元祖就活塾の「就活の家庭教師」

平成16年より就職支援をしているキャリアカウンセラーが就活塾を開塾。 このブログで長年培ってきた内定獲得のための就活ノウハウをお伝えします。

元祖「就活塾」である「就活の家庭教師」は、マンツーマン指導が売りです。


・キャリアカウンセラー資格保有

・(現役・元)大学キャリアセンター所属キャリアカウンセラー

・就職支援経験5年以上

・採用人事経験5年以上

という条件を全て満たした経験豊かなプロのキャリアカウンセラーが、就活生と二人三脚で就活をサポートします。


就活生それぞれによってサポート内容が異なるため、マスプロ教育的なやり方では内定獲得は難しいと我々は考えています。

それなので、当塾では少数精鋭方式を採用しています。

(支援できる塾生は、少人数に限定させていただいております。)


内定獲得に悩む就活生の皆さん、ぜひご相談ください!

048-650-5139(年中無休:9時~22時)

info@shukate.com

http://www.shukate.com/

エントリーシートが書けない人は↓
http://www.entrysheet.net/

面接が苦手な人は↓
http://www.mensetutaisaku.com/

自己主張

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


今、大手企業を中心に内定出しラッシュが続いています。

持ち駒が減って不安で仕方がない就活生は、今一度エントリーからやり直してください。

そして、大学のキャリアセンターに行ったことがないという就活生は、軽んじずにぜひ相談しに行ってみてください。

ハズレの大学もあるみたいですが、就活支援の専門家が親切丁寧に相談にのってくれるはずです。


 

 


さて、私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

東京大学、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学、創価大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。


もし、就活がうまく進んでいないようでしたら、早めにご相談ください。



さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日から、集団選考、つまり集団面接(グループ面接)と集団討論(グループディスカッション)の選考突破ノウハウを公開していきます。

最終面接が「集団」って企業もありますから、ぜひ参考にしてみてください。



それでは早速、 そもそも集団面接、集団討論ってどんなものなの? ということから説明していきます。



■集団面接って?
 

集団面接は複数の就活生が一堂に会し、横に一列に並ばされて面接を受ける形式です。

就活生の数は2人から6人位まで、面接官の数は1人から3人位が一般的です。

質問は学生時代に頑張ったこと、学業、自己PR、志望動機といった定番ものが頻出です。

皆に均等に同じ質問がされますが、回答順は右から、左から、挙手順といったように様々です。

所要時間は企業や当日の参加者数によって変動しますが、15分から30分前後と見ておいてください。

 


■集団討論って?
 

次に集団討論ですが、これは複数の就活生が会議卓に座って、与えられたテーマに沿って議論を交わす形式がオーソドックスです。

議論するグループをだいたい4人から8人位で構成します。

テーマは「理想の上司とは」、「営業に必要なことは」といったオープンなもの、「終身雇用制度の是非について」といった二者択一てきなもの、「健康、愛、家族、仕事、趣味、金の中で最も大切なものを3つ選び、その理由を考えよ」と優先順位をつけるものといったように、形も内容も多種多様なものがあります。
 

「集団」と付いているように集団面接も集団討論も、実際に就活生に会った上で、大量にさばくことが企業の主たる目的ですから、書類選考や適性検査の後、個別面接の前のタイミングで行われることが一般的です。
 

集団選考はほぼ100%課されますので、これを突破できないと、あなただけに注目が集まる個別面接まで、たどり着けないのが実情なのです。


 

【絶対に押さえておきたいポイント!】
 

・集団面接、集団討論とも個別面接の前に課されることが多い
 

・必ずと言っていいほど集団選考はあるので、攻略しないと内定はない






さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。


大手企業が内定出しを予定している6月中旬に差し掛かろうとしています。

もう就活終わった、という学生も散見される一方、持ち駒が減ってしまい、不安と焦燥感でいっぱいな学生も多数います。

究極のことを言うと、来年の3/31までに1社決まればいいのです。

最もNGなのが、止まってしまうこと。

就活は結果が出るまで、止めてはいけません。

持ち駒が減ったら、エントリーしまくってください。
 

 
 


さて、私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

東京大学、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学、創価大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。


もし、就活がうまく進んでいないようでしたら、早めにご相談ください。



さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日は、今までの想定質問に対する解説と回答ではなく、個別面接本で書いた「おわりに」を引用して、このシリーズを〆たいと思います。


私は東大、京大、一橋、早稲田、慶応といった就職上位校から中堅校、無名校、地方大学の学生、更にはロンドン大学といった海外留学生まで、1万人を超える就活支援を行ってきました。
 

