元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

社会人

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


更新が少し滞りましたが、また今日から更新していきます。

さて、大学のキャリアセンターの相談内容が、だいぶ変わってきているように感じます。

4年生の民間企業の受験に関する相談は激減し、公務員対策にシフトしています。

そして夏休みに向けた3年生のインターンシップのエントリーシート添削が増えてきています。


以前から何度もお伝えしていますが、3年生を対象としたインターンシップ対策講座や企業の募集要項が公開されたりと、夏休みを利用したインターンシップに向けての取り組みが盛んになってきています。

焦る必要はありませんが、「先んずれば人を制す」のとおり、今から準備しておいても損はありません。


一方、4年生。

就活が終わっていない学生、特に内定がないし持ち駒もヤバイって学生は、それこそ今すぐにでも対策を打ってください。

具体的には、大学のキャリアセンターに相談に行くことです。

大学のキャリアセンターは役に立たなかった、というのであれば、新卒応援ハローワークや就業支援サテライト、仕事センターなどが無償で支援してくれます。

もちろん、弊所でも支援を行っていますが、初回のみ無料で2回目以降の相談は料金がかかりますので、注意してくださいね。



さて、私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

東京大学、鹿児島大学、中央大学(文学部、理工学部)、帝京大学、同志社大学、立命館大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学、創価大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。


もし、就活がうまく進んでいないようでしたら、早めにご相談ください。



さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日も本番に向けての具体的な準備について、説明しています。

今日は、持ち物の重要性について。

■持ち物で合否に影響が出ることも
 

まず集団面接、集団討論の共通事項として、企業から指定されたもの、例えば「履歴書」を絶対に忘れてはいけません。

また筆記用具や腕時計といったビジネスアイテムは、言われなくても用意すべきです。

そして選考会場の地図は事前に印刷した紙を用意します。

スマホの地図アプリだけに頼ると、不具合が生じた時に選考会場に辿り着けないリスクがあるからです。
 

次に集団面接で気をつけて欲しいのが、カバンです。

面接中にカバンが倒れると、間違いなく印象が悪くなります。

それなので、底が広くて床に置いても倒れない「自立型カバン」で臨んでください。
 

また既に企業に送った履歴書やエントリーシートのコピーも持参し、本番までに自分が何を書いたか、何度も復習しておきましょう。
 

その他、指定がなくても、就活用のプレゼンブックやポートフォリオを既に作成済みならば、これも持参しましょう。

披露できる可能性は低くても、チャンスを逃さないようにしておきます。



■集団討論に役立つものとは?
 

次に集団討論時にお勧めなのが、A4サイズのノートとサインペンのセットです。

ホワイトボードが使用できるのならば、そこに書き出して意見やアイデアをまとめていくことができますが、ない場合も結構多い。

そこで、大きめのノートに太字のペンで、今の争点やまとまった意見等を書いて皆に見せれば、「できる人」を嫌味なくPRできるのです。

ただし、必ず討論開始前に、机の上に出していいかの確認をとるようにしてください。




【絶対に押さえておきたいポイント!】
 

・不採用に直結するため、指定された持ち物は絶対に忘れない
 

・あったらいいレベルのものであっても、当日は持参する




 

さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


7月に入りました。

大学のキャリアセンターでは、先月初めの慌ただしい雰囲気とは少し様相が違います。

既に2017年度の採用を終え、3年生のインターンシップにシフトしている企業もありますからね。


繰り返しになりますが、3年生を対象としたインターンシップ対策講座や企業の募集要項が公開されたりと、夏休みを利用したインターンシップに向けての取り組みが盛んになってきています。

焦る必要はありませんが、「先んずれば人を制す」のとおり、今から準備しておいても損はありません。


一方、4年生。

就活が終わっていない学生、特に内定がないし持ち駒もヤバイって学生は、それこそ今すぐにでも対策を打ってください。

具体的には、大学のキャリアセンターに相談に行くことです。

大学のキャリアセンターは役に立たなかった、というのであれば、新卒応援ハローワークや就業支援サテライト、仕事センターなどが無償で支援してくれます。

もちろん、弊所でも支援を行っていますが、初回のみ無料で2回目以降の相談は料金がかかりますので、注意してくださいね。



さて、私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

東京大学、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、立命館大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学、創価大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。


