元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

求める人物像

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



4月も半ばです、6月初旬には内定が出まくるでしょうから、ここからが正念場でしょう。


私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。

塾生の中には、内定獲得者もチラホラ出て参りました。

最終面接を控える学生も増えてきています。




さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日は、短所を聞かれた場合について。

短所は長所の裏返しにしなければならない、と固定観念を持っている学生も多いのですが、その点も含め詳しく説明します。



◎面接官の本音は?

・短所のない人間はいないのだから、学生らしく素直に回答してほしい
 

・短所を克服した成果よりも、短所を克服する努力を聞きたい



◎解説

面接は自分の良さをPRする場だから、自分にとってマイナスの話をするのはよくない、と思い込みから、「短所は慎重過ぎることですが、それは何事においてもしっかり考える、という長所でもあります!」と短所を長所に置き換えることが就活上正しいと思っている学生がいます。

しかしこれは逆効果。就活テクニックに溺れた小賢しい学生との印象を与えること必至です。

そもそも短所のない人は世の中には存在しないのだから、自分の短所を素直に伝えればいいのです。
 

もちろん、短所を実直に言い切ったら終わりではありません。

短所を克服するための努力を伝えて短所をフォローするのが、最も大事なことです。

例えば、「あがり症なところがある」といった短所を伝えたとしましょう。

これに対して、事前に準備を徹底して場数を踏むように努めている、と小さなことでいいから、具体的な事例を用いてフォローします。

そうすれば、短所をそのまま放置せずに改善しようとする前向きな姿勢をPRでき、面接官に対する好感度を上げることができます。
 

なお、短所克服の努力は心がけレベルの話なので、成果は伴わなくてもいい。

逆に「〇〇といった努力により、私は短所を克服しました!」と成果を主張すると、「短所を克服した?君はそんなに完璧な人間なのか?」と面接官も疑ってかかるでしょう。

だから、ここは現在進行形で語っておけばいいのです。



良い回答例


「こういった面接のように、厳粛な場ではとても緊張してしまうのが私の短所です。

それなので、少しでも緊張感を減らすために普段から事前準備を徹底するように努めています。

この面接に臨む前も、伝えたいことを何度も書き出してまとめて、時間が許す限り復唱してきました。

またサークルの先輩やゼミの教授にも面接に臨む心構えについてアドバイスを頂くなど、自分なりにやれることはやってきたつもりです。

志望度の高い御社の面接なので、今も緊張はしていますが、せっかくいただいたチャンスなので、準備してきた成果をきちんと出し切りたいと思っています。」
 
 

ポイント

・些細なことでも短所克服への具体的な行動を伝えることで、努力を惜しまない人柄をPR
 

・短所克服の努力を、さりげなく応募企業への熱意につなげるのも効果的





ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



4月も半ばです、6月初旬には内定が出まくるでしょうから、ここからが正念場でしょう。


私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。

塾生の中には、内定獲得者もチラホラ出て参りました。

最終面接を控える学生も増えてきています。




さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日は、長所を聞かれた場合について。

ここは自己PRと長所の違いを理解できていない学生や業者さんも多いみたいですし、企業の求める人物像に合わせろ! と無茶苦茶な指導もまかり通っているみたいなので、ここで詳しく説明します。




◎面接官の本音は?

・無理に「応募企業が求めている人物像」に合わせる必要はない
 

・あなたの話す様子、その内容から、人柄の良さを感じたい




◎解説

この長所を含め「自分の良い点」をアピールする必要がある質問に対しては、「応募企業が求めている人物像、に合致するようなPR」をしなければと身構えてしまう人が多いようですが、そんな必要は全くありません。

この質問も、面接官が見たいと思っているのは、単純に「あなたの(人柄的な)良さ」だと思ってください。

合わせようとし過ぎて偽りのキャラを演じても、必ずボロが出ます。だから、この長所は「やさしい」「我慢強い」「冷静沈着」でも、人柄の良さを表現できるものであれば何でもOKなのですが、できれば「社会人になっても、間違いなく役立つようなプラスになる長所」にしておいた方が良いでしょう。