このたくさんの就活生に関わってきた経験から断言できること。
 

それは内定がとれない就活生の99%は、「面接に問題がある」ということです。
 

確かに今の就活は、エントリーシートだのSPIだの、面接選考に辿り着くまでが大変なのはよくわかります。

しかし、最終的な採否は面接で決まるというのに、この面接対策がついつい後回しでおろそかになってしまっています。
 

内定を勝ち取るための「面接力」は、ゼミでのプレゼンテーションやアルバイトで培った接客スキルとは全く別物です。

俺はプレゼンがうまい、私は接客をよく褒められる、から面接は大丈夫ではない。きちんと対策をしないと、ライバルに勝つ「面接力」は身につかないのです。
 

逆に言うと、この「面接力」を鍛え上げれば、内定はグッと近づきます。

そしてこの「面接力」は、対策にかけた労力と時間に正比例して向上するのです。
 

もちろん、自分に合った面接対策をするのが最重要です。

世に出回っているエリート学生向けの対策を「平凡な大学生」がやっても、全くの逆効果、みんなここを取り違えているから何度も何度も祈られるのですね。
 

まとめますと、自分に合った、間違いのない面接対策をしっかりとすれば、「平凡な大学生」であろうとも、必ず内定はとれます。
 

ぜひ本ブログを活用して、充分な面接対策を行ってください。


なお、本ブログは「平凡な大学生」をメインターゲットにしていますが、更に難易度の高い企業を目指す、就職上位校の学生や強い「売り」を持っている学生にも充分に役立つ内容になっています。


ぜひバックナンバーも含め、お読みいただき、就活に役立てていただけると幸甚です。



以降は、集団面接&集団討論の対策ノウハウを、公開していく予定です。

お楽しみに。



さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

複数の大学で就職指導を行い、現在も大学で働くキャリアカウンセラー&就活の家庭教師主宰の、

中谷(なかや)です。



6月第2週の真ん中になりました。

役員面接や最終面接に進んだ学生も多いと思います。

よく最終面接では、どれくらいの確率でうかる(落ちる)のですか?と聞かれます。 


正直な話、企業によるとしか言いようがありません。

それよりも、自身がベストを出し切ることに集中してください。
 
 


さて、私が運営する

就活の家庭教師

の2017年度においては、

東京大学、鹿児島大学、帝京大学、同志社大学、名城大学、慶応大学、立教大学、東洋大学、埼玉大学、東京理科大学、早稲田大学、関西学院大学、文京学院大学、東京工業大学、北海道学園大学、東洋英和女子大学、西南学院大学、創価大学(順不同)といった大学の学生から、ご依頼をいただいております。


もし、就活がうまく進んでいないようでしたら、早めにご相談ください。



さて、私の新刊が出版されました。



集団面接・集団討論(グループディスカッション)の対策本は、今までほぼ皆無の状態でしたが、今回私のノウハウを凝縮して書き上げました。

例えば、グループディスカッションでは、場を仕切ってたくさん話す学生が評価される、なんて思っていませんか?

個別選考と違って、集団だと複雑な要素が絡みますが、その採否の裏側を細かく説明し、また当日の臨み方だけでなく事前準備の仕方や終わった後の所作の注意点にまで触れています。

集団対策って、どうすればいいの? 集団選考が通らない、って方は、ぜひ手に取ってください。




また、個別面接の対策本も、ありがたいことに好評です。



手前味噌で恐縮ですが、実践的な内容にこだわって書きましたから、よくある就活本の「こんな曖昧な表現で受かるの?」という懸念は払しょくできていると思います。


ぜひ手に取ってみてください。





今はエントリーシートの作成支援の相談が多く、徐々に面接指導の相談も増えてきました。



今年は短期決戦ですので、就活に不安のある方は早めにご相談ください!(初回無料)


http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687 





さて今日も圧迫質問についてのシリーズになります。

今日はうまく自分をPRできたと思っていたら、敵が多いでしょ?と詰問された場合です。

不意つかれて困惑しますね。


それでは、回答方法について説明していきましょう。



◎面接官の本音は?


・うまくPRできているからこそ、決して感情的にならないで回答してほしい
 
・柔軟性や臨機応変さを伝えてほしい



◎解説

この圧迫質問は、自分をうまくアピールできている時に飛んできます。

面接官は敵が多いかどうか?の真偽を確認したいのではなく、咄嗟の対応力を計りたいだけですから、まずは焦らずに落ち着いて回答するのは必須。

ただし「確かに敵は多い、でもライバルが多いからこそ切磋琢磨して自らも成長できる」といった肯定的な回答は、協調性に難ありと懸念されますので、ここは無難に敵は多くない、でいくやり方をお勧めします。
 