もし、就活がうまく進んでいないようでしたら、早めにご相談ください。



さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日も本番に向けての具体的な準備について、説明しています。

今日は、集団選考に適した「見た目と服装」を身に付ける方法について。


■スーツはフィット感が大切


ビジュアルは「印象」を決める重要な要素です。

その中でも最も目につくのはスーツと髪です。

これは集団選考のみならず、就活全般に言えることですから、先に対策を打っておきましょう。
 

着なれていないこともあり、毎年、スーツのサイズが合っていない学生が目につきます。

スーツのフィット感は印象に大きく影響します。

「スーツは肩で着る」という格言のとおり、既成のものを選ぶ時は何着も試着して肩の合うものを選んでください。

また県民共済のように、今は1万円台の安価なオーダーメイドもあり、検討の価値ありです。
 

既に購入済みで、新たに買う余裕はない学生も多いでしょう。

この場合、サイズ直しという手があります。

例えば、袖丈が長いスーツよく見ますが、詰めてもらうだけでかなり印象が改善されますよ。
 


■企業は「清潔感」を求めている
 

企業が就活生に求めるのは「清潔感」ですので、外見や服装で目立とうとする必要は全くありません。

特に集団選考では他の学生との差が一目瞭然になりますから、この「清潔感」を意識しましょう。
 

せっかく買ったスーツも就活本番を迎えると、汗やシワで傷むので、普段の手入れが大切。

シワにならないよう、上着は肩の部分が肉厚なハンガーにかけ、パンツはクリップで止めるタイプのものを使ってください。

普段は消臭剤やシワ取りスプレーで対処し、ここ一番の前にはクリーニングに出しましょう。
 

髪色は男女とも茶髪は論外で、おしゃれではなく、社会人としてふさわしい髪型が基準です。

そして清潔感を出せるよう、適宜カットしてください。




【絶対に押さえておきたいポイント!】


・スーツ選びとメンテナンスは、印象面で大きな影響を及ぼす
 
・髪型も清潔感を意識し、社会人としてふさわしいものにする



 

さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



6月第2週の真ん中になりました。

役員面接や最終面接に進んだ学生も多いと思います。

よく最終面接では、どれくらいの確率でうかる(落ちる)のですか?と聞かれます。 


正直な話、企業によるとしか言いようがありません。

それよりも、自身がベストを出し切ることに集中してください。
 
 


さて、私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

東京大学、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学、創価大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。


もし、就活がうまく進んでいないようでしたら、早めにご相談ください。



さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日も圧迫質問についてのシリーズになります。

今日はうまく自分をPRできたと思っていたら、敵が多いでしょ?と詰問された場合です。

不意つかれて困惑しますね。


それでは、回答方法について説明していきましょう。



◎面接官の本音は?


・うまくPRできているからこそ、決して感情的にならないで回答してほしい
 
・柔軟性や臨機応変さを伝えてほしい



◎解説

この圧迫質問は、自分をうまくアピールできている時に飛んできます。

面接官は敵が多いかどうか?の真偽を確認したいのではなく、咄嗟の対応力を計りたいだけですから、まずは焦らずに落ち着いて回答するのは必須。

ただし「確かに敵は多い、でもライバルが多いからこそ切磋琢磨して自らも成長できる」といった肯定的な回答は、協調性に難ありと懸念されますので、ここは無難に敵は多くない、でいくやり方をお勧めします。
 
具体的な回答方法ですが、ここも定石どおりYES~BUT法で回答します。

「確かにしっかりと自己PRをさせていただいていますので、そう思われるのも無理はありません」とYESで受けて、「ただ私は我が強い人間というよりも、仲間と一緒に行動するのが好きで友人も多く、決して敵が多いタイプではありません」として、サークルやゼミといった組織の中で自分の協調性、チームワークを発揮したシーンを述べてフォローします。

