう。


それなので、今日は臨む前の準備や心構えについて、説明したいと思います。


<<グループディスカッションに臨む前の心得 6か条>>

①事前に過去の出題の調査や業界研究、企業研究は念入りに行っておくこと。

例えば、

○○業界は今後どうなっていくか?

当社の課題は何か? それをどう解決していけばよいか?

みたいなテーマは、鉄板中の鉄板です。

これに加えて、時事問題もよく出題されますから、最新のニュースなどはこまめにチェックしてください。

この調査した内容が本番で大きく差が出ます。



②当日、待ち時間があるなら、同じグループの人達と軽く挨拶を済ませておこう。

これは討論に入る前にお互いに発言しやすい環境をつくるための準備です。

「○○大学の山田と言います。本日はよろしくお願いします。」みたいに、簡単でいい。


これが雑談につながるなど、あまりにくだけすぎた対応は絶対にNGだと思ってください。


「山田君って、今どこ受けてんの?」

「ええー、同じじゃん、あそこのES、何か変わってるよね。みんしゅうでも・・・」

「後はどこ?」

・・・・

と雑談で盛り上がるのは、緊張感を欠いている、と採用担当者に斜めで見られること必至です。


また挨拶の段階から、きちんと「敬語を用いる」など節度を持つことも大事です。




③共通のテーマに対して、同じ志を持つ仲間として協力して取り組む意識を持つ。

毎年、受かりたいばっかりに、どうしても前に出ようとし過ぎる学生がいます。

気持ちはわかりますが、自分だけ目立とうとするような態度は絶対に禁物。

かえってこういった行為は、落ちる、と心得ておいてください。



④最初が肝心。

進め方に疑問があるならば、始める前に質問する。

面接官も特に議論が始まった当初に注目しているので、絶対に気後れなどして出遅れないこと。

スタートダッシュを決めれるように、気合を入れて臨んでください。



⑤役割に就かなければ評価が下がる、というものでもない。

司会やリーダーの役割を握れば目立つ、と思って、この役割を獲りに行くことに必死な学生がいるが、うまく議論を回せないと、それこそ秒殺(即不採用)になります。

背伸びしすぎることはありません、自分のポジションを理解して臨めばいいのです。



⑥GDは結果よりも経過(プロセス)が大事。

グループとしていい意見がまとまったとしても、グループ全体が受かることはありません。

③で述べたように、協力姿勢は大事ですが、一方でこれは採用試験です。

個々に選考されていることを絶対に忘れてはいけません。


グループとして結論がまとまらなくても、その議論が活発で、その中でしっかりと自分を出せたら、受かる可能性は高いのです。




*******************************************

ちょっと宣伝です。

2月中旬になった今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************



魑魅魍魎に感じるGD、今日は準備や心構えについて説明しました。


次回は、具体的なテクニックを説明したいと思います。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。




さて、今日はグループディスカッション(GD)について。

もう既に書類選考の次のステージであるGDが始まっていますね。


それで、今日からはグループディスカッションについてのノウハウを述べていきたいと思います。


実はグループディスカッションについて、セミナーしたり個別支援するのは、難しい。

就活サポートの中で、最も難しいと言い切れると思います。


というのも、

①参加するメンバーに大きく影響される、

②そもそも課されるテーマがわからない、

③企業の評価ポイントが見えにくい、

といった点がありますからね。


たとえば、①②③ごとに具体例を説明すると、

①結構優秀な学生なのに、たまたまもっと優秀な学生がいるグループに入ってしまい、キャラが被ってしまった。

空気が読めない就活生が、場をグチャグチャにした。


②過去の出題をおさえ、業界研究、企業研究をしたのにもかからわず、これらが全く役に立たない課題が出題された。


③リーダー役を買って出て、うまく議論を回したつもりなのに、なぜか祈られた。

って、ことがGDの現場では毎年起こり得るのです。



いくら私が個別にいいアドバイスしたとても、もっと凄いヤツがいたら勝てないケースもあるし、準備を怠らなかったとしても、全く関係のないテーマが課されてしまったら元も子もなく、更に自分では役割を全うしたつもりのに、評価されない、ってことがありますから。



企業で採用経験のない就活コンサルタントなんかだと、グループディスカッション選考突破のコツは、

「メンバーみんなで協力して、みんなで受かろうという気持ちが最も大事」

なんて、わけのわからない指導をしていたりします。



そもそも何で企業がGDを課すか、理解していますか?

私は次の3つがあると思っています。

 ①個別面接は「絶対性」であるが、GDは初対面で、かつライバルでもある学生と協力し取り組まなければならず、その「相対性」を見て評価をしたいから。

②他の学生たちと課題解決や意見集約をする、そのプロセスや関わり方、方法等をチェックしたいから。
(採用担当者も経験している、社内や取引先等との『会議』形式の方が、評価しやすい面あるから。)

③『会議』で必要なチームワーク、自己主張力、論理的思考力、最後まで諦めない力、そして人としてのモラルやマナー等があるかを確認したいから。


こういったポイントをおさせずに、みんなで受かろうという気持ちが大事なんだ、なんて勘違いするから、毎回祈られるのです。



GDは採用選考の一部です。受かるか落ちるか、二者択一の世界。

みんなで協力して議論が盛り上がり、結論がまとまればみんなが受かる、なんてあり得ません。


厳選採用の中、隣の就活生を踏み台にして、自分が一つでも上にいかないと受からない。


曲がった学校の徒競走のように、みんなで手とつないでみんなで一緒にゴール、みたいな発想は、就活選考では一切ありません。


では、どうすればいいか?をこの先で、丁寧に説明していきたいと思います。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策が私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生から既にオファーを頂戴しています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/



ようやく本日から、アマゾンでも私の新刊を購入できるようになりました。





内定がない4年生、今からでも間に合います。

ぜひお手にとってみてください。



さて、今日のテーマは、解禁日が来月に迫った3年生の就活準備について。

昨日の日経新聞に、非常にいい記事が出ていました。

私自身、大いに賛同できましたので、自分の言葉で伝えたいと思います。


今やるべきことは、大きく分けて2つ。

①自己分析

②業界研究

なんだ、当たり前じゃん、と言われそうですが、今回は②について取り上げます。


業界研究といっても、業界地図を読むとかセミナーに出るとか、きっとその程度でしょう。

絶対にこの業界でないとダメ、というこだわりがないならば、現時点では大まかに興味がある業界の内容を把握する程度でいいと思います。


ただし、絶対に意識してもらいたいことは、「その業界の就活スケジュールをおさえておくこと」です。


例えば、マスコミなら超がつくほど早い。

逆にメーカー、金融は他の業界に比べて遅い、といった、スケジュール感覚です。


みん就の情報や就活を終えた先輩から、興味がある業界の大体の就活スケジュールをおさえておきます。

そうすれば、教育業界にも興味があったけれども、ホテル・旅行業界だけに集中しすぎて、後から気付いたらもう間に合わなかった、って、リスクは避けることができます。


横並びで一気に動くのが、日本の就活事情。

タイミングを逃さないためにも、業界ごとの就活スケジュールは今のうちにおさえておいてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687



↑このページのトップヘ