具体的な回答方法ですが、ここも定石どおりYES~BUT法で回答します。

「確かにしっかりと自己PRをさせていただいていますので、そう思われるのも無理はありません」とYESで受けて、「ただ私は我が強い人間というよりも、仲間と一緒に行動するのが好きで友人も多く、決して敵が多いタイプではありません」として、サークルやゼミといった組織の中で自分の協調性、チームワークを発揮したシーンを述べてフォローします。

せっかくですから最後に、「自己主張と協調性のバランスを常に意識して行動している」といった、TPOに合わせた対応ができるアピールで締めて、「ちゃんとわかっている学生」をアピールする作戦でいきましょう。
 
ここで回答モデルを見てください。

定石どおりYES~BUT法で回答した後に、「場の空気を読める人間」である旨を語り、前述の作戦どおりのアピールができています。



良い回答例


「確かに御社の面接対策をしっかりやってきたこともあり、先ほどは堂々と自分をアピールできましたので、これが敵を多く作る人と見えたのかもしれません。

でも私はどちらかというと衝突を避けるように臨機応変に対応できる方です。

例えば、今のサークルでも突っ走り気味な代表と、メンバー、特に後輩との「のりしろ役」を務め、円滑にサークル組織を回すように努めています。

以前後輩から「舛添さんがきちんと話を聞いてくれて調整してくれたので、サークルを辞めるのを思いとどまったんですよ」と感謝の言葉をもらったこともあります。

もちろん、自分の意見を主張すべき時はしますし、また逆に自己主張よりも組織の論理が優先される場合があることも、このサークル活動の経験で理解しているつもりです。

これから社会人になっても、その場の空気を読んで臨機応変に対応していきたいと思います。」
 
 
 

ポイント


・うまくアピールした後の質問だからこそ、焦らずに落ち着いて回答する
 
・「ちゃんとわかっている」アピールで締めくくっておく




ES選考が一段落した就活生にとっては、面接の出来が採否の分かれ目になります。

ぜひ面接力を高めてください。



以上、私見ですが就活を進めるにあたって、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


前年度は、青山学院大学、神戸女学院大学、東京理科大学、日本工業大学、日本大学文理学部、早稲田大学、埼玉大学、中央大学法学部、文京大学、日本女子大学家政学部、名城大学、明治学院大学、拓殖大学、帝京大学、東京女子大学、筑波大学、東京電機大学、東京農業大学、拓殖大学、文教大学、武庫川女子大学、龍谷大学、産業能率大学、中央大学、埼玉工業大学、東京経済大学、慶應義塾大学、東京国際大学、武蔵野美術大学、明治大学、同志社大学、近畿大学、日本女子大学文学部、立命館大学、九州共立大学、武庫川女子大学、山口大学、神戸学院大学、法政大学といった学生の就職支援を行っています。


前々年度は、東京大学、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、法政大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部・産業社会学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学、東京理科大学、京都工芸繊維大学、学習院大学といった学生の就活支援を行いました。



就活は最初が肝心。初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

TEL:048-650-5139(9時~22時 年中無休)

大学所属のキャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。


**********************************************

近々、さいたま市大宮区で、グループディスカッション対策を数回行います。

グループディスカッションは、なかなか練習できないし、そもそも何が悪いのか?すらわからない。

当日は2回模擬練習をして、個別に徹底的にフィードバックします。

半日の講座で、塾生は無料、一般参加者は5250円となります。

参加希望の方は、info@shu-katu.net にタイトルに「グループディスカッション対策参加希望」と書き、本文に①氏名、②大学・学部名、③メールアドレス、④携帯電話を書いて送ってください。