せっかくですから最後に、「自己主張と協調性のバランスを常に意識して行動している」といった、TPOに合わせた対応ができるアピールで締めて、「ちゃんとわかっている学生」をアピールする作戦でいきましょう。
 
ここで回答モデルを見てください。

定石どおりYES~BUT法で回答した後に、「場の空気を読める人間」である旨を語り、前述の作戦どおりのアピールができています。



良い回答例


「確かに御社の面接対策をしっかりやってきたこともあり、先ほどは堂々と自分をアピールできましたので、これが敵を多く作る人と見えたのかもしれません。

でも私はどちらかというと衝突を避けるように臨機応変に対応できる方です。

例えば、今のサークルでも突っ走り気味な代表と、メンバー、特に後輩との「のりしろ役」を務め、円滑にサークル組織を回すように努めています。

以前後輩から「舛添さんがきちんと話を聞いてくれて調整してくれたので、サークルを辞めるのを思いとどまったんですよ」と感謝の言葉をもらったこともあります。

もちろん、自分の意見を主張すべき時はしますし、また逆に自己主張よりも組織の論理が優先される場合があることも、このサークル活動の経験で理解しているつもりです。

これから社会人になっても、その場の空気を読んで臨機応変に対応していきたいと思います。」
 
 
 

ポイント


・うまくアピールした後の質問だからこそ、焦らずに落ち着いて回答する
 
・「ちゃんとわかっている」アピールで締めくくっておく




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



とうとう6月第2週目の火曜日です。

本日、塾生2名から内々定をもらったとの連絡をもらいました。

そのうち一人は、これで就活を終えるとか。


今まさに、当落に一喜一憂している時期ではないでしょうか?

最終面接で落ちた、と凹んでいる塾生もいますしね。


最終面接で落ちたりすると精神的にかなりきついでしょうが、ここは切り替えて次に集中してください。 


 


さて、私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

東京大学、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学、創価大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。


もし、就活がうまく進んでいないようでしたら、早めにご相談ください。



さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日も圧迫質問についてのシリーズになります。

今日は仕事きついけど、ダイジョブ?と詰問された場合です。

これも嫌な質問ですね。


それでは、回答方法について説明していきましょう。



◎面接官の本音は?


・社会人として働く決意、覚悟を宣言してほしい
 
・クレームへの向き合い方で、大丈夫であることを納得したい



◎解説

強引な営業で有名な会社や消費者庁に睨まれているような業界だけでなく、ごくごく一般的な企業でも部署や職種を問わずクレームを受けるなんて当たり前の話。

(多いか少ないかは別として)クレームやストレスという言葉で圧力をかけて、本気で働いていく気概があなたにはあるのか? を面接官はチェックしているのです。

なので、もちろん「大丈夫です」と回答するのは必須ですが、それだけではNG。

働く覚悟ができている理由を説明をしないといけません。

だからここは、クレームに焦点を当てて、これを前向きにとらえるやり方で、「ちゃんと働くことを認識している」旨を、PRする作戦でいきましょう。
 
具体的な回答の流れですが、まず最初に「大丈夫」と回答した後に、働く上でクレームを受けるのは当たり前、そんなことは重々承知済みで、むしろクレームの中にこそ業務改善の最大のヒントが隠されている的な、「ちゃんと理解している」旨をアピールするのが最大のポイント。

そしてこれを応募先企業の入社意欲に関連付けておくと、更によしです。
 
なお、OBOG訪問などの内容を元に真偽をただす、例えば「OB訪問時には御社はそんなにクレームがないと聞きましたが・・・」となると、面接官の本音に沿った回答ではなくなる。

なので回答モデルのように、詳細まで踏み込まずに、社会人になる心得や応募先企業で働く上で気をつけることレベルの引用に留めておいた方が無難。

更に入社意欲を盛り込んでおけば、志望度の高さも汲み取ってくれることでしょう。



良い回答例


「大丈夫です、覚悟はできています。

先日のOB訪問時に、学生と社会人の違いについて丁寧に教えていただき、また営業やお客様相談室でなくても、会社員ならば常に外から厳しい目で見られていて、クレームや苦言を呈されることなんて当たり前、と聞きました。