ただし、「好感の持てる人柄」を感じてもらえないと意味がないわけですから、長所を裏付けるエピソードの説明には工夫が必要になります。
 

ここで回答モデルを見てください。

社交性の高さは社会人にとって必須の資質ですから、この長所は非常に好感度が高い。

加えて、「困難な状況の中で会得した長所」である点が、更に好感度を増してくれるでしょう。

「現在の私の考え方」、そして「困難をポジティブにとらえられている点」というところも非常に前向きですよね。

「好感の持てる人柄」と「前向きさ」は、特に学生の場合はイコールで結ばれます。

ですから私は、「長所を裏付けるエピソードは、前向きさで締める」というやり方を推奨しています。



良い回答例


「私の長所は、誰とでもすぐに打ち解けられることです。

子供の頃、父の仕事の関係で転校を4度経験しましたが、その度にゼロから人間関係を築くことになります。

訛りがあったせいか虐められもしました。

露骨に無視してくる人もいます。

それでも、自分から相手の懐に飛び込んでいき、少しずつでも友好関係を作って行くしかない、と腹を括るようになりました。

そんな経験を繰り返して行くにつれ、誰とでもうまくやれる、という自信を持てるようになったんです。

少々、楽天的ではありますが、「話すことさえできれば、どんな人とでも親しくなれる」というのが、現在の私の考え方です。

転校ばかりだったことに、当時は父を恨んだりもしましたが、 今では良い経験をさせてもらったと、ポジティブに考えられるようになりました。」
 
 

ポイント

・生まれ持った長所ではなく、つかみとった長所の方が好印象
 

・つかみとった経験により得た前向きさ、があれば言うことなし!





ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


就活の家庭教師

では、就活をスタートした3年生の就活支援を中心に、まだ就活を終えていない現4年生にも対応していますよ。


うれしいことに新刊の評判は上々です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。

ぜひ手に取ってみてください。



さて、しばらく更新が滞りましたが、今日からまたブログを更新していきたいと思います。


エントリーシートの提出ラッシュが落ち着いて、いよいよ面接選考、という就活生が多いのではないでしょうか?


今日からは面接について、説明していきたいと思います。

まずはよくある勘違いについて。


企業の採用ページに、求める人物像ってありますよね?

これに強引に合わせるというか、寄せる就活生が多いのですが、果たして効果的でしょうか?


もちろん、自身の強みとしてそれがぴったり当てはまるのならば、そのままPRすればいい。

問題は、求めるものには程遠いのに、いかにも備わっているようにPRすることです。


たとえば、

・リーダシップがある人

とあった場合。


私はリーダーシップに自信があります。ゼミではグループ長を務め、意見の違うメンバー達をまとめました。

みたいな、薄い裏付けでリーダーシップがあることをPRしますが、これでリーダーシップが備わっている、と百戦錬磨の採用担当者が納得してくれるでしょうか?


同じくやりがちなのが、コミュニケーション力アピール。

今や文系の営業・販売職だけでなく、理系だろうが、研究・開発系職種だろうが、コミュニケーション力が求められます。

そのため、

私はコミュニケーション力に自信があります。

と声高にPRしてしまうのです。


これはあくまで私の個人的な見解ですが、このコミュニケーション力って、面接のやり取りの中で、採用担当者に感じてもらうものであって、自らPRするものではない。

むしろこのコミュ力PRで、後の面接のハードルが上がってしまいます。


たとえば、

コミュニケーション力に自信があるんだね。では、○○を30秒でわかりやすく説明してください。

うーーん、その回答もうそうだし、今までの面接のやり取りで、君にコミュニケーション力が備わっているようには感じないんだけど・・・ それについてはどう思う?

と面接官に詰問されて、ヘロヘロになること必至です。


ここも真にコミュ力に自信があるならば、堂々とPRして、その裏付けをしっかりと語れば大丈夫ですが、これを証明するのって至難の技と私は考えています。


よく勘違いされますが、饒舌に話せることがコミュ力ではないですしね。


*******************************************

ちょっと宣伝です。

3月中旬になった今、これで大丈夫!という自信がない、かつ選考で落ち続けている、という方は、早め早めにご相談ください。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P98698519

*******************************************


毎年、コミュニケーション力をPRする就活生がいますが、面接官はそう感じていないケースが圧倒的に多い。

面接選考が本格化する前に、今一度、何をPRすればいいか、考えてみてください。




以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




拙書もぜひ参考にしてみてください。








PS ちょうど今、エントリーシート作成支援やグループディスカッション対策支援の依頼が、私のところに殺到しています。

しっかりと固めて自身が持てるものができれば、後が楽ですよ。

タイミングが合わないものは、お断りするケースもありますので、早めに早めにお願いいたします。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2015年度は、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学といった学生の就職支援を行っています。


2014年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687


TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

↑このページのトップヘ