後ほど、こちらからスケジュールやお手続きを返送いたします。

**********************************************



さて、今日もグループディスカッション(GD)についてです。



今日は採用側の視点について説明します。


採用担当者が、GDにて学生の一体どこを見て評価しているか?気になりますよね。


積極性、論理的思考力、関係構築力、発言内容、気遣い・・・


そういった点は全てチェック対象でしょう。


しかし、たかだか30分やそこらで、6名から10名といった複数の参加者を、評価項目に沿って綿密にチェックするのは、物理的に不可能と言えます。



私が人事部長を務めていた際は、発言が少ない学生や企業研究や業界研究が明らかに不足している発言をした学生に対しては、全く何もしませんでした。


たとえば、10人参加者がいたとして、(人気企業ならば特に)そのグループで受かるのは、パレートの法則のごとく、2名前後でしょう。


下位層に時間と労力を割いている余裕はありません。


しゃべれない、わかっていない人は、秒殺(即不採用)になるのは、誰もがわかるところでしょう。


上位2割に入り込むために、どうすべきか?を考えるべきです。



採用担当者の見るべきポイントは大きく分けて2つあり、これをきちんと網羅していれば2割に食い込めます。


「自己主張力」

自分の意見を堂々と公に話せない人は、何にも印象にも残らないしPR不足となります。

テーマに沿って訴求力の高い発言をするには、やはり業界研究・企業研究が大事になります。

ストレンジャー(見知らぬ人)ばかりで、自己主張を通すのは難しいことですが、周りを納得させるような発言だと一気に選考通過につながります。


「協調性」

前述の「自己主張力」と矛盾を感じる人もいるでしょうが、自己主張をしながらも周りと協調していく姿勢、このバランスが最も大事なのです。

自分の主張をPRしながらも、折れるところは折れて、結論に導いていく。

よくあるのが自身が熱くなり過ぎて、持論を固持しようとするというもの。

これでは一人よがりで受かるものも受かりません。


この周りとの関係性も重要な評価の要素になります。

しかし、ふんふん、と頷いて、何でもかんでも周りと同化するだけでは絶対に受かりませんので、この両方の面が必要であることは、十二分に意識しておいてください。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。




さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学(政経学部・スポーツ科学部・人間科学部)、中央大学(商学部)、日本大学、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学(経営学部)、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

現役R大学キャリアカウンセラー&就活塾の塾長、

中谷(なかや)です。

http://www.shu-katu.net/


1/4の読売新聞に掲載された記事はこちらをご覧ください。


**********************************************

近々、さいたま市大宮区で、グループディスカッション対策を数回行います。

グループディスカッションは、なかなか練習できないし、そもそも何が悪いのか?すらわからない。

当日は2回模擬練習をして、個別に徹底的にフィードバックします。

半日の講座で、塾生は無料、一般参加者は5250円となります。

参加希望の方は、info@shu-katu.net にタイトルに「グループディスカッション対策参加希望」と書き、本文に①氏名、②大学・学部名、③メールアドレス、④携帯電話を書いて送ってください。

後ほど、こちらからスケジュールやお手続きを返送いたします。

**********************************************



さて、今日もグループディスカッション(GD)についてです。



前回までに【GDに臨む心構え5か条】その1、その2、その3、その4まで説明しました。


今日は、その5です。



その5

GDは全体の結果よりも、個人レベルでのGDの経過(プロセス)が大事。

グループとしていい意見がまとまったとしても、それまで。

個々に選考されていることを忘れるな。


以前に討論は協調性をもって臨むべし、と言った話とは、少し矛盾をはらんでいますが、GDって企業に入るための単なる選考の一つですよね。


チームとしてよくまとまっていて最後の発表もうまくできた、でも落ちた、というのと、

チームとしてはまとまっていなかったけれども、要所要所で自分の意見を言えた、そして受かった、というのと、

どちらが目指すべきかは明白ですよね。


チームとして達成感があっても、その中で自身が評価されなければ、アウトということ。


もちろん、繰り返しになりますが、自分だけが目立てばいい、といった自己主張が強過ぎるのはNGです。

しかし、チームでいい結果が出たとしても、そこで個人評価が悪ければ意味がないということです。



以上、あくまで一面的な解説になりますが、ぜひ参考になさってください。









さて、おそらく日本で一番最初に「就活塾」という名称で就活支援を始めたのは私達です。

実際、弁理士にお金を払って商標登録の手続きも進めたことがあります。

(私達が始めたのは平成16年からですので、もしこれよりも前に始めておられてうちが先だ!という方はご面倒でも一報ください。ここできちんとお詫び申し上げて、このキャッチフレーズを訂正させていただき、もし経済的損失が発生しているのであれば、それにもきちんと対応しなければならないと考えています。ただし、私達よりも後発組で同じ名前を使用しているとなると、法的にややこしい問題になりそうなので、ご注意ください。(今弁護士にも相談しています。))



今や「就活塾」という言葉が一般名詞化し、他の業者さんが学生から高額な料金を徴収するということでマスコミをにぎわしたこともあり、かえってこの名称を表に出すのはイメージダウンなケースもありますが、我々は大学所属のキャリアカウンセラー&元企業の採用担当者として、堂々と就活支援をやってきた自負があります。


就活塾では、就活生に対して適正かつ丁寧な就活サポートができればと思っていますので、就活に悩んでいる学生さんは、ぜひお気軽に相談してください。


2014年度は、慶應義塾大学(法学部・環境情報学部)、早稲田大学政経学部、中央大学商学部、同志社大学、立命館大学大学院、立命館大学経営学部、関西学院大学(法学部・社会学部)、関西大学、神戸学院大学、梅花女子大学、奈良大学、聖心女子大学、滋賀県立大学、北海道大学、津田塾大学、佛教大学、神戸大学、大阪産業大学、大阪商業大学、日本大学、四天王寺大学、福岡大学といった学生の就活支援を行っています。



初回は無料で相談をお受けしていますので、お気軽に。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P21975687

↑このページのトップヘ