クレームを受けるのは正直、精神的に辛いと想像しますが、適正なクレームは当社に期待していることの証左で、真摯に向き合えば解決の糸口は必ず見つかる、と聞き、私自身、まだまだ認識が甘いと反省し、辛いことから逃げずに業務に取り組んでいかなければならない、と考えを改めました。

働きたい会社でこういった業務を経験することは、将来的に見て非常に有意義なことだと思いますし、御社のお客様と真剣に向き合うチャンスと前向きに考えて、仕事に邁進したいと思っています。」
 
 
 

ポイント


・不安げな表情や「正直、不安です」の回答はもちろんNG
 
・クレームはむしろプラスになるくらいの前向きなアピールに




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


5月もあと残り半分、いよいよ後半戦ですね。

短期決戦と言われた今年の就活ですが、実は6月で採用活動を終える企業は、20%程度だとか。

今年はどの企業も様子見で、6月以降も採用活動を続けると思われます。


といって、甘く見るのはNG。

既にエントリーを締め切る企業が出てきているように、エントリーや応募は可能な限り、増やしておくのが大切です。



さて、私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学、創価大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。


塾生の中には、内定獲得者もチラホラ出て参りました。

最終面接を控える学生も増えてきています。

既に就活を終えた人も・・・




さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日は、仕事とプライベートの優先度合いを聞かれた場合です。


これもよく聞かれますね。回答方法について説明していきましょう。



◎面接官の本音は?

・プライベート重視は論外だし、社蓄宣言も極端すぎてダメ
 

・「仕事優先の生活に対する覚悟」を聞かせて欲しい





◎解説


この質問で面接官は、働く覚悟できているか、を確認したいと思っています。

ここは仕事をする企業の採用面接のシーンですから、仮に「プライベート」重視派だったとしても、「仕事」を選ぶのが常道で、「プライベート」選択はあり得ません。

また二者択一の質問なので、どっちつかずの「どちらも重要です!」では、質問に対して的確に回答していないことになるのでNGです。
 
具体的な回答方法ですが、「仕事」を選択した後、これを重視する理由を、仕事への想いや自分なりの考えを交えながら説明します。

この「働く大変さはちゃんとわかっていて、その覚悟はできていますよ!」の、現実味のある説明こそがこの回答のキモ。

だから「私にとって仕事はやりがいの塊で、自分の夢を仕事で実現するために、これから一生懸命働いていきます!」のような青臭い理想論を展開すると、仕事をしていく自覚や認識が甘いと判断されます。

だからこそ、回答モデルのように社会人の声を引用する、または参加したインターンシップでの実際の就業体験などを持ち出すなどして、仕事の大変さや働くことの現実に必ず触れるようにしてください。
 
なお、ここで「仕事を頑張る」PRをしたいがあまり、「もちろん仕事です。憧れの御社に入社が叶いましたら、不眠不休でバリバリ働きます!」と、社畜になります宣言をしてしまうと、かえってあざとくなり、マイナス印象を持たれます。

控えておきましょう。



良い回答例

「私は仕事です。

アルバイトで働いた経験はありますが、まだ実際に社会人として働いたことはありませんので、自分が働くことについてまだ十分にイメージできていません。

ただ働くということは大変で、甘くないことはちゃんと理解しているつもりです。

先日、サラリーマン生活が30年目の私の父も「仕事って8割が自分の意にそぐわないものなんだよ」と申しておりました。

しかし、「全ての仕事=嫌なこと」ではないでしょうし、最初は無我夢中でも目の前の仕事を地道にこなしていけば、徐々にやりがいも感じられ、目指すべき目標も見えてくると思っています。

もちろん、プライベートも大事にしたいのですが、仕事があってこそ生計が成り立ち、その結果プライベートも充実するのだと考えていますので、優先順位は仕事の方が上になります。」



ポイント

・実際に働いている人の言葉を借りての「覚悟PR」は有効
 
・「仕事あっての」という前提のもとで、プライベートについて語るのは良い




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

↑このページのトップヘ